将来性のあるアルトコインは?2018年もオススメの注目仮想通貨TOP5 – きにぶろぐ.com

初心者ブロガーのフリーマンです。未経験から始めたワードプレスやSTINGER8などの使い方からカスタマイズ方法、アフィリエイト関連の内容を中心に、雑記にわたって気になることを楽しく発信するブログです。



仮想通貨

将来性のあるアルトコインは?2018年もオススメの注目仮想通貨TOP5

  2018/01/22  2018/02/19

2018年もオススメの注目アルトコインTOP5

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

仮想通貨市場は2017年で一気に急成長を遂げ、2018年に入ってからビットコインなどの価格が大幅な暴落があったものの、投資を始める人はどんどん増加しています。

 

仮想通貨に限らず投資においては、暴騰もあれば暴落もあるのが当然な世界なのでリスクはつきものですが、これから投資業界を最もアツくしていくのが仮想通貨でしょう。

仮想通貨と言えばビットコインがよく知られている通貨ですが、その他にもアルトコインと呼ばれる通貨が1,000種類以上存在します。

 

アルトコインの中には急成長してきているものがたくさんあり、今後も投資対象として注目される存在になることは間違いありません。

そこで今回は、「将来性が高くて2018年も期待できる!」と感じるオススメのアルトコインをご紹介します。

スポンサーリンク

将来性のあるアルトコインを見分けるには?

ビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインは、日々新しいものが誕生していて2018年1月現在で1469種類もあるんですよね。

 

2018年1月現在のアルトコインの種類

 

ただ、このすべてのコインに価値がある訳ではなく、存在が知られる前に消えていくものもたくさんあります。

「こんなに多い種類の中から有望なコインを見つけるのは難しいよ。」と思われるかもしれませんが、将来性に期待できるコインにはそれなりの特徴があります。

 

その特徴を簡単に見分けることができるポイントは以下の2つだけです。

  • 取引量が多いもの
  • 今の仕組みを変化させる可能性があるもの

 

取引量が多いもの

取引量というのは単純にその通貨が多くの人に取引されているのか、という一番見分けやすい部分ですね。

これって一見当たり前のようなことなんですが、今の仮想通貨市場から考えるとかなり重要なことです。

 

あまりにも取引されていないような通貨を購入したところで、そのまま埋もれてしまって価値が全くなくなるということも十分あります。

もちろんそうしたコインの中から将来有望なコインに成長するものもありますが、仮想通貨初心者で1400種類以上あるアルトコインから見出すのは至難の業ですね。

 

取引量は時価総額ランキングを確認すれば一目了然なので、まずは取引量が比較的安定している通貨を購入するのがいいでしょう。

 

上位通貨の時価総額
引用元:https://coinmarketcap.com/

 

今の仕組みを変化させる可能性があるもの

仮想通貨にはそれぞれ仕組みを構築するための機能が備わっていて、そうした技術の基準となっているのがビットコインです。

ビットコインはブロックチェーンという仕組みを利用していて、ハッキングなどの不正が起こる可能性はかなり低く、セキュリティ面に優れている特徴があります。

 

これは仮想通貨全体を支える基盤のような仕組みですが、今まで当たり前のように使ってきたクレジットカードよりも、将来は実用性が高まっていく可能性があります。

このように今は当たり前のように使っている仕組みを変化させ、仮想通貨の機能が世の中に広まっていくと期待できるコインは、大きく成長していく可能性が高いですね。

 

また、通貨の機能は日々進化を続けてアップデートされるものであり、場合よっては大きく仕様が変化する大型のアップデートが行われることもあるんです。

このアップデート内容が有用なもので期待感が高ければ、通貨価格も高騰することが考えられるので、それを見越して事前に投資しておくのがいいですね。

 

アルトコインのメリット・デメリット

これからアルトコインに投資するのであれば、まずはメリットとデメリットを把握しておきましょう。

 

アルトコインのメリット

価格が安いものが多い

大きな利益が見込める

アルトコインのデメリット

価値がなくなる可能性がある

詐欺コインが多く存在している

 

ビットコインの場合はすでに100万円以上の価格になっていますが、アルトコインの中で最も価格の高いイーサリアムでも10万円程度です。

安いコインであれば数十円で買える価格なので、その辺を上手く運用することができれば、将来は爆発的な利益を生む場合もあるということです。

 

2017年の当初からアルトコインに投資していた人の中には、すでに億り人となっている方が続出している状況でもありますね。

ただ、まだ価格が安いということは逆に考えると、市場が小さく将来性のわからない未知な存在であることにもなるでしょう。

 

今の仮想通貨市場を支えているのはビットコインなので、今後の動き次第では多くのアルトコインの価値がなくなってしまう可能性があります。

特に聞いたこともないようなマイナーなアルトコインに投資するのは、かなりのリスクが伴うのでいきなり大金を投資するのは危険ですね。

 

また、アルトコインは種類が豊富すぎる分、機能を持たない無価値なコインも多く存在していて、ただの投資目的で売買されているようなものもあります。

投資目的であるアルトコインは、儲けたいと考えている人が購入して高騰することがありますが、常に「売りたい」と思っているのですぐに暴落する危険性があるわけです。

 

こうした将来性のない無価値なコインを買ってしまわないよう、十分に注意しておく必要がありますね。

 

スポンサーリンク

2018年も大注目のアルトコインTOP5

以上の点を踏まえた上で、2018年も大注目の将来性があるアルトコインTOP5をそれぞれご紹介していきます。

価格の上昇が比較的期待できるコインなので、仮想通貨投資を始める際の参考にされてみて下さいね。

 

第1位:イーサリアム(ETH)

アルトコインのイーサリアム

 

イーサリアムの時価総額ランキングは、2018年1月現在で第2位となっています。

イーサリアムの時価総額はアルトコインの中で最も高く、ビットコインに次ぐ有力な力を持っているので、投資先としては安定していると言えます。

 

リスクの時でも少し説明していますが、イーサリアムは「スマートコントラクト」の技術を利用し、契約内容の設定とその執行を自動化することができます。

この仕組みを簡単に言うと、不動産会社の仲介なしで物件を簡単に借りられるようになるというものです。

 

ユーザーからすれば高い仲介手数料を支払わなくて済むので、非常に便利なシステムであるということがわかりますね。

また、マイクロソフトやトヨタなどの名だたる企業が参加していて、ホリエモンもイーサリアムに投資していたことも有名です。

 

2018年も安定して成長することが期待できるので、アルトコインの中では投資しておくと利益が得られる可能性の高いコインです。

 

第2位:リップル(XRP)

アルトコインのリップル

 

リップルの時価総額ランキングは、2018年1月現在で第3位となっています。

リップルは送金を迅速かつ安い手数料で行うことを可能にするネットワークを構築し、銀行間取引による送金時間や高い手数料の改善に取り組んできたアルトコインです。

 

このリップルネットワークを使うことで、手数料を少なくして短時間のうちに決済を行うことが可能になります。

取引の高速性に関しても、ビットコインやイーサリアムと比べて圧倒的に早いので、優れた処理能力を有しているコインでもありますね。

 

また、100社以上の金融機関がリップルネットワークを試験的に運用しており、今後もさらに提携する企業は多くなることが予想されます。

リップルに投資している企業の中には、GoogleやSBIグループなどの最大手有名企業も存在しているので、将来性には十分期待できるだけの材料が揃っていますね。

 

ちなみに秒速で1億円を稼ぐ与沢 翼さんは、リップルでなんと20億円の利益を得ていたことを知ったんですが、その内容を以下の記事でまとめているのでよかったら読んでみて下さい。

参考:リップルで20億円を突破!?驚愕の資産を築いた仮想通貨の投資法とは

 

第3位:ネム(NEM/XEM)

アルトコインのネム

 

ネムの時価総額ランキングは、2018年1月現在で第7位となっています。

ネムは「ハーベスティング」という分配方式を採用していて、「PoIスコア」が高いユーザーほど利益を得やすくなっているのが特徴です。

 

ハーベスティングとはマイニング(採掘)のことを意味しますが、マイニングと違って新しいコインを見つけたりすることはなく、設備に影響されない平等な性質を持っています。

PoIスコアは特定の条件(30日以内の取引があるなど)を達成することで上昇し、この数値が高いほどハーベスティングによる報酬を得られるようになります。

 

また、「カタパルト」という大型のアップデートが予定されていて、これがネムに実装されると超速処理が可能になるとのこと。

この処理速度がどのくらいの早さなのかというと、このようになります。

  • ビットコイン:7件/秒
  • イーサリアム:15件/秒
  • リップル:1000件/秒
  • ネム:4000件/秒

圧倒的なスピードで取引データなどを処理できるようになるので、カタパルトの実装によって大きく価格が高騰する可能性がありますね。

 

第4位:ダッシュ(DASH)

アルトコインのダッシュ

 

ダッシュの時価総額ランキングは、2018年1月現在で第12位となっています。

ダッシュは匿名性の高い送金機能を持っているアルトコインで、さらに承認スピードの早い「即時決済機能」も併せ持っています。

 

ダッシュでは送金依頼をしているユーザーのコインを一時的にまとめて、それぞれの送金先へコインを送金する仕組みになっています。

こうして送金元と送金先の間にワンクッションを挟むことで、ブロックチェーン上に送金元アドレスを記録せずに済むので、送金先や送金額を特定されにくくすることができます。

 

ビットコインの場合は取引履歴が公開されているので、比較的簡単に特定されてしまうというリスクがあるんです。

また、ビットコインは取引が承認されてから約10分ほどの処理時間を必要としますが、これがダッシュだと約4秒という即時決済が可能になるんですよね。

 

基本的に取引で待たされる心配はほとんどない便利なコインなので、今後のその実用性に期待が持てます。

 

第5位:リスク(LSK)

アルトコインのリスク

 

リスクの時価総額ランキングは、2018年1月現在で第19位となっています。

「リスクってちょっと名前が怖いんだけど。」と第一印象で思ってしまうアルトコインですが、有用な機能をしっかり持っているコインなので安心して下さい。

 

リスクは「スマートコントラクト」と「分散型プラットフォーム」という機能を持ち、これはイーサリアムと共通しているものでもあります。

イーサリアムと機能自体は同じでも内容は全く違ってきます。

  • サイドチェーンによる構築
  • javaScriptを使っている

イーサリアムはメインのブロックチェーン上で構築しますが、リスクはメインとは別のサイドチェーンに構築していきます。

これによってメインとは別に処理を任せることが可能になるので、もし問題が起きてしまったとしても、ブロックチェーンまで影響しないという特徴を持っています。

 

また、イーサリアムはSolidityという独自のプログラミング言語が必要でしたが、リスクは一般的なjavaScriptを採用しているので、開発者にとって敷居が低いという大きなポイントがあります。

 

どこの取引所で購入できるの?

ここでご紹介した5種類のアルトコインはどこの取引所なら購入できるのか、ということが気になった方もいるんじゃないでしょうか。

これらすべてのコインを購入したい場合は、国内仮想通貨取引所であれば「coincheck(コインチェック)」になります。

 

その他の取引所では取り扱っていないアルトコインも多く、取引画面やスマホアプリも初心者向きで使いやすくなっているのが特徴でもありますね。

取り扱い通貨も一番多い国内取引所なので、初めて利用されるという方にはcoincheckがいいでしょう。

追記

coincheckは1月26日の不正アクセスの一件で、現在は取引制限中なので金融庁に認可されている「Zaif(ザイフ)」か「bitFlyer(ビットフライヤー)」がいいでしょう。

ライトコインやリップルを安く購入するなら、取り扱う全通貨を板形式で取引できる「bitbank(ビットバンク)」がオススメですね。

 

Zaifならイーサリアムとネムを安く購入することができますし、bitFlyerではリスクが上場(1月31日)を果たしましたね。

特にZaifはコールドストレージというオフライン上で通貨を保管しているので、セキュリティがかなり高い仕組みであり、ビットコインの購入でマイナス手数料0.01%も貰える特典付きです。


Zaifの口座開設方法はこちら

Zaifで取り扱っていない通貨を安く購入したい場合は、最大手の海外取引所である「Binance(バイナンス)」がよく利用されています。

Binanceでは100種類以上のアルトコインを取り扱っていて、国内取引所で購入するよりもアルトコインの取引手数料が安くなっているので、無駄のない通貨売買ができます。


Binanceの口座開設方法はこちら

まとめ

2017年はビットコインが大きく成長を遂げた年でしたが、アルトコインも着実に成長しているんですよね。

仮想通貨市場はまだまだこれからの段階になるので、今後も投資人口が増加していけばそれだけお金の流入も増加していきます。

 

そうなれば今の取引量も大幅に増えていくことになり、今後はビットコインだけでなく多くのアルトコインも急成長するかもしれません。

将来性のある有望な注目アルトコインがどうなっていくのかが楽しみですし、2018年は仮想通貨市場がさらに飛躍することに期待したいと思います。

 

合わせて読んでほしい

仮想通貨取引所の選び方!危険性の低い厳選5社とオススメの安全対策

仮想通貨初心者必見!最優先で登録する取引所と必須のセキュリティ

WebBotが仮想通貨の未来を予測!?2018年のビットコイン価格は?

仮想通貨投資は2018年が本番!?ウェブボットの予測を見れば一目了然

仮想通貨ウォレットを知る!安全に資産を保管してリスクを回避しよう

スポンサーリンク







この記事が気に入ったら
いいね!して頂けると喜びます

気になる最新情報をお届けします

フォロー・シェアする
最新情報を受け取る

-仮想通貨
-

Related article -関連記事-
この記事を書いた人
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで現在は兵庫県に在住しています。このブログは2017年8月から本格的にスタート。ブログ運営に関する内容を中心に生活で役立つこと、お金の節約術など興味のある情報を書いています。
New article -新着記事-

スポンサーリンク


管理人のフリーマンです。
29歳で現在は兵庫県に在住しています。
ブログ運営に関する内容を中心に興味のある情報を書いています。
役立つ記事があれば参考にして下さい。