当ブログと運営者について
資産運用

資産形成は20代が理想!30代までに資産運用を始めるおすすめ投資法

資産形成と資産運用

フリーマン
フリーマン
どうも、己の自由力を高めているフリーマンです。

20代のうちに頑張って仕事を続けても、30代や40代に繋げていける資産形成ができるとは限りません。

単純にお金をたくさんお金を稼げば、将来は幸せな人生が送れるという保証はどこにもないので、20代のうちから資産形成をして30代に向けての資産運用を始めるべきでしょう。

これからは自分の身は自分で守る時代なので、お金を稼ぐだけではなくお金に働いてもらう仕組みを作ることが重要になってきます。

ぱんけろん
ぱんけろん
お金がお金を稼ぐということか。

自分の身を削って資産を作るだけではリスクも高いので、20代からの資産形成が理想的と言えますね。

そこで今回は、資産形成する方法からおすすめの資産運用方法まで、まとめて解説していこうと思います。

資産形成に重要なお金を稼ぐことの本質

数枚のコインと英字で書かれた本

資産形成について解説する前に、そもそも人はなぜお金を稼ごうとするのかを考えてみましょう。

  • 生きるための生活費が必要だから
  • 美味しいモノを食べたり欲しいモノを買いたいから
  • ただ単純に贅沢な暮しがしたいから
  • 家族を養っていかないといけないから

などなど理由は色々あると思いますが綺麗事を抜きにして言うと、ほとんどの人は今その瞬間をなんとか乗り越えるために必死になってお金を稼いでいます。

自分が理想としていることを現実にするのはかなり難しいことですし、誰だって今の問題をどうするかで精一杯だと思います。

 

ですが、そんな厳しい状況なのはあなただけではありませんし、あなた以上に厳しい現実に直面している人はたくさんいるはずです。

ホームレスになってしまった人や就職できずにニートとなってしまった人、詐欺などの被害に遭ってしまった人や多額の借金を抱えてしまった人などなど。

世界中を探せば苦労している人はゴロゴロいますよね。

 

ですが、そんな人たちの中から這い上がってお金持ちになった人もまたしかりです。

こういう人たちの考え方は、お金を稼いだその先のことまで視野に入れて計画的に行動していることが大半です。

つまりその考え方に行きつくかどうかと、あとは本人のやる気次第で厳しい現状なんていくらでも変えられるということ!

なのでまず理解しておきたいのは、お金を稼ぐことの本質は資産形成にあるという考え方ですね。

20代の資産形成はお金の使い道も意識する

様々なスマートフォンの使い方

そもそも資産形成とは文字通り資産を作り上げていくことで、まったくのゼロスタートから資産を少しずつ形成していくことを意味します。

資産形成が本質であると理解すれば、お金を稼ぐという行動は目的を達成するための手段のん1つだということがわかりますね。

お金の使い道を間違えると、資産形成のための資金を失ってしまうことにもなります。

 

要するに資産運用を行うための予備動作のようなものですから、資産形成は言わば「お金に働いてもらうための資金作り」ということですね。

わかりやすい考え方としては、

  • 投資する運用資金を稼ぐのが資産形成
  • 形成したお金を投資するのが資産運用

このように考えるとイメージしやすくなるかと思います。

例えばサラリーマンや会社員の方であれば、毎月もらえる給料の一部を資産形成として確保し、そこから投資先を決めて資産運用に回す流れになりますね。

特に20代のうちはお金を浪費しがちなので、若いからといってお金を無駄にしないよう注意しておかないと資産確保も難しくなります。

将来のことを考えるなら、早いうちから浪費を断ち切っておきましょう。

資産形成は余剰資金が前提になる

ぱんけろん
ぱんけろん
よじょうしきんって何?
フリーマン
フリーマン
簡単に言うとずっと使う予定のないお金のことだね。

銀行口座にずっと眠り続けているようなお金は余剰資金になりますね。

例えば収入が月20万円の方ですべての生活費が10万円なら、「収入20万円 ー 生活費10万円 = 余剰資金10万円」という感じです。

 

ちなみに余剰資金をもっと厳密に説明すると「失っても問題ないお金」になるので、投資に回さず貯金しておきたいならそこから差し引きます。

ただし、大手銀行の金利は0.001%とほとんど増えないので、当面の間はお金を使う予定がないなら資産運用に回した方が有効的な使い道になりますね。

「収入=生活費」になって余剰資金がまったくないという場合は、まず生活環境を改善してお金が貯まりやすい仕組みを構築していきましょう。

あわせて読みたい
貯金できない人に実践してほしい貯め方
【貯金の仕方7選】増えない・たまらない人におすすめの貯め方と考え方! 「貯金を増やしたい!」と思っていても、実際は全然貯まらないという悩みを抱えている人は結構多いんじゃないでしょうか? 1...

また、本業だけで余剰資金がどうしても作れないという方は、ブログを活用したネット副業を始めれば、1万円くらいなら数ヶ月で稼げるようになります。

あわせて読みたい
貯金できない人に実践してほしい貯め方
【貯金の仕方7選】増えない・たまらない人におすすめの貯め方と考え方! 「貯金を増やしたい!」と思っていても、実際は全然貯まらないという悩みを抱えている人は結構多いんじゃないでしょうか? 1...

資産運用は複利効果が最大の武器になる

複利効果の推移

ぱんけろん
ぱんけろん
ふくりこうかって何?
フリーマン
フリーマン
運用で得た利益を再投資してリターンを増やすのが複利だね。

例えば10万円で資産運用を始めて2万円の利益が出た場合、その2万円をまた投資することで利益が雪だるま式に増えていくイメージです。

これは長期的にコツコツ積立投資することで大きな効果を発揮しますが、投資期間が長ければ長いほど期待できるリターンも増大していくのが特徴です。

積立投資のメリット・デメリットについては、以下の記事で詳しく解説しているのでよければ参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
積立投資のメリット・デメリット!初心者向けにわかりやすく解説
積立投資のメリット・デメリット!初心者向けにわかりやすく解説 どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 日本の大手メガバンクにお金を預...

資産形成を20代からしっかり進めて30代までに資産運用を始めれば、それだけ長期的なリターンを確保できる可能性が高まります。

もちろん30代からでも40代からでも始められますが、できれば20代からしっかり資産形成して準備しておきたいですね。

積立投資は短期的な利益に期待できない面がありますが、着実に資産を増やしていける比較的低リスクな投資法なので、将来に向けた資産作りには最適と言えます。

将来のために資産形成から資産運用へ

資産形成から資産運用へ移行する

資産形成と資産運用は2つで1つになるので、どちらかが欠けてしまっては上手く資産構築していくことができません。

例えば資産形成として運用資金を貯めることができたとしても、銀行に預けたままだったり結局浪費してしまったら意味がありません。

対して資産形成ができていない状態で資産運用を無理に進めると、日々の生活に大きな負担がかかり、最終的に運用が維持できなくなる場合もあります。

 

最も大切になってくるのは、ゆとりのある資産を準備した上での積立投資による資産拡大を進めていくこと。

できるだけ早く資産運用を始めたい方は、20代からしっかり資産形成を行っておくことが必要になってくるというわけですね。

 

もしすでに銀行口座に余剰資金が眠っているなら、積立投資で資産運用をさっそく始めても問題はありません。

投資に使う余剰資金がなかなか作れないという方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
投資用の余剰資金を作る6つの方法
投資に使うお金がない?そんな人でも余剰資金を作れる6つの方法 これから投資を始めてみたいと考えてはいるものの、「投資に使えるようなお金がない。」という人は多いんじゃないでしょうか。 ...

先程もお伝えしましたが大手銀行の金利ではお金は増えない時代なので、自分でお金を運用していくのが効果的になりますね。

お金は怠けさせないようしっかり働いてもらう

人の影によって球体化されたユーロ

最近よく思うんですが、お金って本当に怠け者じゃないですか?

例え100万円の預金があっても、ちゃんとこっちから指示してあげないと一切動こうとしないので、24時間365日休みっぱなしなんですよね。

私がいくらせっせと汗水垂らして働いていても何にも助けてくれませんし、お金はただただ使われるタイミングを待っているだけです。

 

例えば会社の同僚や仕事仲間がいたとして、自分が休みなく働いているのに目の前でサボられたら、どう考えても「こいつなめてんの?」って私だったら思います。

それが銀行でずっと寝ている怠け者のお金なんです。

仮に上司の立場だったら叩き起してでも働かせようとするのが普通ですよね。

 

これは働かない人間に限らず、お金という立場でも同じことが言えると思います。

なので、働く戦力(余剰資金)があるなら、仕事場(資産運用)でしっかり働いてもらいましょう!

20代から資産運用ができるもの

資産運用を始めるための準備ができたとしても、実際にどんなものに投資すればいいのかがわかりませんよね。

そこで今期待されている投資法で、将来的に見てもしっかり資産構築できるおすすめの資産運用方法をご紹介しようと思います。

税金対策に効果抜群な「iDeCo(イデコ)」

マネックス証券のイデコ

iDeCo(イデコ)は個人確定拠出年金のことですが、簡単に言えば60歳まで受け取れない私的年金のようなものですね。

このiDeCoに積立したお金はなんと「全額所得控除」されるので、一般的な会社員の人が積立できる満額23,000円で1年間運用したら、年間80,000円~90,000円も節税できます。

さらに積立投資による運用益には通常約20%の税金がかかりますが、iDeCoならすべて非課税になります。

 

とにかく資産運用による節税効果が非常に高いメリットがあるので、積立投資にもおすすめの制度になっていますね。

ただし、収入が安定していないと毎月積み立てることが難しくなるので、常に余裕のある生活を続けられる人に限定されます。

とはいえ、毎年支払う所得税および住民税がiDeCoの積立でかなり安く済むので、利用する価値は高いと言えますね。

イデコの節税効果

安定収入が必要といってもiDeCoの掛け金を満額にする必要はないので、毎月5,000円の少額からでも始めることができます。

また、iDeCoが利用できる証券会社は何社かありますが、「マネックス証券」が今勢いがあって最小限の手数料しかかからないのでお得ですね。

▼詳細を確認してみる▼

マネックス証券の公式ページ

少額投資非課税の「つみたてNISA」

積立NISA

つみたてNISAはiDeCoと似ている制度ですが、大きく異なる点はいつでも積立金の売却・引き出しが可能であること。

単純に考えればiDeCoの欠点を、このつみたてNISAがカバーしてくれるわけですね。

つみたてNISAは掛け金の所得控除はありませんが、運用益はiDeCoと同様に非課税にすることができます。

また、非課税期間は最長20年と非常に長く、年間投資可能額は40万円までなので少額投資にも向いていますね。

積立NISAの投資期間

毎月で言うと約33,000円までの掛け金になるので、最大800万円の元本に対する利益を非課税にすることができます。

つみたてNISAは利用する金融機関によっても変化しますが、主要な証券会社であれば最低100円からでも投資が可能になっています。

つみたてNISAはiDeCoと同様に「マネックス証券」からお得に積み立てることができます。

▼詳細を確認してみる▼

マネックス証券の公式ページ

ロボアドバイザーの「ウェルスナビ

ウェルスナビのトップページ

このウェルスナビはAI(人工知能)であるロボアドバイザーが、運用プランの提案や投資商品の買付、保有資産の自動リバランスなどをすべて全自動でこなしてくれるサービスです。

ロボアドバイザーは何社かありますが、今最も人気が高いのがウェルスナビになっていますね。

自分で投資商品を選ぶ必要もないので、手間なく国際分散投資ができるのが魅力です。

 

AI技術が進歩している以上は、今後も色んな分野で自動化されていく流れになるでしょうし、これが当たり前になるのも近いんでしょうね。

運用手数料は年率1%と全自動サービスとしては安く、独自の税金最適化機能などが備わっているのも大きな特徴です。

ウェルスナビの投資サービス

自動的に国際分散投資ができて、リバランスや口座引き落としなどもすべてロボアドバイザーが行ってくれるので、自分でやることと言えば簡単な初期設定くらいですね。

ウェルスナビには1分で簡単にできる無料診断もあるので、まずは気軽に試してみるのがいいかと思います。

▼詳細を確認してみる▼

ウェルスナビの公式ページ

貸し手と借り手を繋げる「ソーシャルレンディング」

ソーシャルレンディングのクラウドバンク

ソーシャルレンディングは、ネット経由で小口に集めた資金を企業に貸し出して、出資者は分配金を得られるというサービスです。

主な仕組みとしてはクラウドファンディングと同様で、資金提供先は不動産や新エネルギー、新興国の企業など色々なジャンルがありますね。

 

先に紹介した資産運用のものよりも、利回り平均が高くて投資先によっては年利10%以上になる場合もあるのが特徴です。

ただし、利回りが高いところはそれだけリスクを伴うので注意が必要になります。

もしソーシャルレンディングに投資するなら、まずは年利5%~6%程度の案件を目安に投資した方が望ましいですね。

クラウドバンクの出資案件

出資期間は短いもので1ヶ月~6ヶ月ほど、長いもので1年以上の期間になり、運用期間中は元本を引き出すことができないのが少しネックになります。

また、元本保証はないので注意する必要もありますが、運用利益は毎月分配されることと、一度出資したらあとは見届けるだけなので比較的簡単な投資ですね。

ソーシャルレンディングの中では「クラウドバンク」が10,000円から少額投資が可能で、出資期間も短めの案件が多いので安心した運用ができます。

▼詳細を確認してみる▼

クラウドバンクの公式ページ

リターンに期待できる「仮想通貨積立」

Zaifのコイン積立

仮想通貨とはインターネット上にだけ存在している仮想空間にある通貨になります。

ビットコインが過熱したことで、仮想通貨という言葉も今は多くの人に認知されてきていますね。

仮想通貨市場は株式市場などと比べるとまだ遥かに小規模なので、今は不安定な面がありますがいずれは大きく成長する可能性を秘めています。

 

仮想通貨のシステムや通貨自体の価値も認められつつあるので、資産運用先としては最もリターンに期待できますね。

とはいえ、いきなり知識もなく自分で売買するのはリスクが高いので、仮想通貨の自動積立ができる「Zaifコイン積立」がおすすめです。

ザイフのコイン積立の設定

これは仮想通貨取引所の「Zaif(ザイフ)」で利用できるサービスなんですが、購入通貨と金額を設定するだけであとは自動積立ができるものです。

利用するには手数料が必要になりますが、手間なく積立投資ができるので投資初心者でも気軽に始めることができます。

投資によるリターンを求めている方は、仮想通貨の積立がおすすめですよ!

▼詳細を確認してみる▼

ザイフの公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨を積立するZaifのコイン積立が初心者におすすめな理由と注意点
仮想通貨を積立するZaifのコイン積立が初心者におすすめな理由と注意点 どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 国内の仮想通貨取引所の中でも「...

資産運用は複数にリスクを分散する

あなたに最適な投資先

ここでは以上の5種類の資産運用先をご紹介しましたが、できればそれぞれに分散投資するのが、リスク分散にもなって望ましいでしょう。

といってもいきなりすべてに投資するのも難しいと思うので、私なら以下のような方法で運用していきます。

あとは自分の生活スタイルや資金面のことを考慮して、できる範囲で積立投資していくのが基本になりますね。

もちろん資産形成ができた上での資産運用なので、まずはこの方向性に向けての準備が必要でしょう。

 

この中でどれかを優先するのであれば税金対策を行いつつ、ローリスクな投資ができる「iDeCo」と「つみたてNISA」ですね。

また、入出金の制限がなく運用時の自由度も高くて、運用に手間をかけたくないのなら「ウェルスナビ」や「Zaifコイン積立」がいいでしょう。

特にこの2つは長期的な複利効果も狙っていけるので、10年後や20年後には面白いことになっているはず。

資産形成と資産運用のまとめ

「年金だけじゃ将来が不安だし、資産運用を始めよう。」と考えている方は、まずその前準備となる資産形成から整えていくことになります。

30代や40代になってくると、ある程度はお金に関する知識や考え方が定着してくるものですが、20代はまだ大学生気分が抜けなかったり遊びに走ることも多いですよね。

 

ですが20代のうちに資産形成をしっかり整えておけば無駄遣いするようなこともなく、将来のために資産を築いていくことができます。

もし自分の銀行口座に「怠けているお金」があるなら、さっそく無理のない範囲で働かせていきましょう!

▼おすすめの積立投資法もみる▼

あわせて読みたい
積立投資のオススメは?運用に手間をかけず資産を増やしたい人向け!
積立投資のオススメは?運用に手間をかけず資産を増やしたい人向け! どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 資産運用の中でも、毎月コツコツ...

▼お金の悩みも解決しましょう▼

あわせて読みたい
お金の悩みランキングベスト10!辛い問題を解決する方法と必要な行動
お金の悩みランキングベスト10!辛い問題を解決する方法と必要な行動 どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 お金の悩みって人間なら誰でも抱えている...

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール