マインド・考え方

お金を稼ぐ為に必要なマインド3つ!ビジネスを始める上での考え方

お金を稼ぐ為に必要なマインド3つ

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

今までは労働による働き方が主流でしたが、年々働き方の幅は広がっていて新たにビジネスを始める人は多くなっています。

 

特にインターネットの急速発展によって、ネットでできるビジネスが人気を集めており、誰でも手軽に始めることができるので、今後も新規参入者は増加していくはずです。

とは言え、労働収入とは違って簡単にお金が稼げるような甘い世界ではないので、まずはビジネスの基礎となるマインド(考え方)を理解しておく必要があります。

 

そこでこれからビジネスをスタートさせたいと思っている人向けに、お金を稼ぐために必要なマインド3つをご紹介します。

マインド①:メラビアンの法則を抑えておく

メラビアンの法則とは簡単に説明すると、人がコミュニケーションを取る上で何を一番重要としているのか、ということを割合で表しているものです。

 

メラビアンの法則を表す円グラフ
出典元:モチベーションアップの法則

メラビアンの法則による情報の優先度は、「視覚=大 聴覚=中 内容=小」になるので、コミュニケーションにおいて最も重要になるのは視覚情報です。

つまりいくら話し方や内容が良くても、結局は見た目や表情などによって5割以上が決まってくるわけですね。

 

この情報だけではわかりにくいかもしれないので、それぞれについてもう少し詳しく解説していきます。

 

視覚情報について

視覚情報は人の見た目や表情などを意味することですが、人間は第一印象として視覚から得た情報を優先するものです。

例えば、初めて知り合った人と対面する時に、あなたはまずその人についての情報を何から知ろうとしますか?

 

真っ先に得られる情報は普通に考えるとその人の外見や服装、雰囲気や表情の豊かさなどになると思います。

初めて会った人がどんな人なのかもわからないうちに、いきなり話を聞いたり内容を確認するということは考えにくいですよね。

 

また、髪型がボサボサで金髪かつ服装はジャージでだらしない格好の人と、清潔感のある黒髪で整った髪型かつスーツでバッチリきまった人とでは、与える印象は大きく違ってきます。

話し方や内容がいくら良いものであっても、見た目の評価が低ければすべてが台無しになるということです。

 

聴覚情報について

視覚の次に重要になってくるのが聴覚情報であり、声のトーンや大きさなどの話し方で印象も変わってきます。

これはセールストークが上手い人と苦手な人で差が出る部分ですが、これは誰しも初めは上手くできるものでもありません。

 

聴き手からすれば、オドオドした口調で声も小さく自信のないような話し方をする人より、ハキハキしていて自信を持った堂々とした話し方をする人の方が信頼できますよね。

ただ、こればっかりは経験を積まなければ成長できないので、少しずつでも実践していくことが必要になってきます。

 

いきなりセールスを行ったところで聞いてももらえないので、まずは友達感覚で情報交換ができるくらいに持っていくのがいいですね。

何回かやり取りを繰り返せば、それなりの信頼関係を築くこともできるでしょうし、自分がセールスばかりしてくる面倒な存在でないことを証明していくことが大切です。

 

内容について

コミュニケーションにおいては内容が最も重要度の低いものになりますが、これはあくまでも情報公開の段階が後手に回るからです。

優先度が低いからといっても、最終的にオススメする内容が低品質であれば成約に繋げることは難しくなります。

 

せっかく見た目や話し方が完璧なのに、内容がダメダメだったら見かけ倒しのレッテルを貼られてしまいますよね。

人が自分の作ったコンテンツやサービスを見て、「凄く興味がある!もっと詳しい内容を教えて!」と思ってもらえる内容であることは条件の1つです。

 

ここを疎かにしてしまっては、根本的にビジネスである目的を達成できないので、魅力的な内容にすることも考えていきましょう。

 

マインド②:迷ったらとりあえず行動する

行進する羊の群れ

 

ビジネスを新たに始める時には、「成功できるか不安だ。」「まずはじっくり考えよう。」など、とにかく行動する前に情報を得ようとするものです。

もちろん情報収集は大事なことですが、情報がありすぎて迷ってしまうことも多く、それだけではなかなか前に進まない状況になってしまいます。

 

迷っていてはいつまで経っても成長に繋がらない原因になったり、実際に行動してみることでしか得られないものもあります。

その中でもビジネスに重要となってくるのが「経験」「人脈」になります。

 

いくら考えても経験は得られない

考えることや情報を収集することで知識をつけることはできても、実際に行動してみないとわからないことはたくさんあります。

自分の手で取り組んでみると想像していたものと全く違っていて、今までに集めてきた情報が根本的に間違っていた、ということもよくある話です。

 

知識を活かすためにも行動する必要がありますし、自分の肌で感じた体験からでしか経験は積み重なっていきません。

例えばわかりやすい例で言うと、運転免許を取得する時なんかがそれに近いですね。

 

運転免許を取得するには「学科」「実技」があり、その両方を習得しなければ坑道で車を運転することはできませんよね。

学科で車の操作方法や仕組みだけを学んでも、実際に車を運転してみないことにはアクセルやブレーキの感覚、ハンドル操作や制動力がどんなものなのかがわかりません。

 

つまり実技がなければ運転免許は取得できないことと同様に、ビジネスも行動しなければ前には進まないということです。

 

人脈は自分から行動して作るもの

次にビジネスを始める場合は基本的に1人の力で行うことが多く、ネット上の情報を頼りに見よう見まねでスタートさせることがほとんどでしょう。

自分の身の回りにビジネスに精通しているような人がいない限り、大半の人は自力で勉強して自力で成長しようとします。

 

これはなぜかと言うと、ネットの情報を鵜呑みにしてビジネスは簡単だと思っていたり、教えてもらうことに抵抗を感じているからでしょう。

また、SNSなどで多くの人からビジネスの勧誘などもあり、「信用できない。」と感じている人も多いのではないでしょうか。

 

ですがその中には、ビジネスを正しく教えてくれる「メンター(指導者)」も存在し、ビジネス成功者からの教えを受けることができます。

こうした人脈を作っていくためには、自分から積極的にやり取りをして「本気でお金を稼ぎたい!」という意思を伝える必要があります。

 

自分を指導してくれるメンターを見つければ、ビジネスの成功確率は飛躍的に高くなるので、人脈の確保は重要になってきますね。

 

マインド③:先行投資した方が成果が早いと知る

砂時計と外国のお金

 

先行投資とはその名の通り、得られる成果を見越して先にお金を投資することです。

例えば英語を覚えたいと思うなら「英会話教室」に通ったり、料理が上手くなりたいと思ったら「料理教室」に通う方は多いでしょう。

 

これはすでに英語や料理が上手いメンターに教わることで、自分も確実に上達すると考えているからであり、そのためなら10万円や20万円の費用を支払う価値があるからです。

だったらビジネスも同様に先行投資をして、メンターに教わった方が成果が出やすくなるのは当然のことです。

 

「お金を払いたくない。」「無料で情報を手に入れたい。」と考える人は多いですが、所詮は無料である価値しかないので、そんな情報だけで稼げるようになれば誰も苦労はしていないはずです。

無料の範囲内でもそれなりに稼げるレベルになる場合もありますが、費やす時間が膨大で成果も伸びにくいことがほとんどです。

 

できるだけ短期間に大きく稼ぎたいと考えるなら、先行投資を惜しまずにメンターから直接稼ぐ方法や、教育を受けた方が圧倒的に効率が良いでしょう。

 

お金がないならクレジットカードを活用する

ビジネス成功者であるメンターから教育を受けたいけど、コンサルやコミュニティに参加するには10万円単位のお金が必要になってきます。

「今払えるお金はないから貯まってからにしよう。」と考える人もいますが、本気でビジネスをしたいという気持ちがあれば、クレジットカードを活用したほうがいいですね。

 

例えば30万円でビジネスを教えてくれるメンターがいたとして、今から毎月3万円ずつ貯めていったとすると、10ヶ月後にようやくビジネスを始めることができます。

対してクレジットカードで30万円を借りて先に投資すれば、毎月3万円を支払いながらも今すぐにビジネスを始めることができますよね。

 

また、10ヶ月の返済中に5万円・10万円と稼げるようになれば、早々に返済を終わらせてそこからは自分の収益となっていくことになります。

もちろん成果が出ない可能性もありますが、しっかりメンターの教え通りに行動していれば、常にゼロの状態というのはそうそうありません。

 

仮に自力でビジネスをしていたとしても、数ヶ月継続していれば必ず何にかしらの成果は出てくるものなので、これがビジネス成功者の教えとなれば結果はついてくるはずです。

もし「今すぐにお金が用意できないけど、本気でビジネスを始めたい!」と思っている方は、クレジットカードを活用することを検討してみて下さい。

 

クレジットカードを作ったことがないという人は、特典やポイント制度などが優秀な「楽天カード」が便利で使いやすいですね。

一般的な会社員の方であれば、キャッシング枠が30万円程度あるカードが簡単に作れるので、カード会社に迷ったらここを利用されてみて下さい。

 

まとめ

今の世の中では会社で正社員として働くという考え方は古く、ネット上を探せばお金を稼ぐ方法はいくらでも見つかります。

ネットビジネスそのものはかなり前から存在するもので、すでに月収100万円や1,000万円レベルの成功者はたくさんいる状況です。

 

会社の下で働いて労働を続けても、どんな大企業であろうと将来は倒産するリスクがあったり、AI技術の発展によって職を失う可能性も高くなることは間違いないでしょう。

そうした理由からビジネスを始める人も多いので、自分の将来を明るくするためにも今から働き方を変えることを検討していきましょう。

 

初期投資の資金を作りたい方へ

数時間で10万円を確実に稼ぐ!ASPセルフバックを利用した方法を解説

投資に使うお金がない?そんな人でも余剰資金を作れる6つの方法

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール