仮想通貨

ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームアプリとの違い・将来性は?

ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームアプリとの違い・将来性は?

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

2018年2月あたりから「ブロックチェーンゲーム」という言葉をよく聞くようになりましたが、まだまだ知られていない方でしょう。

 

ブロックチェーンは仮想通貨の軸となっているシステムで、この革新的な技術にはまだ未知な部分も多いですが非常に注目されています。

そんなブロックチェーン技術を使ってすでに数多くのゲームが開発されていて、今年の3月2日に「Bitpet(ビットペット)」が新リリースされて利用者数を伸ばしていますね。

 

とは言え、ブロックチェーンゲームといってもどんなものなのか、従来のゲームアプリ(スマホゲーム)と何が違うのかがイマイチわからない人も多いはず。

そこで今回はその辺のことを詳しく解説していくとともに、今後の将来性なども考えてみようと思います。

ブロックチェーンゲームとはなに?

まずブロックチェーンそのものがわからないという人もいるでしょうし、簡単に説明しておくと、中央管理者のいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムのこと。

 

ブロックチェーンの仕組み

 

そして記録されていく情報は1つのブロックごとに積み上がっていき、それらが永遠と繋がる様子からブロックチェーンという名になっています。

 

なのでブロックチェーンゲームとは、そのシステムの上で動くゲームのことを意味しますね。

また、DApps(分散型アプリケーション)ゲームとも言われていて、以下のような特徴を持っています。

  • コントロール主体がなくシステムは自動化されている
  • トークンの利用によってアセット(資産)化される
  • 仮想通貨がゲーム内通貨として利用される

DAppsはブロックチェーン上で動いているので、中央管理者を持たない「非中央集権的」なものになります。

簡単に言うと、株式会社のような企業が提供している「中央集権的」サービスではないということですね。

これだと運営元によって不正操作などがほぼできません。

 

また、ブロックチェーンゲームは仮想通貨の一種である「トークン」が利用されている為、資産となって残り続けるものになります。

なので例えゲームがなくなってしまっても、システム上はトークンを失うことはないことを意味します。

 

ブロックチェーンゲームは仮想通貨を利用することが基本ですが、現状ではイーサリアム(ETH)のシステム上で開発されているものが多いですね。

その為、ゲーム内通貨として使えるのはイーサリアムのみになることがほとんどです。

 

簡単にまとめましたが、これらがブロックチェーンゲームの基本的な仕組みになっています。

 

従来のゲームアプリとの違いについて

iphoneのゲームアプリ

 

従来のゲームアプリ(スマホゲーム)とは非中央集権ではなく、ゲーム運営会社などによって提供されている「中央集権」のサービスのことを指します。

一般的にスマホで遊べるソーシャルゲームなどがそれにあたりますが、それぞれが持つ特徴から違いを見てみましょう。

従来のゲームアプリ(スマホゲーム)

中央集権なので運営元に操作される可能性がある

ゲーム内通貨は日本円で購入できるが換金はできない

ゲームがなくなると管理データも全て失う

獲得したアイテムなどをユーザー同士で売買できない

ブロックチェーンゲーム(DAppsゲーム)

非中央集権の自動化システムによって不正が難しい

ゲーム内通貨は仮想通貨を利用しているので換金可能

ゲームがなくなってもアセット(資産)は残る

獲得したアイテムなどはユーザー同士で売買可能

 

このようにブロックチェーンゲームには、従来のゲームアプリではできないような大きなメリットがあります。

特に大きな違いとしては、「リアルマネートレード」をゲーム内で行うことができることでしょう。

 

従来のゲームの場合は、日本円でゲーム内通貨を購入してレアアイテムをゲットしても、それをユーザー同士で直接売買することはできません。

もちろんそれを日本円に換金することもできませんよね。

 

ですが、ブロックチェーンゲームでは仮想通貨を使ってアイテムなどを購入した場合、それをゲーム内で売買することができるので、売れればもちろん利益になります。

そしてトークンとして資産にもなるので価値がなくなることはほぼなく、仮想通貨を利用しているので取引所で換金することも可能です。

 

つまり、ブロックチェーンゲームで遊ぶだけでお金も稼ぐことができるということ。

今まで課金したものがまたお金となって返ってくるんですから、上手く利用すればちょっとしたお小遣い稼ぎにもなりますよね。

 

どんなブロックチェーンゲームで遊べるの?

ブロックチェーンゲームとしてすでにリリースされているものや、まだ事前登録の段階のものまで合わせると20種類以上のゲームがあるようです。

中でも特に注目が集まりそうなゲームをサラッとまとめました。

ブロックチェーンゲーム

Bitpet(ビットペット):デジタルペットの育成ゲーム

ETH.TOWN(イーサタウン):不動産投資のゲーム

Cryptokitties(クリプトキティズ):暗号猫の育成ゲーム

Etheremon(イーサエモン):イーサーモンスターの育成ゲーム

Ethercraft(イーサクラフト):ダンジョンRPGのゲーム

 

Cryptokittiesは、ブロックチェーンゲームの中でも人気の高くてよく知られていますし、Etheremonは「ん?これってポケモンだよね?」っていう感じのゲーム。笑

上記5種類のうち、今最も期待感が高まってきているのは「Bitpet」になりますかね。

 

ビットペットとはデジタルうさぎの呼び名

 

Bitpetは2018年3月2日にリリースしたばかりですが、ペットのデザインが愛らしくて可愛いので、意外とハマる人が多いかもしれませんし。

それに他のブロックチェーンゲームは基本的に日本語未対応のとこが多い中、Bitpetはしっかり日本語対応で遊びやすいですからね。

今後は日本のユーザー層は特に厚くなっていく可能性が高いんじゃないかと思います。

 

また、3月22日に新機能として「ビットレース」が追加されるので、ペットの育成だけじゃなくて育てたペットで競争させることもできるようになります。

見事レースに勝ったら賞金も貰えるのでこれは期待できるかも!

Bitpetが気になる方は、以下の公式サイトから一度覗いてみて下さい。

 

ブロックチェーンゲームの将来性は?

未来の時間を示した時計

 

ここはあくまでも個人的見解ですが、ブロックチェーンの仕組みや仮想通貨の有用性を考えれば、これからもブロックチェーンゲームの需要は拡大すると思います。

現段階では不安定要素も多かったり、ゲーム自体も遊ぶ機能が少なかったりと、従来のゲームアプリの方が面白さで考えたら上になるでしょう。

 

ですが、あと数年もすればブロックチェーンが定着してきて仮想通貨も一般的なものになり、トークンの実用性も高まるんじゃないでしょうか。

そうなったら、ゲーム内のトークンを使って買い物をしたり、毎月の固定費をトークンで支払ったり、給料をトークンで受け取るようなことが現実的になります。

 

こんな時代になれば、おそらくみんなブロックチェーンゲームをしてトークンを稼ぎながら、自分の資産を増やしているんじゃないですかね。笑

ゲームで遊んで給料を貰うという日も近いのかもしれませんよ。

 

遊んで楽しんでお金を稼ぐとか夢物語のように感じますが、仮想通貨に関しては私が思うにもうその次元に到達できる力を持っているんじゃないかと考えています。

目先のことを考えると不安になることはもちろんありますが、未来を見据えれば期待感しかありません。

 

まとめ

「ブロックチェーンゲームって?」「そんなゲーム聞いたことないぞ!」っていう人の参考になっているといいんですが。

ブロックチェーンそのものを知らないという人や、仮想通貨もあんまり詳しくないような人もまだまだ多いでしょうね。

 

ただ、2018年に入ってからの大暴落やその他の問題などが重なって、ある意味では認知度が一気に上がったことは確かです。

もっとポジティブな内容で広まってほしかったけど。

 

特に今は安全性の問題が浮き彫りになっていますし、「仮想通貨は終わったな。」とか考える人もいるかもしれませんが、新規市場ならトラブルくらい起こりますからね。

2017年の過熱の振り幅が異常なだけであって、仮想通貨市場はまだまだ小規模ですから。

ブロックチェーンゲームはこれからも数多くリリースされると思うので、その辺の動向にも注目しながら時代の波に乗り遅れないようにしましょう。

 

私が今ハマっているブロックチェーンゲーム

仮想通貨をゲームで稼ぐBitpet(ビットペット)の始め方や遊び方を図解

ソシャゲの課金をBitpet(ビットペット)に使ったら誰でもお金が稼げる

Bitpet(ビットペット)で効率良く稼ぐには?お小遣いが欲しい人必見!

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれの兵庫県在住。気になることをただひたすらに書き続けて、なんとか8ヶ月目で月間6万PV達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。