仮想通貨投資は2018年が本番!?ウェブボットの予測を見れば一目了然 – きにぶろぐ.com

初心者ブロガーのフリーマンです。未経験から始めたワードプレスやSTINGER8などの使い方からカスタマイズ方法、アフィリエイト関連の内容を中心に、雑記にわたって気になることを楽しく発信するブログです。



仮想通貨

仮想通貨投資は2018年が本番!?ウェブボットの予測を見れば一目了然

  2018/01/24  2018/02/06

仮想通貨投資は2018年が本番

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

2017年ではビットコイン価格がピーク時で250万円台にまで高騰し、2018年1月16・17日にかけて大暴落したことで、24日現在では100万円近くに値を下げている状況です。

 

とは言っても100万円を超えているので、「今から投資しても遅いんじゃないの?」と思っている人は多いかもしれませんね。

ですが仮想通貨市場はまだまだ発展途上の段階で、今のビットコインの相場はほんの序章に過ぎない可能性が高いんです。

 

それを証明するかのように注目を集めているのが、「ウェブボット(WebBot)」という予測プログラムで、詳しい予測内容は以下の記事で解説しています。

参考:WebBotが仮想通貨の未来を予測!?2018年のビットコイン価格は?

 

ここではその予測データをもとに、仮想通貨投資が2018年から本番を迎える理由を解説していこうと思います。

スポンサーリンク

仮想通貨の世界人口は1.2%から13.8%に!

民衆が集まっている画像

 

ウェブボットが2017年11月に予測したデータによると、2018年内には仮想通貨投資をしている世界人口は1.2%から13.8%に増加するとしています。

仮想通貨が持つ技術が急速に発展しつつあり、現在使われている当たり前の仕組みが仮想通貨によって変化する可能性があるので、そうした期待感から投資人口は増えていくことが予想できます。

 

また、アンケートサイトで有名なマクロミルが10,000人を対象に行った、ビットコインの認知度や保有率を調査した結果も見て下さい。

 

マクロミルの仮想通貨の調査結果
調査時期:2017年10月中旬 出典元:ビットコインラボ

左側が認知度で右側が保有率になりますが、ビットコインのことを知っているという人は約88%もいるのに対して、実際に購入したことがあるのは4.7%しかいないんですよね。

その中でも運用を続けている人は、たったの2.7%という結果になっているので、ビットコインに対する価値観が変化すれば大幅に伸びる可能性を秘めています。

 

今はまだ仮想通貨投資を始めるか様子を見ている人や、不信感を抱いている人が多いので実際に行動している人は少ないのが現状ですね。

ですがGoogleやSBIグループなどの大企業がすでに参入しているので、今後は仮想通貨の不安要素などは軽減されていき、ウェブボットが予測する世界人口に近づくことは十分あり得る話というわけです。

 

ビットコイン価格は2018年内に1,100万円以上!?

相場の上昇を示すカラフルな矢印

 

ウェブボットの予測では2018年2月末頃に、ビットコイン価格が150万円台になって秋頃には220万円台まで高騰するとしています。

世界人口の増加に伴って仮想通貨市場も活性化していくので、700万円台に上昇してから1,100万円以上に価格が上がっていくようです。

 

2018年1月24日現在では110万円~120万円であること考えると、このまま世界人口が予測通り10倍以上の増加になれば、ビットコイン価格も同様に高騰していくのは道理でしょう。

ただし、上昇するとは言っても常に右肩上がりになるような相場ではなく、その間に30%~40%の大幅な調整を挟むことは間違いないでしょう。

 

高騰が続けば大幅な暴落もあるのが投資の世界なので、そうした場面に直面した時に冷静な判断で売買が行えるかが重要になりそうですね。

1,100万円まで上昇するのであれば、現在の価格が序章に過ぎないことは見てとれるかと思うので、ウェブボットの予測を信じすぎるのは危険ですが、市場の拡大は十分期待できると個人的には考えています。

 

だからといって無理な投資はする必要はないので、基本的には投資に充てられる余剰資金を使って行うのがいいでしょう。

これなら万が一資産がなくなってしまっても、日々の生活に支障をきたす心配もありませんからね。

 

仮想通貨に限らず投資においては、無理のない資金で計画的に行うのが大前提ですよ。

 

スポンサーリンク

多くのアルトコインはまだまだ発展途上

発展途上の古いテレビ

 

ビットコインは仮想通貨の主軸通貨ですが、その他にも約1,000種類以上のアルトコインという通貨が存在しています。

アルトコインの代表格であればイーサリアムやリップルになるんですが、ビットコインと比べるとまだまだ発展途上です。

 

ビットコインがニワトリであるならば、アルトコインは「たまご~ひよこ」の段階なので、これからの成長次第でその伸びしろは爆発的なものになります。

時価総額は現在ビットコインが1位を独走していて、次にイーサリアムが追う形なんですが総額には2倍近くの差があり、通貨価格も10万円程度と約10分の1になりますね。

 

その他のアルトコインに関しては数十円~数万円のレベルですし、ビットコインが100万円以上であることを考えると、今から少なからず投資しておくことで資産が大きく増える可能性があります。

ただし、アルトコインの中には「草コイン」と呼ばれているものが大半で、今後成長するかもわからない未知の存在ばかりです。

 

そうした通貨に先行投資をする人はたくさんいますが、これはギャンブルに近いことなのでいきなり大金を投資すると、大損してしまう可能性が高いです。

草コインには将来有望なコインもあるのですが、その大半が無価値な詐欺コインであるリスクもあるので、投資初心者が手を出すには難易度が高すぎるものです。

 

アルトコインを購入することを検討している場合は、できる限り有名どころで安定しているコインで売買するようにした方が無難ですね。

ウェブボットの予測では、アルトコインの市場も2018年に大きく拡大していくようなので、ビットコインと同様に投資する価値は十分あると言えます。

 

今から投資を始めても遅くはない!むしろチャンス

チャンスを指差すスーツの人

 

以上の理由から想像できるかと思いますが、2018年から仮想通貨投資を始めても稼げる要因はたくさんあり、むしろ今だからこそ始めるチャンスではないでしょうか。

投資としては株式やFX(外為)などもありますが、すでに市場規模が安定している状況でもあるので、これから挑戦していくには基礎をしっかり学ぶ必要があります。

 

それに対して仮想通貨は認知はされているものの、実際に投資している人はごくわずかである為、今から参入していけば比較的容易に資産を構築することができます。

投資である以上は最低限の知識はもちろん必要ですが、そこまで難しく考えなくても市場が拡大していけば、必然的に価格は高騰していく流れになりますよね。

 

市場が小さいということは、それだけ市場が大きく成長する「余地」があることを意味するので、できるだけ早めに投資することで有利になっていくというわけです。

現に2017年1月から仮想通貨に投資していた人は、100万円や1,000万円単位で利益を得たということも多く、中には「億り人」になった方もいるはずです。

 

こういう人たちとの違いはただ投資をしていたかどうか、仮想通貨という存在を知っていたかどうかだけです。

仮想通貨を知らなければそもそも投資すらできませんし、情報社会である現代ではその情報自体に大きな価値があり、知識として身についているかいないかで資産に差が出るほどの重要なものと言えますね。

 

こうした情報を知った人は、知らない人よりも資産を構築するチャンスが生まれるので、仮想通貨投資を始めるきっかけになれば幸いです。

ただ、リスクは必ず存在することを理解した上で投資を始めるようにして下さい。

 

チャンスを掴むためにはどうすればいいの?

チャンスを掴もうと拳を握り演説する男性

 

この記事を読んで頂いた方の中には、「チャンスなら今すぐ始めたい!」「どうすれば投資できるの?」と、率直に思ったかもしれませんね。

仮想通貨投資を始めるためには、まず仮想通貨を扱っている取引所の口座を開設して、そこから通貨を購入する流れになります。

 

取引所は銀行口座のような存在なのですが、申し込みだけならネットからメールアドレスだけででき、本人確認書類を提出すれば取引が行えるようになるのが一般的です。

取引所は国内と海外のものがあり、海外取引所はアルトコインがかなり豊富なんですが初心者には扱いにくい部分もあるので、まずは国内取引所を利用するのがいいですね。

 

特に初心者向きで使いやすい取引所は、coincheck(コインチェック)や「Zaif(ザイフ)」になります。

coincheckは13種類の通貨を扱っている国内でも人気な取引所で、とりあえずここの口座を利用する人が多いです。

追記

coincheckは1月26日の不正アクセスの一件で、現在は取引制限中なので金融庁に認可されている「Zaif(ザイフ)」か「bitFlyer(ビットフライヤー)」がいいでしょう。

ライトコインやリップルを安く購入するなら、取り扱う全通貨を板形式で取引できる「bitbank(ビットバンク)」がオススメですね。

 

対してZaifはコールドストレージというオフライン上で通貨を保管していることと、アルトコインの取引手数料がかなり安いので、ビットコイン以外も取引したい場合はこの2つの口座があれば問題ないでしょう。

口座開設は以下の公式リンクから無料でできますし、方法がわからない場合は口座開設方法のリンクを参考に進めてみて下さい。


bitFlyerの口座開設方法はこちら


Zaifの口座開設方法はこちら

取引所の口座開設申し込みから取引開始までに1週間程度の時間がかかるので、その間に仮想通貨の勉強をされるのがいいかと思います。

記事の最後に仮想通貨のことを初心者向きに解説しているリンクも貼っているので、よければ参考にされてみて下さいね。

 

まとめ

これからビットコインなどの仮想通貨に投資するのは、もう遅い!という意見も中にはあるかもしれませんが、実際はその逆で今だからこそ投資のチャンスだと思います。

ウェブボットの予測と私個人の単なる意見にすぎませんが、仮想通貨に対するユーザーの関心と多くの企業が参戦していることも考慮して、2018年は市場規模が拡大していく可能性の方が高いんじゃないでしょうか。

 

市場規模が小さいことはリスクも当然伴うことですが、これは仮想通貨に限らずすべての投資において、初めは不信感や期待感が入り乱れながら成長を遂げてきたはずです。

私自身もそうした気持ちはありますし、今後どうなるかなんて予想できないので、投資することに対しての不安はあります。

 

ですが、仮想通貨に関わったことで投資に関する知識を得ることができ、資産を有効に活用する方法やチャンスを逃さない準備をすることができます。

もしこの記事を読んで仮想通貨に興味を持たれたという方は、悩む前にまずは行動して投資への一歩を踏み出してみて下さい。

 

合わせて読んでほしい

仮想通貨の特徴や仕組みとは?稼ぎ方などの疑問もわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットを知る!安全に資産を保管してリスクを回避しよう

仮想通貨取引所の選び方!危険性の低い厳選5社とオススメの安全対策

仮想通貨初心者必見!最優先で登録する取引所と必須のセキュリティ

将来性のあるアルトコインは?2018年もオススメの注目仮想通貨TOP5

スポンサーリンク







この記事が気に入ったら
いいね!して頂けると喜びます

気になる最新情報をお届けします

フォロー・シェアする
最新情報を受け取る

-仮想通貨

Related article -関連記事-
この記事を書いた人
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで現在は兵庫県に在住しています。このブログは2017年8月から本格的にスタート。ブログ運営に関する内容を中心に生活で役立つこと、お金の節約術など興味のある情報を書いています。
New article -新着記事-

スポンサーリンク


管理人のフリーマンです。
29歳で現在は兵庫県に在住しています。
ブログ運営に関する内容を中心に興味のある情報を書いています。
役立つ記事があれば参考にして下さい。