仮想通貨

coincheck口座開設の全手順を画像付きで図解!必要な設定なども解説

coincheck口座開設の全手順を画像付きで図解

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

追記

coincheckは1月26日の不正アクセスの一件で、現在は取引制限中なので金融庁に認可されている「Zaif(ザイフ)」か「bitFlyer(ビットフライヤー)」を利用することをオススメします。

ライトコインやリップルを安く購入するなら、取り扱う全通貨を板形式で取引できる「bitbank(ビットバンク)」がいいでしょう。

 

最近テレビCMでもよく見かけるようになった「coincheck(コインチェック)」は、ビットコイン(BTC)を始めとする数多くの仮想通貨(暗号通貨)を扱っています。

 

coincheckは仮想通貨の取引所の中でも、非常に操作性が優れていてパソコンからでもスマホアプリからでも、違和感なく使えて画面も見やすいのが特徴です。

特にスマホアプリでは、現在の価格や値動きの変動も瞬時に確認できるようになっているので、いつでもどこでも相場をチェックできますね。

 

使いやすさと仮想通貨の種類の多さに定評があり、初心者から上級者まで幅広く利用されている人気の取引所なので、coincheckの口座開設は早めにしておきたいところです。

そこで今回は、coincheck口座開設の全手順を画像付きで見やすく図解しつつ、必要な設定なども解説していこうと思います。

coincheck(コインチェック)口座開設の流れ

まずはcoincheckの口座開設を進めていく上で、基本的な作業の流れは以下のようになっています。

  1. coincheckの公式サイトにアクセス
  2. メールアドレスとパスワードでcoincheckにアカウント登録
  3. 電話番号認証をする
  4. 重要事項の承諾及び個人情報を入力する
  5. ご本人確認書類を提出する
  6. coincheck口座開設の手続き完了
  7. 3日以内に登録住所宛にハガキが届く

既存のFacebookアカウントを使うと、たったの10秒でcoincheckのアカウント登録が完了しますが、アカウントの使い回しはセキュリティ低下に繋がります。

できることならGmailなどで新しくメールアドレスを作成された方が安全なので、その辺も考慮に入れて登録作業に臨みましょう。

 

coincheckで制限なく取引をするためには「本人確認」が必要不可欠であり、これを行わないとWEBサイトの閲覧くらいしかできません。

ご本人であることを証明する確認書類はもちろんですが、coincheckではSMSによる「電話番号認証」も必要になります。

 

電話といっても通話する訳ではなく、送られてくるショートメッセージに記載されている「認証コード」を入力するだけの簡単な作業です。

coincheckの口座開設は10分~15分もあればできるので、ここでご紹介していく手順通りに手続きを進められてみて下さいね。

 

coincheck(コインチェック)のアカウント登録の手順

ここからご紹介していく作業手順はパソコンの画面を使ったものになりますが、スマホでもタブレットでも基本的な流れは同じですよ。

それではまず、coincheckの公式サイトの方にアクセスしましょう。

 

上記URLからアクセスすると、画面上部に日本語で表示するかのナビが出ているので、任意で英語表記からの切り替えが可能です。

 

coincheckのアカウント登録1

 

coincheckにアカウント登録する

「ユーザー登録」の項目があるので、そこに使用するメールアドレスとパスワードを入力して『登録する』ボタンをクリックします。

 

coincheckのアカウント登録2

 

ここで入力するパスワードは、特に難しく考えずに適当なものでも構いません。

ただし、忘れないようにだけ注意して登録作業を進めて下さい。

 

coincheckから登録メールアドレス宛に確認メールが届くはずなので、メールをチェックしてみて下さい。

 

coincheckのアカウント登録3

 

通常のメールボックスにメールがなければ、迷惑メールの方にも届いていないかを確認して、それでもなかった場合は「メールをもう一度送る」をクリックして、再度確認を行ってみて下さい。

coincheckから届いたメール内に記載されている以下のURLリンクをクリックしましょう。

 

coincheckのアカウント登録4

 

これでアカウント登録が完了し、coincheck取引所のページに移動します。

 

coincheck(コインチェック)口座開設の手順

ここからは口座開設の手続きを進めていくことになります。

 

電話番号認証を行う

まずは本人確認となる電話番号認証を行うために、『本人確認書類を提出する』のボタンをクリックします。

 

coincheck口座開設の手順1

 

携帯電話番号をハイフンなしで入力したら、『SMSを送信する』のボタンをクリックします。

 

coincheck口座開設の手順2

 

SMSが受信できない場合は、上記画像内のリンクから移動して電話番号を登録することで、手続きを進めることができます。

携帯電話に届いた6桁の認証コードを以下に入力して、『認証する』ボタンをクリックします。

 

coincheck口座開設の手順3

 

次の画面で先程SMSを送信した番号に、「電話番号認証済み」の表示があれば電話番号認証は完了となります。

 

coincheck口座開設の手順4

 

今後機種変更などで電話番号が変わってしまった場合は、再度新しい番号でSMSによる認証設定が必要となるので覚えておきましょう。

 

重要事項の承諾及び個人情報を入力する

電話番号認証の画面上部に「本人確認」の表示があるので、これをクリックしましょう。

 

coincheck口座開設の手順5

 

そうすると、「サービス利用における、各種重要事項の承諾について」の項目画面になるので、各種の内容について目を通しましょう。

 

coincheck口座開設の手順6

 

重要事項に問題がなければ全てにチェックを入れ、『各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する』をクリックします。

「各種重要事項に承諾済み」と表示されるので、『本人確認書類を提出する』をクリックしましょう。

 

coincheck口座開設の手順7

 

確認書類を提出する前に、以下の個人情報に関わる項目の入力を行っていきます。

 

coincheck口座開設の手順8

 

例で表示されている記入の仕方を確認しながら入力すれば、特に問題なく全ての項目を埋められると思います。

 

本人確認書類を提出する

個人情報入力後はそのまま下にスクロールすると、本人確認書類(IDセルフィー)の提出欄があるので、画像ファイルのデータを選択していきます。

 

coincheck口座開設の手順9

 

IDセルフィーというのは、本人確認書類とその本人が一緒に写っている写真を意味しています。

これによって、より確実で正確な確認ができることと、悪意のある登録者からの不正防止などに繋がります。

 

また、coincheckの口座開設で有効となる本人確認書類は以下のものになっています。

有効となる確認書類使用上の注意点
運転免許証裏面も必ず提出が必要
運転経歴証明書交付年月日が平成24年4月1日以降のもの
裏面も必ず提出が必要
パスポート顔写真と住所記載のページを提出
在留カード裏面も必ず提出が必要
マイナンバーカード裏面の画像は不要
住民基本台帳カード記載はないが裏面も提出
特別永住者証明書裏面も必ず提出が必要

 

※アップロードする画像ファイルは、png・jpg形式で合計30MBまでとなっています。

 

本人確認書類の提出まで終わったら、下部に「外国PEPs」に関する項目があるので、「該当しない」にチェックしたら『本人確認書類を提出する』ボタンをクリックしましょう。

 

coincheck口座開設の手順10

 

coincheck口座開設の手続き完了

確認書類を提出すると、「2. 本人確認書類の確認が完了するまで1〜2営業日お待ちください。」というメッセージが表示されます。

 

 coincheck口座開設の手順11

 

これでcoincheck口座開設の手続きは完了となり、登録した住所の方にハガキが送られてきます。

このハガキを受け取ることによって本人確認が完了し、coincheckで利用できる機能がすべて使えるようになります。

 

未確認状態では日本円の入金や仮想通貨の売買が制限されている為、ハガキを受け取るまでは基本的な取引はできないので、必ず受け取るようにしましょう。

 

coincheck(コインチェック)口座開設後の設定

coincheckの口座開設が完了したら、以下の設定を進めていきましょう。

  • パスワードの変更
  • 二段階認証の設定
  • 銀行口座の登録

パスワードは最初のアカウント登録時に、ちゃんと決めている人は変更の必要はありませんが、適当なものにしている場合はしっかり強度の高いパスワードに変更しておく必要があります。

coincheckの二段階認証はセキュリティが向上するだけでなく、独自保険の補償対象にもなるので、万が一ハッキングなどの被害に遭ってしまっても、補償が受けられるので設定しておいた方が安心です。

 

銀行口座はお金の出金時で利用することになるので、あらかじめ自分名義の口座を登録しておくのがいいですね。

口座の登録に関しては本人確認が完了してからになるので、まずはパスワードと二段階認証だけでもすぐに設定しておきましょう。

 

パスワードを変更する

まずはcoincheckのトップページから、右上にある『設定』をクリックします。

 

coincheckのパスワード設定1

 

そうすると「メールアドレスの変更」や「メールの受信設定」ができる画面に移動するので、その一覧にある「パスワードの変更」から現在のパスワードと新しいパスワードを入力して、『変更する』ボタンをクリックします。

 

coincheckのパスワード設定2

 

画面の上付近に「パスワードを変更しました」というメッセージが出ると、設定変更が完了となります。

 

二段階認証を設定する

次に同じ画面内の上部にある『二段階認証』のリンクをクリックしましょう。

 

coincheckの二段階認証の設定1

 

二段階認証を行うためには、スマホに「認証アプリ」をインストールする必要があり、すでにアプリがある方は『設定する』ボタンをクリックします。

 

coincheckの二段階認証の設定2

 

アプリがない場合は上記画像のリンク部分から、Google Authenticatorをインストールできます。

次の画面で表示されている「QRコード」を認証アプリでスキャンするか、「アカウントキー」を手入力して「6桁の認証コード」を取得し、そのコードを入力してから『設定する』ボタンをクリックします。

 

coincheckの二段階認証の設定3

 

そうすると、以下のように「設定済みです」とメッセージが表示されるかと思います。

 

coincheckの二段階認証の設定4

 

これでcoincheckの二段階認証の設定は完了となります。

 

銀行口座を登録する

本人確認が完了したら画面上部の「ウォレット」から、左メニューの『日本円を出金する』を選択して、『新しい口座を登録する』をクリックします。

 

coincheckで銀行口座の登録手順1

 

次に銀行名や支店名などを入力して、『登録する』ボタンをクリックします。

 

coincheckで銀行口座の登録手順2

 

銀行口座の登録が完了したら、以下のように登録内容が表示されているはずです。

 

coincheckで銀行口座の登録手順3

 

なお、coincheckへの入金は毎回手数料がかかりますが、振込先銀行が住信SBIネット銀行になる為、住信SBIネット銀行から入金をすれば、手数料を無料にすることができます。

 

まとめ

coincheckは仮想通貨取引所の中でも初心者向きで、取引画面やスマホアプリも非常に使いやすい仕様なので、初めての取引所としても最適です。

取り扱い通貨は13種類と国内取引所では多いので、coincheckだけでも十分仮想通貨の取引は可能ですね。

 

ただ、ビットコイン以外のアルトコインを購入する際は、スプレッドが高めになっているので注意しておきましょう。

また、coincheckは人気な取引所なので、本人確認のハガキが届くまでに1週間以上かかる場合がある為、すぐに仮想通貨の取引を始めたい方は早めに口座開設を済ませておきましょう。

 

 合わせて読んでほしい

仮想通貨取引所の選び方!危険性の低い厳選5社とオススメの安全対策

仮想通貨の危険性やリスクを知る!投資を始める前に必ず把握すること

おすすめハードウォレット3つ!保有通貨は安全な環境下で保管が鉄則

仮想通貨ウォレットを知る!安全に資産を保管してリスクを回避しよう

将来性のあるアルトコインは?2018年もオススメの注目仮想通貨TOP5

\SHARE/

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール