ビットポイントの特徴・メリットは?手数料や取り扱い通貨なども徹底解説!|きにぶろぐ.com
当ブログと運営者について
仮想通貨

ビットポイントの特徴・メリットは?手数料や取り扱い通貨なども徹底解説!

ビットポイントの特徴・メリット・デメリット

フリーマン
フリーマン
どうも、独学ブロガーのフリーマンです。

ビットポイント(BITPOINT)」は金融庁に登録されている仮想通貨取引所の1つ。

まだあまり知られていないので、「実際にはどんな取引所なの?」「メリットはあるの?」と疑問を持つ人も多いでしょう。

ですがビットポイントは、安全性がしっかりしている管理態勢や、使いやすいツールが充実している取引所なんです。

ぱんけろん
ぱんけろん
そうなのか、ぼくもちょっと気になってきたよ。

ここで結論を言ってしまうと、ビットコイン(BTC)のレバレッジ取引や仮想通貨の送受金をよく行う人なら、ビットポイントがかなりおすすめです!

ここではそんなビットポイントの特徴・メリットや、デメリットなどを徹底解説していきます。

ビットポイント(BITPOINT)とは?

ビットポイントの公式ページ

ビットポイントの会社概要
  • 会社名:株式会社ビットポイントジャパン
  • 設立日:2016年3月3日
  • 仮想通貨交換業者:2017年9月29日に登録
  • 資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)
  • 代表取締役社長:小田 玄紀

ビットポイントはまだ新しい仮想通貨取引所ですが、しっかり金融庁に登録されています。

そして実は国内最大級の資本力を誇っているんです!

豊富な資本力を持っている人気の大手取引所「ビットフライヤー」でも約41億円。

それを上回るということは、ビットポイントにはそれだけの将来性と地盤がしっかりしていることがわかりますね。

 

また、弁護士かつ元金融庁長官という経験を持つ日野 正晴氏が特別顧問を務めています。

ビットポイントの経営陣に信頼できる人がいるのも、取引所を安心して利用できるポイントの1つと言えます。

▼公式ページはこちら▼

ビットポイント

ビットポイント(BITPOINT)の取り扱い通貨は?

取り扱い通貨は5種類

ビットポイントではビットコイン(BTC)をはじめ、全5種類の仮想通貨を取り扱っています。

取り扱い通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

これらの通貨は常に時価総額ランキングのTOP10入りし続けている代表通貨。

中でも日本国内では特に人気なイーサリアム・リップルが取引できる為、今後はさらに需要が増える可能性がありますね。

取り扱い通貨は5種類とやや少なく感じますが、国内取引所としてはこれくらいが一般的になっています。

むしろ仮想通貨初心者からしてみれば、人気通貨だけを取引できるので利用しやすいでしょう。

ぱんけろん
ぱんけろん
たくさんあり過ぎると、逆に迷っちゃうよね。

ビットポイント(BITPOINT)の特徴・メリット

ここからはビットポイントのメリットを見ていきましょう。

メリット①:取引にかかる手数料などがすべて無料

ビットポイントの手数料は0円

フリーマン
フリーマン
ビットポイントは基本的に手数料無料!

もう少し詳しい手数料内容を見てみると、

取引手数料

  • 現物取引:無料
  • レバレッジ取引:無料
  • ビットポイントFX取引:無料

入出金手数料

  • 即時入金サービス:無料
  • 入金:金融機関分を負担
  • 出金:324円

送受金手数料

  • 仮想通貨送金(送付):無料
  • 仮想通貨受金(預入):無料

口座管理料

  • 口座開設手数料:無料
  • 口座管理料:無料

このようにビットポイントから出金するとき以外は、手数料無料で利用することができるんです。

中でも仮想通貨の送受金(送付/預入)が無料なのは、ビットポイントの大きなメリットと言えますね。

 

他の取引所だと一般的にビットコインで「0.0004BTC」がかかったり、イーサリアムで「0.005ETH」がかかったりします。

取引所の口座間や自分のウォレットへ送受金する機会も多いので、ビットポイントなら手数料を全く気にせずにムダなくできるのは嬉しいところ。

また、レバレッジ取引の手数料は無料ですが、別途で「建玉管理料」が0.035%かかります。

メリット②:安全性・セキュリティが非常に高い

ビットポイントの安全性

フリーマン
フリーマン
セキュリティは国内最高水準!

仮想通貨取引所はハッキング事件以降、セキュリティ・安全面が長らく問題視されています。

そうした中で各取引所では見直しや強化対策などが行われていますが、ビットポイントは特に安全性を重視した取引所ですね。

取り入れているセキュリティ対策としては、

  • 自社開発ウォレットで管理
  • マルチシグ対応
  • 24時間365日の監視態勢
  • 二段階認証
  • 顧客資産の分別管理

ハッキング不可のコールドウォレットと、利便性の高いホットウォレットの利点を活かした「自社開発ウォレット」を採用。

サーバーなどの監視態勢も徹底しているだけでなく、ビットポイントが万が一破綻したとしても、顧客資産は分別管理されているので安心です。

顧客資産の分別管理

なので、セキュリティに関しては国内トップクラスであると言っていいでしょう。

ぱんけろん
ぱんけろん
安心して取引に集中できるのは嬉しいね。

メリット③:取引ツールやスマホアプリが便利

ビットポイントの取引ツール

フリーマン
フリーマン
取引ツールがとっても使いやすい!

ビットポイントには「現物取引」「レバレッジ取引」「FX取引」など、それぞれに合わせた便利ツールが用意されています。

この中でもFX専用である「Meta Trader4(メタトレーダー4)」は、多くの投資家から評価されている大人気ツール。

 

この通称MT4は、世界中750社以上の金融機関で採用されている優れものですね。

仮想通貨取引をMT4でできるのはビットポイントだからこそ!

また、スマホ専用の現物取引ツール「BITPoint Liteアプリ」が、これまたシンプルで非常に使いやすいんです!

ビットポイントのスマホ専用取引ツール

色々な機能が詰め込まれているアプリだと、機能性が高くても使いづらかったりするので、初心者が利用する分には少し不便でしょう。

その点、ビットポイントのアプリは感覚的に取引できる設計になっているので、投資初心者でも扱いやすいですね。

メリット④:最大25倍のレバレッジ取引ができる

レバレッジ取引は最大25倍まで可能

フリーマン
フリーマン
最大25倍のレバレッジ取引ができる数少ない取引所!

レバレッジ取引を簡単に説明すると、保有している自分の資産よりも大きな取引ができるものですね。

ビットポイントのレバレッジ取引は以下のようになっています。

  • ビットコイン/円の通貨ペアのみ
  • 倍率は2/5/10/25の4段階

ビットポイントで取り扱っている全通貨ペアで、レバレッジ取引を行うことはできませんが、最大25倍で取引できる仮想通貨取引所は限られています。

今のところは「ビットポイント」か「QUOINEX」くらいですね。

また、FX取引であれば日本円以外でもレバレッジ取引を行うことが可能。

通貨ペアレバレッジ(倍率)
ビットコイン/円2/5/10/25
ビットコイン/米ドル2/5/10/25
ビットコイン/ユーロ2/5/10/25
ビットコイン/香港ドル2/5/10/25

もし今手元に10万円しかなかったとしても、最大25倍のレバレッジをかければ250万円分の売買ができます。

もちろんそれだけリスクは大きくなりますが、一獲千金を狙っていきたいという方にはうってつけの取引方法ですね。

ちなみにビットポイントのレバレッジ取引手数料は無料ですよ。

▼公式ページはこちら▼

ビットポイント

ビットポイント(BITPOINT)のデメリット

ここではビットポイントのデメリットも紹介しておきますね。

デメリット①:即時入金サービスの対応金融機関が少ない

フリーマン
フリーマン
提携している金融機関がまだ少ないよ。

ビットポイントへの入金手数料が無料になる「即時入金サービス」ですが、利用できる提携金融機関は以下の3つ。

  • ジャパンネット銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行

これら以外の金融機関から入金する場合は、入金元の金融機関でかかる振込手数料が必要になってきます。

つまりネットバンク口座を持っていないと、即時入金サービスを利用できないということ。

ただこれは他の取引所でも似たような感じですね。

 

手数料無料かつクイック入金に対応している取引所でも、基本的にはネットバンクが利用されることがほとんど。

特に「住信SBIネット銀行」と提携している取引所が多いので、仮想通貨取引を効率良く行うなら必須の口座です。

デメリット②:他よりまだ取引量が少ない

フリーマン
フリーマン
ユーザー数がまだまだ少ないよ。

ビットポイントは新しい取引所ということもあり、利用しているユーザー数は主要取引所と比べると少ないのが現状。

ユーザー間で売買を行う「取引所形式」を利用することになるので、注文がなかなか成立しないことも。

少し前までは取引所の「ビットバンク」も似たような状況がありましたが、現在ではユーザー数も増えて解消されてきています。

ちなみにビットバンクは、リップルの取引量が世界No1という実績がありますね。

 

これから仮想通貨への需要が回復してくれば、ビットポイントの良さに気がついたユーザーも増えるはず。

取引量はビットポイントの直接的なデメリットではないので、それほど問題視することでもないでしょう。

ビットポイント(BITPOINT)はおすすめできる?

ビットポイントはおすすめできるのか?

ぱんけろん
ぱんけろん
他の取引所よりもおすすめなの?
フリーマン
フリーマン
それじゃあ、比較的タイプの似た取引所で比較するよ!

ビットポイントを選ぶ判断基準は3つ

ビットポイントのメリットを考慮した上で重要なポイントとなってくるのは、

  1. BTC・ETH・XRPが現物取引できること
  2. 各種取引手数料が無料であること
  3. BTCのレバレッジ取引が最大25倍であること

ビットポイントには強固なセキュリティや、使いやすい取引ツールなどもありますが、他の取引所が必ずしも劣っているとは限りません。

ただし、取り扱い通貨や手数料の有無、レバレッジの倍率は明確に違ってくる部分でもあるので、これらが選定基準としてわかりやすいかと思います。

ビットポイントに類似する取引所で比較

仮想通貨の時価総額ランキングTOP3に入っているのが、先程のBTC・ETH・XRPになります。

現在この3通貨を現物で取り扱っているのは、

この3社の仮想通貨取引所で、手数料の違いやレバレッジの違いを比較してみました。

手数料ビットポイントビットバンクGMOコイン
取引0%0%
※1
※2
入金無料
(即時入金)
振込分無料
(即時入金)
出金324円540円~
756円
無料
レバレッジ無料0.01%無料
建玉管理料0.035%無料0.04%
レバレッジ
(BTC倍率)
25倍20倍10倍
送金無料0.001BTC
0.005ETH
0.15XRP
無料
受金無料無料無料
※3

※1:ビットバンクはキャンペーン中のため
※2:GMOコインの取引は「販売所形式」のみ

※3:マイナー(採掘者)に支払う手数料あり

GMOコインは「取引所形式」が利用できないので、通貨を購入する場合は他よりも割高になります。

現状でBTC・ETH・XRPを手数料無料で購入できるのは、「ビットポイント」と「ビットバンク」ですね。

 

BTCのレバレッジ取引なら、最大25倍がかけられるビットポイントがおすすめです。

ただ、ETH・XRPでもレバレッジ取引をしたい場合は、「GMOコイン」なら一律5倍で取引することも可能です。

こうした特徴を踏まえた上で、どこを利用するかを検討するのがいいでしょう。

ビットポイントのメリット・デメリットまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
ビットポイントってこんな取引所だったんだ!
フリーマン
フリーマン
手数料無料を上手く活用していこう。

今回はビットポイントの特徴・メリットや、デメリットなどを徹底解説しました。

最後に内容をまとめておくと、

ビットポイントの特徴まとめ
  • 取引にかかる手数料などがすべて無料
  • 安全性・セキュリティが非常に高い
  • 取引ツールやスマホアプリが便利
  • 最大25倍のレバレッジ取引ができる
  • 即時入金サービスの対応金融機関が少ない
  • 他よりもまだ取引量が少ない

ビットポイントは利用者がまだ多くはない状況ですが、主要取引所と比べても全然劣っていません。

今後また仮想通貨が高騰してきたときには活用できる取引所なので、今のうちに口座開設だけでも済ませておきましょう。

▼公式ページはこちら▼

ビットポイント

▼こちらも合わせてどうぞ▼

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール