仮想通貨

アルトコインとは?ビットコインとの違いや人気通貨もまとめて解説

アルトコインとは?ビットコインとの違いや人気通貨もまとめて解説

フリーマン
フリーマン
どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

2018年に入って仮想通貨という言葉もだいぶ認知されてきましたが、実際に取引を行っている割合はほんの数%ほどです。

ビットコインの価格は5月6日時点で100万円ほどになっていますが、アルトコインに関してはまだ10万円にも満たないものがほとんど。

ぱんけろん
ぱんけろん
前から思ってたけど、そのアルトコインってなに?
フリーマン
フリーマン
え?まだ知らなかったんだね。

アルトコインについてはビットコインほど認知度が高くないので、どういった通貨なのかを知らない人も多いかもしれません。

そこで今回は、アルトコインとビットコインの違い、今人気となっている通貨、どこで購入できるかなどをまとめて解説していこうと思います。

アルトコインとはそもそも何か?

ぱんけろん
ぱんけろん
仮想通貨ってビットコインのことじゃないの?
フリーマン
フリーマン
ビットコインはあくまで仮想通貨を代表する通貨のことだよ。

ビットコインは数ある通貨の1つであり、アルトコインというのはその他の通貨全体の総称を意味しています。

2018年5月時点で仮想通貨は1,600種類以上も存在しています。

アルトコインが1610種類に!

ぱんけろん
ぱんけろん
まさかこんなに多いとは!?

この1,600種類以上の通貨にはそれぞれ固有の名称が付いていますが、カテゴリーとしては全てアルトコインということになります。

フリーマン
フリーマン
ビットコイン以外はアルトコインということだね。

なので「アルトコイン」という通貨が存在するのではなく、数多く存在する通貨の単なる総称だと覚えておきましょう。

アルトコインとビットコインの違い

アルトコインとビットコインの違い

まずビットコインもアルトコインも、基本的に「お金としての価値」があることには違いありません。

例えば1円や1ドルのようにビットコインには1BTC、アルトコインでも有名なイーサリアムなら1ETHなど、それぞれに対応した通貨単位が存在します。

ぱんけろん
ぱんけろん
それならどこに違いがあるの?
フリーマン
フリーマン
じゃあ簡単に主な違いを紹介するね!

ビットコインの特徴

  • 仮想通貨の主軸となる通貨
  • 海外送金が簡単でコストも安い
  • 料金の決済に利用できる場所も増加中
  • 需要と供給量が多く市場への影響が大きい
  • ビットコインを使ってアルトコインを購入できる

アルトコインの特徴

  • ビットコインのシステムを参考に作られた通貨
  • ビットコインより処理スピードが早く即時決済が可能
  • 革新的な機能性を持った通貨も多く存在している
  • 1企業でも新通貨を作成できるので詐欺コインも存在する
  • 需要と供給量がまだ低いので不安定要素も多い

そもそもビットコインは「ブロックチェーン」という技術によって、通貨価値が生まれた仮想通貨でもあります。

ブロックチェーンとは、世界的に広がる取引データの処理や管理を行うシステムであり、通貨価値を見出すサービスとして重要な機能を持っています。

ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたいという方は、初心者向きに書かれた入門書である「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」の本が勉強しやすいかと思います。

 

アルトコインはこうした技術を応用して開発されているので、ビットコインにはない機能性や各通貨に固有の特徴があったりします。

ビットコインに比べるとまだまだ開発途上のものも多いですが、機能性は日々アップデートされていくので有用性が高まることに期待ができますね。

ぱんけろん
ぱんけろん
こんな違いがあったんだね!全然知らなかったよ。

アルトコインは日々増え続けている

増えるコイン

フリーマン
フリーマン
通貨の種類は日々増え続けているよ。

アルトコインの種類には制限がなく何かしらの通貨が開発されているので、1,600種類以上ある通貨からさらに増えていくことになります。

ぱんけろん
ぱんけろん
なんでそんなに増え続けるの?
フリーマン
フリーマン
それはこの3つの理由があるからなんだ。
  1. プログラミング技術があれば誰でも新通貨を開発できる
  2. 新しい有用性を企業に示すことで融資を受けられる
  3. 有名になれば需要が高まり大きな利益が得られる

ビットコインの仕組みそのものは全て公開されているので、技術者であれば新しいアルトコインを作ることはできます。

そしてその作りだした通貨に有用性が認められれば、大手企業などと提携することも可能なので、そこから事業を拡大して実用化に向けて動けるようになります。

 

実用性に期待できる通貨は需要も高く、人気なアルトコインとなりやすい傾向があるので、そこから大きな利益を掴むことも可能でしょう。

フリーマン
フリーマン
開発者にとっては事業展開にも最適と言えますね。
ぱんけろん
ぱんけろん
でも1,600種類以上もあったら、1つ作ったくらいじゃ目に止まらないんじゃないの?
フリーマン
フリーマン
そうだね。だからエアドロップをすることが多いね。
ぱんけろん
ぱんけろん
ん?エアドロップ?

仮想通貨のエアドロップ

エアドロップ(AirDrop)とは、仮想通貨(トークン)を無料配布することで参加者や保有者を増やし、知名度を高めることを目的としたもの。

エアドロップによって開発者は知名度が高まるメリットがあり、ユーザーにとっては仮想通貨を無料で受け取れるメリットがあります。

つまり、どちら側も損をすることがないので理にかなっている方法なんです。

そうして有名になったアルトコインは仮想通貨取引所に上場し、通貨売買が可能となって流動性が高まることで、市場規模を拡大させることに繋がります。

ぱんけろん
ぱんけろん
でもデメリットとかはないの?

たしかにエアドロップによって顧客を集め、詐欺行為を行う悪いヤカラも存在します。

見極めとして、ウォレットの秘密鍵(パスワード)を聞いてくるエアドロップは100%詐欺です。

フリーマン
フリーマン
これから仮想通貨のエアドロップに参加するときは覚えておこう。

ハードフォークによる仮想通貨分裂もある

仮想通貨のハードフォーク

フリーマン
フリーマン
1つの仮想通貨が2つ・3つと分裂することもあるよ。
ぱんけろん
ぱんけろん
ハードフォーク?なんで分裂するの?

ハードフォークとは、取引量の増大による問題を解決するために、仮想通貨を旧ルールから新ルールへ分岐(分裂)し、新通貨に負荷を分散する仕組み。

よく似た「ソフトフォーク」がありますが、これは分裂ではなく通貨全体のルール変更を意味します。

つまり、1つの仮想通貨で取引量が膨大になってくると、分裂させて負荷を下げることでシステムの安定性を維持させることができるということですね。

ハードフォークされた通貨はもとあった通貨との互換性はなく、まったく新しい別の通貨として存在し続けることになります。

フリーマン
フリーマン
こうして仮想通貨の種類が増えていくこともあるよ。

人気の高いアルトコインはどれ?

アルトコインの人気が高いかどうかは「時価総額」によって判断することができます。

時価総額が高いということは、それだけ取引量が多く流動性も高いことを意味するので、目安として一番判断しやすいものですね。

フリーマン
フリーマン
5月5日時点の時価総額ランキングTOP10を見てみよう。

仮想通貨の時価総額TOP10

ぱんけろん
ぱんけろん
ビットコインすげー!
フリーマン
フリーマン
だね。上位4位まではそうそう順位が変動しない固い通貨だよ。

一応上記画像のビットコイン以外のアルトコイン9種類について簡単に紹介しておきますね。

時価総額2位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムのロゴ

イーサリアムはアルトコインを代表する最も有名な通貨で、スマートコントラクト(契約・取引の自動化)を目的に開発されたコインです。

中央管理者を必要としない「分散型アプリケーション(DApps)」の形成を可能にする為、現在では仮想通貨を利用したゲームなどが数多く登場しています。

フリーマン
フリーマン
ブロックチェーンゲームとも言ったりしますね。

イーサリアムを利用したゲームについて気になる方は、こちらの記事が参考になるかと思います。

あわせて読みたい
ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームアプリとの違い・将来性は?
ブロックチェーンゲームとは?従来のゲームアプリとの違い・将来性は? 2018年2月あたりから「ブロックチェーンゲーム」という言葉をよく聞くようになりましたが、まだまだ知られていない方でしょう。...

時価総額3位:リップル(XRP)

リップルのロゴ

リップルは他の仮想通貨と違って中央管理者が存在し、リップル社が管理を行っていることが大きな特徴です。

このリップルは、銀行などの金融機関に関わる送金システムの改善を目的としたコインであり、高速かつ低コストでの送金を可能にしています。

 

簡単に言うと、リップルのネットワークをかけ橋(ブリッジ)として利用することで、従来よりも優れた送金が行えるというものですね。

フリーマン
フリーマン
金融革命を起こす可能性を秘めていますね。

時価総額4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュのロゴ

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォーク(分裂)して生まれたコインなので、問題解決を目的としていずれは価値がさらに高まる可能性もあります。

このビットコインキャッシュは、データを処理するブロックサイズがビットコインより大きい為、取引量が多くなっても負荷に耐えられる特徴があります。

 

また、ビットコインと発行数量が同じなので流動性も高く、今後の展開次第ではビットコインに代わる通貨になるかもしれません。

フリーマン
フリーマン
ビットコイン2世のような感じですね。

時価総額5位:イオス(EOS)

イオスのロゴ

イオスはイーサリアムと同様に、分散型アプリケーションを実行できるコインであり、人気アルトコインの1つとして上位に位置しています。

イオスの特徴はトランザクションの処理が非常に高速なことと、利用時の手数料が無料であることでしょう。

トランザクションとは、オンライン上で取引などを実行する際の処理システムのこと。

トランザクションの手数料はそこまで高くありませんが、取引回数が多い企業などには大きなメリットになります。

フリーマン
フリーマン
これは実用性にも期待できるね。

時価総額6位:ライトコイン(LTC)

ライトコインのロゴ

ライトコインは、ビットコインの欠点を補うことを目的としたコインで、ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」という認識になっています。

ビットコインは取引時の承認時間が10分ほどと、比較的長いことが欠点となっていますが、それを約2.5分で完了させることを可能にしたのがライトコインです。

 

発行数量もビットコインの4倍ほどあり、処理能力が高いライトコインならより多くの取引が行える上、送金コストも安いので安定した人気を確保していますね。

フリーマン
フリーマン
金と銀で上手くバランスが取れているんでしょう。

時価総額7位:カルダノ エイダコイン(ADA)

エイダコインのロゴ

カルダノ エイダコインはイーサリアムの開発者によって作られたコインで、「カルダノ財団」が中心に運営・管理を行っています。

名前が特徴的ですが、由来は天才貴族女性「エイダ・ラブレス」のエイダにちなんでいるので、基本はエイダコインと呼ばれることが多いですね。

 

このエイダコインにはイーサリアム同様に、スマートコントラクトが実装されているので、アプリケーション開発も可能です。

また、迅速で強固なセキュリティ環境での送金システムを有する通貨でもあり、今後は日本のATMでの引き出し、デビットカードによる支払いなどが開始されるようです。

フリーマン
フリーマン
これが開始されていけば、仮想通貨の有用性も高まりますね。

時価総額8位:ステラ(XLM)

ステラのロゴ

ステラはリップルをベースとして開発されているコインなので、世界的な送金・決済システムを構築することを目指しています。

リップルのシステムは大手金融機関向けという印象がありますが、ステラの場合は個人向けを対象にしたシステムとなっています。

 

その為、大金を送金するというよりは、少額の送金や決済に対する個人利用に特化している面がありますね。

フリーマン
フリーマン
リップルは企業が、ステラはユーザーが利用する未来も見えてきますね。

時価総額9位:アイオタ(MIOTA)

アイオタのロゴ

アイオタは送金手数料を必要とせず、デバイス間のやり取り(通信や記録など)を最適化する目的で開発されたコインです。

この「デバイス間」というのは「IoT」をターゲットにしています。

IoTとは「Internet of Things」の略称で、パソコンやスマホのデバイスだけでなく、日々の生活に関わるモノをネット環境に繋げることで、利便性を高める革新的な仕組みのこと。

もともとIoTにはセキュリティ面の不安がありましたが、アイオタのブロックチェーン技術によってネットワークが強化され、安心したデータ通信が行えるようになります。

デバイス間の送金手数料もかからないメリットも大きいですね。

フリーマン
フリーマン
IoTの普及には欠かせない通貨ですね。

時価総額10位:トロン(TRX)

トロンのロゴ

トロンはエンターテイメントに特化した開発を目的とするコインで、無料コンテンツ(Youtubeなど)の仕組みを構築する通貨です。

通常であればコンテンツ(動画など)の配信を確認するためには、Youtubeなどを利用するしかありませんが、トロンのブロックチェーン技術を使うことで自由に再生または投稿を可能とします。

 

コンテンツが面白いと評価されれば「いいね!」などの代わりに、投げ銭(コイン)という形でトロンを渡せるようになるので、エンターテイメント業界の活性化にも繋がります。

フリーマン
フリーマン
クリエイターもより一層増えそうですね。

アルトコインはどこで買える?

ぱんけろん
ぱんけろん
アルトコインってそもそもどこで売ってるの?
フリーマン
フリーマン
買いたいアルトコインにもよるけど、何が買いたいの?
ぱんけろん
ぱんけろん
えーっと、とりあえず人気の高い通貨!
フリーマン
フリーマン
ザックリしてるな。(笑) ならまずはこの3種類がいいかな。
  1. イーサリアム(ETH):時価総額2位
  2. リップル(XRP):時価総額3位
  3. ビットコインキャッシュ:時価総額4位

時価総額はその通貨の信用性にも直結しているところがあるので、アルトコインを初めて購入するならできるだけ上位の方がいいでしょう。

上記アルトコインを購入するにはまず仮想通貨取引所への登録が必要ですが、銀行の口座開設をするような感じになります。

国内でも人気の高い取引所は以下の3つ。

ビットフライヤーは手数料が割高になりますが安全性が抜群に高い取引所。

ザイフは手数料が安く自動で毎月積立ができる取引所。

ビットバンクはリップルを扱う数少ない取引所です。

フリーマン
フリーマン
ちなみに私はいつでも取引ができるよう、3社とも登録していますね。

リップルは現状ビットフライヤーとザイフでは取り扱っていません。

仮想通貨を始める上では取引所選びもかなり重要になってくるので、まずはこの辺から始められるのがいいかと思います。

\安全性No.1!ビットフライヤー/

口座開設方法公式ページ

\手数料が割安!ザイフ/

口座開設方法公式ページ

\リップルが国内で買える!ビットバンク/

口座開設方法公式ページ

アルトコインのまとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
アルトコインの意味がよくわかったよ!
フリーマン
フリーマン
人気どころの通貨はしっかり把握しておこう。

アルトコインはビットコインと比べると取引量がまだまだ少ないので、これから伸びてくる通貨はたくさんあります。

ただ、仮想通貨への参入者が増えることで流動性も次第に高まっていく為、大きな価格変動が起きる可能性も十分考えられます。

フリーマン
フリーマン
仮想通貨は高騰幅や暴落幅が激しいところがあるから、十分に注意しておくことが大切!

大きな利益が得られる半面、損失リスクもしっかり理解して余裕のある範囲でアルトコインに投資していきましょう。

あわせて読みたい
将来性のあるアルトコインTOP10
将来性のあるアルトコインTOP10!2018年注目のおすすめランキング 仮想通貨と言えばビットコインがよく知られている通貨ですが、その他にもアルトコインと呼ばれる通貨が1,600種類以上存在します...
あわせて読みたい
[超まとめ]仮想通貨でこれから利益を出す為に知っておきたいこと
[超まとめ]仮想通貨でこれから利益を出す為に知っておきたいこと 仮想通貨に興味を持っているけど、実際に始めるのは少し不安に感じていて様子を見ている人は多いと思います。 201...

\SHARE/

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、なんとか8ヶ月目で月間6万PV達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール