仮想通貨

仮想通貨の特徴や仕組みとは?稼ぎ方などの疑問もわかりやすく解説

仮想通貨の特徴や仕組みと稼ぎ方

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

世界中で注目を集めながら、日本でも人気を高めている投資スタイルの1つが「仮想通貨」なんですが、まだ聞き慣れていない方も多いかもしれません。

 

どちらかと言うと「ビットコイン」という言葉の方が認知されていると思いますが、これは仮想通貨の1種類に過ぎません。

人気が高まっている投資方法といっても、「どんな仕組みになっているの?」「稼ぎ方がよくわからない。」という人も多いでしょう。

 

仮想通貨という言葉だけ聞くと、なんだか実在しないような架空の通貨と考えてしまうでしょうし、正しく理解している人は少ないかもしれませんね。

そこで今回は仮想通貨の特徴や仕組み、稼ぎ方などのわからない疑問について、初心者の方でもわかりやすいように解説したいと思います。

仮想通貨ってなに?どんな特徴があるの?

そもそも仮想通貨というものは、インターネット上で取引されているお金であり、普通の紙幣や硬貨のように価値がある通貨です。

ただし、実際に目に見えて存在するものではなく、インターネット上にのみ存在しているのが仮想通貨になります。

 

仮想通貨は「暗号通貨」だったり「デジタル通貨」と呼ばれていることもありますね。

 

これとよく似たものとして「電子マネー」がありますが、これは日本円を電子化して利用する目的で使われていますよね。

それに対して仮想通貨は世界中で使えるお金としての価値があり、不特定多数の人と取引などを行うことも可能なのが特徴でもあります。

ビットコインと地球儀

 

実用性に関してはまだまだ発展途上の段階ですが、ネット上の取引だけではなく一般的な店舗やショップでも、電子マネーと同様に使えるところは増えてきています。

また、世界共通で使えるので通常であれば高い手数料が取られてしまう海外送金でも、仮想通貨なら安くて簡単に済ませることができます。

 

将来は日本国内だけでなく海外であっても、現金を持たずしてお買い物などができる環境が整っていくかもしれませんね。

 

仮想通貨の仕組みはどうなってるの?

仮想通貨は「ブロックチェーン」という画期的なシステムによって、運営されているものになっています。

ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引データ履歴をひとまとめにして、世界中の仮想通貨ユーザーがそれを確認・管理するシステムのことです。

 

取引データはインターネット上で暗号化され、不特定多数でデータに異常がないかを確認しているので、不正を行うのは実質不可能となっています。

取引データは約10分おきにひとまとめにされていく仕組みになっていて、例えて言うなら1冊の本に記録が集約されて、次々と本棚に並んでいく感じですね。

 

赤い本が綺麗に並んでいる画像

 

このように本が「ブロック」の役割を担って、本棚に収まる本が「チェーン」のように繋がっていくことから、ブロックチェーンと呼ばれるようになっています。

また、このシステムは国や銀行などの公的機関が運用・管理しているものではなく、民間が運営をしているシステムなので、特定の管理者によって操作される心配はありません。

 

しかし、民間によって運営されているということは、取引データを確認しているユーザーの1人が独断で「不正を行えるんじゃないか。」と考える人も少なからずいると思います。

ですが、仮想通貨の取引データは全世界のユーザーが同じ情報を共有しているので、1つのデータに対して不正があると、その情報はすぐに拡散されて発覚することになります。

 

例えばビットコインを「1BTC送金する」という情報があった場合、あるユーザーが「0.5BTCで処理しよう。」と考えても、他のユーザーによって正確な情報に正されます。

つまり、取引データを確認・管理している全ユーザーが常に監視している状態であることが、ブロックチェーンの強みということにもなりますね。

 

仮想通貨で稼ぐ方法は?

1枚のビットコインを持つ手

 

仮想通貨の稼ぎ方は、FX(外為)と同様で常に価格変動があるので、その差額で利益を得るのが基本となります。

つまり、価格が安い時に「買い注文」をして価格が高くなったら「売り注文」をする、価格が高い時に「売り注文」をして価格が安くなったら「買い注文」をします。

 

また、株式であれば企業に投資するスタイルなので、価格の変動率は比較的安定していますが、FXや仮想通貨はそうではないので値動きが特に激しくなることも多いです。

投資というカテゴリーではあるんですが、投資方法を間違えるとギャンブルをしているのと何ら変わらなくなってしまいます。

 

ハイリスクハイリターンな要素も強いので、一気に資産を失うリスクが常に見え隠れしていいる状態で、安易に仮想通貨を始めてしまうと失敗することがほとんどです。

少額投資で仮想通貨の取引に慣れていく分には問題ないですが、熱くなってしまって一獲千金を狙うと、大半は大損をすることになるので十分注意しておきましょう。

 

とは言え、大きなリターンがあることも事実ですし、仮想通貨の市場は現在も拡大を続けている状況なので、資産に余裕のある方は勉強を前提に始めてみるのがいいでしょう。

また、一般的な売買の他に毎月一定額を仮想通貨にする「積立投資」もできるので、いまいち買い時や売り時がわからないという人には向いている投資法になっています。

 

積立投資は急激な値下がりや値上がりに対して、資産の損失リスクを最小限に抑えることに有効ですし、分散投資になるので比較的安定した資産の構築ができると思います。

 

ビットコイン以外にも通貨は存在する?

仮想通貨には一番有名なビットコインをはじめ、実は「アルトコイン」と呼ばれる数多くの仮想通貨の種類が存在することをご存じでしょうか?

様々な種類が存在する中には詐欺のような仮想通貨もあるので、これから利用を考えている人は金融庁の許可を受けた国内で上場している仮想通貨を運用するのが最も安全です。

 

そこで参考のために、国内で上場している仮想通貨かつ人気どころを一覧にしたので、安心して取引を進められるよう事前に確認されてみて下さい。

 

仮想通貨通貨コード認知度
Bitcoin(ビットコイン)BTC
Ripple(リップル)XRP
Ethereum(イーサリアム)ETH
Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)BCH
Litecoin(ライトコイン)LTC
NEM(ネム)NEM・XEM
DASH(ダッシュ)DASH
Monero(モネロ)XRM
Ether Classic(イーサリアムクラシック)ETC
Lisk(リスク)LSK
Zcash(ジーキャッシュ)ZEC
MONAcoin(モナコイン)MONA
Factom(ファクトム)FCT

 

ビットコインは中でも圧倒的に認知されているだけでなく、時価総額ランキングでも1位を誇っている仮想通貨で、それを追いかけているのが今勢いのあるリップルです。

人気が高いほど信用度も高く利用用途も多くなっていくので、その辺も考慮に入れながら取引を行っていくといいかと思います。

 

人気どころの取引所ってどこ?

仮想通貨を買ったり売ったりすることはもちろん、入出金などを行うためには仮想通貨を取り扱っている取引所の「口座開設」をする必要があります。

取引所は国内から国外まで多数存在し、それぞれで取り扱っている仮想通貨の種類やサービスの内容などが違ってきます。

 

そこで私も利用していて、特に人気が高く勢いのある取引所をご紹介しますので、まだ利用されていない場合は参考にされてみて下さいね。

 

仮想通貨取引所
Zaif(ザイフ)

取引手数料マイナス0.01%を実現した取引所

Zaifの公式サイト

Zaifの口座開設方法はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)

資本力がトップクラスの日本最大級ビットコイン取引所

bitFlyerの公式サイト

bitFlyerの口座開設方法はこちら

bitbank(ビットバンク)

手数料が安くリップルを扱っている数少ない取引所

bitbankの公式サイト

bitbankの口座開設方法はこちら

DMM Bitcoin

アルトコインのレバレッジ取引が可能な取引所(販売所)

DMM Bitcoinの公式サイト

DMM Bitcoinの口座開設方法はこちら

GMOコイン

大手GMOグループが運営する信頼性の高い取引所(販売所)

GMOコインの公式サイト

GMOコインの口座開設方法はこちら

Binance(バイナンス)

100種類以上のアルトコインを扱っている海外の取引所

Binanceの公式サイト

Binanceの口座開設方法はこちら

 

これから初めて仮想通貨を利用するという方は、ZaifやbitFlyerがこの中でも初心者向きで使いやすい取引所になっています。

ここでご紹介した国内の取引所に関しては、口座開設しておいて損はないところになるので、できれば複数の口座を所有して資産を分散させておくのがいいですね。

 

口座開設は基本無料になっていますし、Binanceは海外の取引所ですが本人確認なしで数分あれば開設できる為、余裕があれば利用することを検討されるといいかと思います。

 

まとめ

仮想通貨は投資として浸透してきてはいますが、まだまだ世間に知られていない部分も多いので、ある程度まで認知されるにはそれなりの時間が必要なのかもしれません。

ですが仮想通貨に対する期待感がかなり高まってきていることも事実で、この機会に投資を始める人も急速に増加しています。

 

仮想通貨で投資をするしないに関わらず、まずは基本的な仕組みやどういったものであるかを認識し、知識を身につけておくことが大切ですね。

今後は仮想通貨の普及率も加速すると予想されますし、この記事をご覧になって頂いた方はその実用性についても理解して頂けたかと思います。

 

こうした情報を正しく知ることで稼ぐチャンスも訪れるので、興味を持たれた人は取引所の口座開設を検討していきましょう。

ビットコインや人気どころのアルトコインは価格が高額になっている状況ですが、通貨の購入自体は1,000円からでも可能なので、余力資金で少額投資を始めるのはアリですね。

 

合わせて読んでほしい

仮想通貨取引所の選び方!危険性の低い厳選5社とオススメの安全対策

仮想通貨初心者必見!最優先で登録する取引所と必須のセキュリティ

仮想通貨の危険性やリスクを知る!投資を始める前に必ず把握すること

仮想通貨ウォレットを知る!安全に資産を保管してリスクを回避しよう

将来性のあるアルトコインは?2018年もオススメの注目仮想通貨TOP5

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール