転職・アルバイト

自分の市場価値を診断して適正年収がチェックできる登録不要のサイト

自分の市場価値を診断!適正年収がわかる登録不要サイト

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

「世間一般的に見たら、自分の市場価値ってどれくらいなんだろう。」と考えたことはないですか?

 

市場価値は希少性や求められている需要みたいなことですが、言い変えれば「自分の存在価値」のようなもの!

そんな自分の市場価値に見合った適正年収を、ちゃんともらっている人ってどのくらいの割合なのかな。

 

そこで自分の市場価値を診断して適正年収をチェックするべく、色んなサイトを探し回ったところ、面倒な登録不要で診断できる便利なサイトを発見しました。

今回はそんな自分の市場価値を気軽に診断できるサイトや、私が実際に診断してみた結果なども合わせてご紹介します。

自分の市場価値の診断を登録不要でできるサイト

私が実際にサイトの診断サービスを使ってみて、「これは簡単で便利だな。」と感じたサイトをご紹介しますね。

自分の適正年収をある程度把握しておくと、転職の際にも役立つのでぜひ活用されてみて下さい。

 

PASONA CAREER(パソナキャリア)

パソナキャリアの年収診断シミュレーション

 

PASONA CAREER(パソナキャリア)は、転職エージェントとして有名なサイトでもありますね。

この年収診断シミュレーションでは、STEP1~STEP6までの全6問を3択から回答して、最後に簡単な学歴や職歴を入力するだけ。

 

パソナキャリアの年収診断の内容

 

こんな感じでパパッと診断が終わるのでほんの2分~3分くらいですね。

「こんなに簡単でいいの?」っていうくらい簡単でしたが、これで年収の相場を確認することができます。

 

もちろん診断は登録不要なんで、参考程度に気軽に調べてみるのがいいですね。

 

MIIDAS(ミーダス)

ミーダスの市場価値診断サービス

 

MIIDAS(ミーダス)は、インテリジェンスの転職者データを使った新モデルの転職サイトで、最適なマッチングを行ってくれます。

MIIDASの市場価値診断は、プロフィールから職務経歴、実務経験に語学・資格の項目を入力していく感じですね。

 

ミーダスの診断内容

 

こんなふうに質問が続くんですが全部で18問くらいあって、パソナキャリアの年収診断よりもかなり本格的になっています。

質問をすべて回答するのに、大体5分~7分くらいかかるかなと思います。

MIIDASも診断だけなら登録不要でできますし、それなりにしっかりした診断をしたいという人は、こっちを使ってみるのもおすすめですよ。

 

自分の市場価値を診断してみた結果

それでは実際に上記2つのサイトを使って私が市場価値を診断してみた結果、どのくらいの適正年収になったのかというと、こうなりました!

まずはPASONA CAREER(パソナキャリア)の診断結果から。

 

パソナキャリアで診断した適正年収

 

「うーん、これは低いのか。」って感じたけど特に資格も持ってないし、なんの取り柄もないからね。

でも、6年間働いていた会社では年収が330万円くらいだったから、そう考えると結構貰えるみたいです。

 

400万円くらいの年収だったら、もっと楽だったろうに。

「なんであんなに安かったんだよ!もっと払ってよ!」今の収入以上の市場価値があるんだよ私には!ってなるね。笑

 

そして次にMIIDAS(ミーダス)の診断結果はというと、「ハイ!ドンッ!」

 

ミーダスで診断した適正年収

 

「おっしゃぁぁぁー!!!メッチャ高いやん!」これほんまかいな。笑

単純に倍以上の年収になるんですけど、これが自分の本来持っている市場価値なのか。

 

今までどんだけ不当な扱いを受けて働かされていたんだって話ですよね。半年間はほぼボランティアで労働していたんですね。(こんな優しい人いないよ)

あとMIIDASの診断結果の下に、自分に来ているオファーの一部が表示されているんだけど、

 

ミーダスの診断で確約したオファー

 

「ん?んん??2000万円以上が1社!?」どんな企業のオファーなんだ。

それに850万円以上が3社もあるし、こんな結果を見たら「MIIDASさん、あんた凄いよ。」ってなりますよね。

 

ただこのメッチャ気になるオファーの内容を確認するには、MIIDASに登録する必要があるんですよね。(やりますねMIIDASさん)

でもせっかくここまでやったんで登録してみることにしました。

気になったままじゃなんかスッキリしないし、登録といっても無料なんで市場価値の診断をしたら、内容まで見た方が絶対にお得ですからね。

 

ということで、一応MIIDAS(ミーダス)への登録方法も簡単にご紹介しておきます。

 

MIIDAS(ミーダス)に会員登録する手順

MIIDASで自分の市場価値をまだ診断されていない場合は、以下の公式リンクから診断を開始できます。

 

診断結果が表示されたら、少し下に『MIIDASに登録してオファー内容を見る』ボタンがあるのでこれをクリックします。

 

ミーダスの会員登録手順1

 

次にMIIDASへアカウント登録するために、既存のFacebookアカウントかメールアドレスで登録するかを選択します。

どちらでもいいと思いますが、ここではメールアドレスを選択しますね。

 

ミーダスの会員登録手順2

 

次にMIIDASで使用するメールアドレスとパスワードを入力して、利用規約を確認したら『利用規約に同意の上次へ』ボタンをクリックします。

※パスワードの再入力がないので入力間違いに注意して下さい。

 

ミーダスの会員登録手順3

 

そうすると次の画面でSMSによる電話番号認証を行うので、お手持ちのスマホ携帯の電話番号を入力して、『送信』ボタンをクリックしましょう。

 

ミーダスの会員登録手順4

 

スマホ携帯の方へSMSのテキストメッセージが送られてくるので、そこに記載された4桁の認証番号を入力して『次へ』ボタンをクリックして下さい。

 

ミーダスの会員登録手順5

 

次に自分の情報を公開したくない企業があれば入力して、『次へ』ボタンをクリックします。

MIIDASの市場価値診断のときに入力した企業はすでに選択済みなので、自分が働いていた企業に公開されることはないですね。

 

ミーダスの会員登録手順6

 

次の画面では希望するオファー条件を設定することもできますが、今すぐに必要じゃないなら『今は設定しない』をクリックします。

 

ミーダスの会員登録手順7

 

このあとに簡単な質問を4問ほど進めたら、MIIDASへの会員登録は完了となります。

 

ミーダスの会員登録手順8

 

早速自分に来ていたオファーを見てみたら、「年収アップする企業って結構あるなー。」とか、「こんな分野の仕事もできるんだね。」っていうのもありましたね。

これはなかなかに面白かったなぁ。

自分でも気がつかないような情報が結構あるので、ぜひこの機会にMIIDAS(ミーダス)を利用してみて下さい。

 

自分の適正年収以外に転職力も診断したい方は

ここまでは自分の市場価値を診断して適正年収をチェックすることが中心でしたが、年収以外のことも診断してみたい!っという人も中にはいるはず。

私もそんな1人だったので、いいサイトがないかと探していたら、予想内定社数や転職力を6分野に分けて分析してくれる無料診断を発見!

 

それが転職サイト大手の一角「@type」が提供している「転職力診断テスト」です。

これは@typeの会員である約13万人のリアルな経歴データをもとに、キャリアアドバイザー監修で作られた便利ツール。

 

自分の転職力を100点満点で採点してくれるので、今の自分のレベルがどのくらいなのかが一目了然ですね。(10点とか20点だったりして)

診断の設問数は55問くらいあるんで、全部回答するのに大体6分くらいかかるかな。

 

回答は1問ごとに4択の選択式なのでサクッと進められて、診断結果の内容は細かく分析したアドバイスもある。

まぁ話だけ聞いてもピンとこないと思うので、実際に使ってみた内容をご紹介しますね。

 

ただ1つ注意点として@typeに会員登録しないといけないので、「登録不要じゃないと嫌だ!」っていう人はスルーして下さい。

@typeの会員登録は簡単な入力だけで、メールの確認とか詳細情報の入力とかはないんで、1分もあったら終わりますよ。

もちろん無料なので安心して下さい。

 

@typeに会員登録する手順

@typeに会員登録するために、まず公式サイトにアクセスしましょう。

 

上記リンクから移動した後にページ下部までスクロールすると、『登録して転職力診断テストを受ける』ボタンがあるのでこれをクリック。

 

 @typeの会員登録手順1

 

次に会員情報の入力画面になるので、必要な項目を入力・選択して会員規約などを確認したら、『会員規約・個人情報の取扱に同意して登録する』ボタンをクリック。

Yahoo!やFacebookのアカウントを持っているなら、そっちを利用して登録することもできます。

 

@typeの会員登録手順2

 

これで@typeの会員登録はすぐに完了します。(メッチャ簡単だね)

 

@typeの会員登録完了で診断テストが開始

@typeの会員登録が終わると、そのまま転職力診断テストの画面に移行するので、すぐに回答していくことができますよ。

 

@typeの転職力診断テスト

 

こんな感じで設問が並んでいるので順に答えていくわけですが、あまり適当な回答を選択していると診断の意味がありませんが、深く考え込む必要もないですね。

こういう診断テストは、今の自分が率直に思ったことを回答していけばいいので、パッと頭に浮かんだものを選択したらいいと思いますよ。

 

要は直感みたいなものですが、結局どれだけ考えても最終的には最初の考えに戻るってことが多いんで、私は初めに「これだ!」って思ったものを選んでいます。

診断内容は全部で3ページあって、特に2ページ目は個人プロフィールの入力・選択になるので、ここがちょっと面倒くさいかも。

 

3ページ目はスキルや資格についてで全て任意回答なので、ここは全スルーしてもちゃんと診断結果は出ます。

ただ、今後転職を真剣に考えているなら、しっかり入力しておいた方がいいですね。

私はそもそもスキルや資格を持っていないんで、最後はスルーするしかなかったけど。

 

まぁそれでも10分くらいは回答するのに時間がかかったので、ある程度時間があるときに診断するといいかなと。

 

@typeで自分の転職力を診断してみた結果

ということで私も@typeの転職力診断を受けてみたわけですが、その気になる診断結果はどうなったのかと言いますと、

 

@typeの転職力診断の結果

 

100点満点中なんと!「66.2点!!!」いい点でもなく悪い点でもなく、なんと言ったらいいのかねぇ。

これはそう!一言で表すとするなら「ザ・凡人!」ですよね。

 

総合順位も12674人中の7028位だし、自分でもそれなりに凡人であることは理解してたけど、想像していたよりも悪かったのでちょっとショック受けてます。笑

予想内定者数は1.9社だから、これって結構厳しい転職になりそうだよね。

予想年収は474万円と年齢からするとサラリーマンよりは貰える金額なんで、これは喜んでいいレベルなのか。

 

また、自分の転職力を6つの分野に分けて分析してもらった結果がこちら。

 

@typeの転職力診断の結果2

 

「ほうほう。なるほどなるほど。」自己分析力がなかなか高いんだね。

その他は平均★3とこれまた見栄えのない平均的な数値だよ。

6分野の簡単な能力説明もあるので、理解するためも一応確認しておきます。

自己分析力

自身の強み・弱み、志向、行動特性を多角的に分析し、論理的に理解する能力。

将来ビジョン策定能力

自身の将来を具体的に思い描き、それに向かって行動できる能力。

タイミング把握力

景気動向や企業の採用意欲、自身の状況などを考慮に入れ、ベストな転職時期を把握できる能力。

企業分析力

業界での優位性、ポジション、社風、財務状況など、様々な視点から企業を分析する能力。

交渉・説得力

書類作成やプレゼン、面接において、相手とうまく交渉し、納得させることのできる能力。

ビジネス基礎能力

仕事に取り組む姿勢や、業務スキルの高さなど、広く一般のビジネスに必要とされる能力。

 

これをもとにして診断内容が分析されているんですね。

コミュニケーションを取ったりするのはかなり苦手だし、交渉とか説得するようなことが低いのはそういうことか。

 

景気動向のチェックや経済状況の把握、企業を分析することとかは今頑張っている最中で、これから数年後にはもっと評価が伸びるはず!

なのでタイミング把握力と企業分析力が低いのは納得できるな。

 

また、ビジネス基礎能力の分析内容に、「ビジネス基礎能力がありますが、まだその能力を高められる余地がありそうです。」って書いてあって、今の方向性とメッチャ合致してるよこれ!

それに将来のために目標を立てて行動している最中なんで、未来ビジョン策定能力も★3.5とちょっと高かったし。

 

あと一番驚いているのは、ここ最近に「グッドポイント診断」を使って自己分析したばかりで、今回の診断結果で「自己分析力」が高くなっているこの共通点!

いやー@typeの転職力診断も、なかなか侮れない実力を持っているのかもしれない。

 

 転職の成功率を1%でも上げるためも診断を

転職を何度も経験している人ならまだしも、初めて働いていた会社を辞めてから初転職をするという人は、なにかと不安や心配になることも多いですよね。

自分の前職の年収は本当に適正値だったのか、もっと年収の高い企業に就職できるんじゃないのか、そんな悩みを抱えることも多くなります。

 

また、自分自身の能力を正確に把握できている人ってそんなにいないので、自分のことをよく知らないまま転職すると、失敗してしまうこともあるでしょうし。

そんなときにはまず自分の市場価値を診断して、今の自分の適正値をよく理解しておくことも大切ですよね。

 

この世の中にとって自分の存在価値がどれほどあるのかを知れば、そこから目指すべき方向性も見えてくるんじゃないでしょうか。

特に20代~30代の人は市場価値を理解しておくと、大きく将来を変える可能性がありますし、その後の影響力もかなりのものだと思います。

 

ここでご紹介してきた「MIIDAS(ミーダス)」の市場価値診断や、@typeの「転職力診断テスト」は内容を保証するものではありません。

ですが、これから転職活動を行う人の不安や心配などを少しは解消することはできます。

 

それで転職成功率が1%でも上がるのなら、利用しておいて損はありませんよね。

 

まとめ

というわけでここでは自分の市場価値を診断して、適正年収をチェックすることができるもの、自分の転職力を詳しく分析できるものをご紹介しました。

もちろんその診断内容の通りに物事が進むとは限りませんが、こうして自分のことを分析していくのって結構楽しいものですよ。

 

だって自分のことを客観的に捉えて、意見してもらえる機会ってあまりないじゃないですか!

自分自身では「これが強みでこれが弱みかな。」っと思い込んでいるだけで、実際には「え!?こんなことが!?」ってなることもある。

 

そんな意外な驚きがあるから診断って楽しいんでしょうね。

パソナキャリアの年収診断シミュレーションはとにかく簡潔ですぐ確認できるし、MIIDASの市場価値診断は会員登録すれば色んなオファーも見れる。

そして診断結果の適正年収も一番高いから嬉しい。

 

@typeの転職力診断テストは診断するのに会員登録がいるけど、簡単1分ですぐに診断を始められて、個人的には的中率もメッチャ高かったからね。

この中で強いてどれか1つをおすすめするならMIIDASになるかな。(適正年収も高いし。笑)

まぁでも、MIIDASの市場価値診断は新しい感じがして、ワクワクするような楽しめる診断だったから、これはぜひ試してほしい。

 

自分の本当の強みがわかる

グッドポイント診断なら無料で自分の長所・強みが診断できて超当たる

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれの兵庫県在住。気になることをただひたすらに書き続けて、なんとか8ヶ月目で月間6万PV達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。