お金の悩み解決

資産形成は20代から!30代・40代でも遅くない100万円からの運用方法

資産形成は20代から!30代・40代でも遅くない100万円からの運用方法

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

2018年の今年で私は20代から30代になってしまうわけで、いわゆるアラサーに突入する節目の年になります。

 

20代の前半は仕事をがむしゃらにしていたんですが、30歳に近づいてくるとお金のことには特に敏感になってきますね。

ここ最近は将来のことばかり考えていて、お金を稼ぐことだけじゃなくてその先の資産形成をするために日々勉強しています。

 

勉強していくと今までお金と時間を無駄にしていたんだと実感することも多いですが、まだ早い段階で知ることができて良かったと思っています。

そこで30代や40代でも遅くない資産形成についてまとめたので、あまり意識したことがない人はぜひこの記事を読んでみて下さいね。

お金を稼ぐことの本質とは

数枚のコインと英字で書かれた本

 

資産形成について解説する前に、そもそも人はなぜお金を稼ごうとするのかを真剣に考えたことはありますか?

  • 生きるための生活費が必要だから
  • 美味しいモノを食べたり欲しいモノを買いたいから
  • ただ単純に贅沢な暮しがしたいから
  • 家族を養っていかないといけないから

理由は色々あると思いますが綺麗事を抜きにして言うと、ほとんどの人は今その瞬間をなんとか乗り越えるために必死になってお金を稼いでいます。

頭では理解していても現実問題になると、「そんなこと言ってられないよ。」という状況が大半になるでしょう。

 

ですが、そんな厳しい状況なのはあなただけではありませんし、あなた以上に厳しい現実に直面している人はたくさんいるはずです。

ホームレスになってしまった人や就職できずにニートとなってしまった人、詐欺などの被害に遭ってしまった人や多額の借金を抱えてしまった人など、世界中を探せばゴロゴロいますよね。

 

でも、そんな人たちの中から這い上がってお金持ちになった人も、当然のことながらたくさんいますよね。

こういう人たちって、お金を稼いだその先のことまで視野に入れて、計画的に行動しているんですよ。

 

要するにその考え方に行きつくかどうかと、あとは本人のやる気次第で厳しい現状なんていくらでも変えられるということ。

なのでお金を稼ぐことの本質は資産形成にあると私は考えています。

 

お金を稼ぐことではなくどう使うかが重要

様々なスマートフォンの使い方

 

資産形成が本質であると理解すれば、お金を稼ぐという行動は単に目的を達成するための手段でしかない為、手にしたお金をそこからどう使うかが重要になります。

資産形成とは文字通り資産を作り上げていくことで、まったくのゼロスタートから資産を少しずつ形成していくものです。

 

つまりは資産運用を行うための予備動作のようなものですから、資産形成は言わば「資金作り」ということですね。

「運用資金を稼ぐ=資産形成」「お金を投資する=資産運用」と考えた方がわかりやすいかもしれません。

 

私の場合で例えるなら、アドセンスや物販などのアフィリエイト収入を主な財源(資産形成)とし、そこで得た資金を投資(資産運用)に回す流れになります。

ただし、必要資金を除いた余剰資金で投資を行うことが、大前提となることに注意しておきましょう。

 

本業だけで余剰資金がどうしても作れないという方は、今からネット副業を始めれば貯まるスピードも早くなります。

参考:不労収入を月1万円でも作りたい人はブログに時間を投資しよう!

 

例えば収入が「本業20万円 + 副業10万円 = 月30万円」である場合、必要資金が15万円だとすると残りの15万円を投資に回すという感じですね。

今遊んで将来苦労するよりも今我慢して将来楽しく生きる方が私はいいと思っているので、手にしたお金の使い道はもう決まっています。

 

資産形成と資産運用は人生を大きく左右するものですから、ぜひ覚えておいて下さいね。

 

将来のために資産形成から資産運用へ

資産形成から資産運用へ移行する

 

1つ質問なんですが、「あなたは今、いくらくらいの貯金がありますか?」

もしすでに100万円以上のお金が銀行口座に貯まっている状態なら、早めに資産運用を始めるべきでしょう。

 

「100万円なんて貯まるわけないよ。」と思ったそこのあなた!それは単なる先入観や思い込みでしかありませんよ。

普通に働いている人なら、無駄遣いをしない限りは確実にお金は貯まっていくものです。

私が学生の頃は時給850円くらいのアルバイトをして、30万円~40万円ほどのビックスクーターを一括で購入したこともありますし。

 

会社員の人なら余裕で貯まるはずなんですが、どうしても無駄遣いが多くなってしまうんですよね。仕事のストレスが影響で。

そんな時は日々の生活に無駄がないかを一度見直すようにして、お金が貯まりやすい環境に整えていきましょう。

参考:投資に使うお金がない?そんな人でも余剰資金を作れる6つの方法

参考:逆算型の強制貯金!お金を確実に貯めたい人必見の伝家の宝刀4選!

 

お金が貯まったとしても銀行に預けたままでは宝の持ち腐れですよ。だって大手メガバンクの普通預金金利ってたったの0.001%ですからね。

お金が勝手に増える時代ではないので、資産形成ができたら資産運用の段階に移行してお金にお金を稼いでもらいましょう。

 

お金は怠けさせないようしっかり働いてもらう

人の影によって球体化されたユーロ

 

最近よく思うんですが、お金って本当に怠け者じゃないですか?

100万円あっても、ちゃんとこっちから指示してあげないと一切動こうとしないので、24時間365日休みっぱなしなんですよね。

 

私がいくらせっせと汗水垂らして働いていても、なんにも助けてくれませんから、お金って使われるのをただただ待っているだけです。

例えば会社の同僚や仕事仲間がいたとして、自分が休みなく働いているのに目の前でサボられたら、どう考えても「こいつなめてんの?」って思いませんか?

 

それがお金なんですよ。「だったら是が非でも働かしてやろう!」と私だったら思いますね。

上司の立場になって考えてみれば、少しは理解もできるかもしれません。

 

働かない社員をそのまま放置するような会社は今後生き残れるわけもなし、働かないお金もまたしかりですよ。

働く戦力(余剰資金)があるなら、仕事場(資産運用)でしっかり働いてもらいましょう。

 

20代から資産運用ができるもの

100万円ほどの貯金や投資に回せる余剰資金があるなら、20代からでも早速資産運用を始めていくべきですが、実際にどんなものに投資すればいいかわかりませんよね。

そこで今期待されている投資法で、将来的に見てもしっかり資産構築できるものをご紹介します。

 

税金対策に効果抜群な「iDeCo(イデコ)」

マネックス証券のイデコ

 

iDeCo(イデコ)は個人確定拠出年金のことですが、簡単に言えば60歳まで受け取れない個人年金のようなものです。

このiDeCoに積立したお金はなんと「全額所得控除」されるので、一般的な会社員の人が積立できる満額23,000円で1年間運用したら、年間80,000円~90,000円も節税できます。

 

投資もできて節税もできて、60歳以降になれば積立元本と運用益を受け取れる!素晴らしいメリットですよね。

ただし、収入が安定していないと毎月積み立てることが難しくなるので、常に余裕のある生活を続けられる人に限定されます。

とは言え、毎年支払う所得税および住民税がiDeCoの積立でかなり安く済むので、利用する価値は高いですね。

 

イデコの節税効果

 

まぁiDeCoの掛け金を満額にする必要はないので、収入源に心配のある若者世代は少額からの積立がいいでしょう。

また、iDeCoを行える証券会社は何社かあるけど、「マネックス証券」が今勢いがあって手数料もかからないからお得ですね。

 

少額投資非課税の「つみたてNISA」

積立NISA

 

つみたてNISAはiDeCoと似ていますが、大きく異なる点はいつでも積立金の売却・引き出しが可能であること。

単純に考えればiDeCoの欠点を、このつみたてNISAがカバーしてくれるわけですね。

 

また、投資に関する課税は基本20%になるんだけど、少額投資非課税だから積立NISAで運用した場合はこの税金がかかりません。

ただし、このサービスにはちょっと条件があって、積立できるのは2037年までで非課税期間は最長20年、年間投資可能額は40万円までなんです。

 

積立NISAの投資期間

 

毎月で言えば約33,000円までの掛け金が限界値ですが、最長で800万円の元本を掛けることができるわけですね。

投資に関して税金がかからないのは大きなメリットですし、始めておいても決して損はないでしょう。

積立NISAはiDeCoと同様に「マネックス証券」から手数料無料で積立できますよ。

 

ロボアドバイザーの「ウェルスナビ

ウェルスナビのトップページ

 

このウェルスナビは節税効果はありませんが、AI(人工知能)であるロボアドバイザーが全自動で最適な資産運用を行ってくれるんです。

人間よりも学習知能があるわけですから、資産運用のプロに任せるよりもコンピュータがやった方がいいよね、っていうことです。

 

AI技術が進歩している以上は、今後も色んな分野で自動化されていく流れになるでしょうし、これが当たり前になるのも近いんでしょうね。

初期投資額は10万円からになるんだけど、あとは10,000円からの積立で運用時の手数料は1%と安く、資産運用は自動だからハードルも低くて始めやすい。

 

ウェルスナビの投資サービス

 

自動的に国際分散投資ができて、リバランスなどもすべてロボアドバイザーが行ってくれるので、基本的に運用は放置でいいから手間もかかりません。

ウェルスナビには1分で簡単にできる無料診断があるので、まずは気軽に試してみて下さい。

 

貸し手と借り手を繋げる「ソーシャルレンディング」

ソーシャルレンディングのクラウドバンク

 

ソーシャルレンディングは、ネット経由で小口に集めた資金を企業に貸し出して、出資者は分配金を得られるというもの。

主な仕組みとしてはクラウドファンディングと同様で、資金提供先は不動産や新エネルギー、新興国の企業など色々なジャンルがありますね。

 

先に紹介した資産運用のものよりも、利回り平均が高くて投資先によっては年利10%以上になる場合もあるんですが、その分リスクも高くなります。

もしソーシャルレンディングで投資するなら、まずは年利5%~6%程度の案件に投資した方が望ましいです。

 

クラウドバンクの出資案件

 

出資期間は短いもので1ヶ月~6ヶ月ほど、長いもので1年以上の期間になり、運用期間中は元本を引き出すことはできません。

また、元本保証はないので注意する必要もありますが、運用利益は毎月分配されることと、一度出資したらあとは見届けるだけなので比較的簡単な投資ですね。

このサービスの中では「クラウドバンク」が10,000円から少額投資が可能ですし、出資期間も短めの案件が多いので安心した運用ができます。

 

リターンに期待できる「仮想通貨積立」

Zaifのコイン積立

 

ビットコインが過熱したことで、仮想通貨という言葉も今は多くの人に認知されてきましたよね。

ただ、2018年に入ってからの大暴落やハッキング事件などで、あまり良いイメージを持っていない人も多いかもしれません。

 

ですが、私から1つ言えることは仮想通貨がなくなることはほぼありません!

というのも、どんなに悪いイメージがあろうと仮想通貨自体には「確固たる価値」が存在しているからです。

 

まだまだ市場規模が小さい分、今後の成長率に大きな期待が持てるので、価格が下落している時期は逆に投資するチャンスだと私は考えています。

とは言え、いきなり知識もなく自分で売買するのはリスクが高いので、仮想通貨の自動積立ができる「Zaifコイン積立」が便利です。

 

ザイフのコイン積立の設定

 

これは取引所の「Zaif(ザイフ)」で利用できるサービスなんですが、手数料に注意して運用すればリスクを最小限に抑えた積立が可能です。

購入通貨と積立額を一度設定すれば、あとは毎月決まった日に引き落としされるので、初心者でも手軽な資産運用ができますよ。


Zaifの口座開設方法はこちら

Zaifコイン積立をもっと知りたい方は

仮想通貨を積立するZaifのコイン積立が初心者におすすめな理由と注意点

 

あなたに向いている資産運用先は

あなたに最適な投資先

 

ここでは以上の5種類の資産運用先をご紹介しましたが、できればそれぞれに分散投資するのが、リスク分散にもなって望ましいでしょう。

と言ってもいきなりすべてに投資するのも難しいと思うので、私なら以下のような方法で運用していきます。

100万円以上の余剰資金を銀行に預けていて、今後も安定した収入が継続的に入ってくるのであれば、以上の内容で月10万円~20万円ほどで運用する形ですね。

もちろんちゃんと資産形成ができた上での資産運用なので、まずはこの方向性に向けての準備が必要でしょう。

 

この中でどれかを優先するのであれば税金対策を行いつつ、ローリスクな投資ができるiDeCoとつみたてNISAですね。

また、入出金の制限がなく運用時の自由度が高くて、それなりのリターンにも期待できる運用がしたいのなら、ウェルスナビやZaifの積立がいいでしょう。

 

特にこの2つは投資期間が長期になるほど複利効果が拡大していくので、10年後や20年後には面白いことになっているはず。

 

まとめ

「年金だけじゃ将来が不安だし、資産運用を始めよう。」と考えている方は、まずその前準備となる資産形成から整えていくことになります。

30代や40代になってくると、ある程度はお金に関する知識や考え方が定着してくるものですが、20代はまだ大学生気分が抜けなかったり遊びに走ることも多い。

 

でも20代のうちに資産形成をしっかり整えておけば無駄遣いするようなこともなく、お金が持つ本来の価値を見出すこともできるでしょう。

100万円という余剰資金がなくても、今自分の銀行に「怠けているお金」があるなら、無理のない範囲で働かせていきましょう。

 

お金の悩みがある方へ

お金の悩みランキングベスト10!辛い問題を解決する方法と必要な行動

積立投資がよくわからない方へ

積立投資のメリット・デメリット!初心者向けにわかりやすく解説

\SHARE/

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、なんとか8ヶ月目で月間6万PV達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール