金融機関で借りれるお金(ローン)の種類と返済困難になった時の対処法|きにぶろぐ.com
当ブログと運営者について
お金の悩み解決

金融機関で借りれるお金(ローン)の種類と返済困難になった時の対処法

金融機関で借りれるお金(ローン)の種類と返済困難になった時の対処法

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

お金を一度も借りることなく人生を過ごせる人はそう多くはないので、どこかのタイミングで出費が重なったり、収入が減ったりすれば借り入れをする必要が出てきます。

 

そんな時には「消費者金融から借りるのは心配。」という人は多いので、金融機関から借りることを考える方もいるでしょう。

ただ、お金を借りる以上は金利を支払う必要がありますし、用途によって種類も分かれているので、よく知らずに融資を受けると後々になって損をすることにもなりかねません。

 

まずは金融機関で借りれるお金(ローン)について把握した上で、自分に最も最適な種類を選ぶようにしましょう。

また、どうしても返済が困難になってしまう可能性もあるので、そうした場面に直面した時の対処法も含めてご紹介していきます。

金融機関で借りられるローンとは

ユーロ札を握手で渡す

 

金融機関で借りることができるローンには、大きく分けて以下の3つがあります。

  • 融資の早いカードローン
  • 用途が自由で低金利なフリーローン
  • 大きい金額が借りれる目的別ローン

それぞれのローンについて、特徴などを簡単にご紹介していきますね。

 

融資の早いカードローン

カードローンは一度契約してしまえば、利用限度額内なら何度でも借り入れを行うことができるタイプです。

無担保ローンの一種ですが、基本的にはクレジットカードのキャッシングと似たようなものになりますね。

 

カードローンの利用用途は指定されている訳ではないので、日々の生活費に使ったりショッピングなどに使ったりと、原則自由な使い方ができる特徴があります。

また、申し込み後に即日融資を受けられる即効性がありますが、借り入れ可能限度額は年収の3分の1になることが多いので、高額なお金を借りるのは難しいでしょう。

 

カードローンの特徴

担保や保証人が必要なく一度の契約で借り入れは無制限で利用可能。

申し込み後の即日融資が可能だがローン金利は高め。

限度額は年収の3分の1程度なので高額融資には期待できない。

 

用途が自由で低金利なフリーローン

フリーローンはその名からわかるように、利用用途は基本的に自由なローンなのでカードローンに近いですが、借り入れ時の金利はこちらの方が安い場合が多いですね。

フリーローンの大きな特徴としては、「借り入れは1回限り」という決まりになっているので、カードローンのように何度も引き出せるものではありません。

 

また、申し込みから融資を受けるまでに1週間以上かかる場合が多いので、今すぐにお金が必要という際には対応できないローンです。

若干カードローンよりも審査が厳しいかもしれないので、場合によっては審査落ちしてしまう可能性もあります。

 

フリーローンの特徴

担保は不要で利用用途は自由だが借り入れは1度きり。

カードローンに比べて審査は若干厳しいが低金利で融資が可能。

融資を受けるまでに1週間以上かかるので即日融資はできない。

 

大きい金額が借りれる目的別ローン

目的別ローンは他の2つのローンと違って、借り入れできる資金の使い道が特定の内容に限定されるローンになります。

主に利用されているのは「住宅ローン」や「自動車ローン」などですが、3つのローンの中で最も低金利で融資を受けられるメリットがありますね。

 

申し込みには担保や保証人が必要だったり、特定の書類提出を求められるので手続きは面倒ですが、高額融資を受けられる場合がほとんどです。

目的別ローンは頻繁に利用するものではなく車や住宅の購入、結婚式などの大きなお金を一度に動かす時に使うローンですね。

 

目的別ローンの特徴

融資の使い道は限定されるが最も低金利で借りられる。

担保や保証人が必要で書類提出などの手続きが面倒。

融資までに時間はかかるが高額融資が受けられる。

 

金融機関からお金を借りる際は利息に注意

虫眼鏡ごしにある外国のお金

 

これは金融機関に限ったことではありませんが、お金を借りる以上は貸し手側に利息(金利)を支払う必要があります。

支払うことになる利息のパーセンテージは、申し込むローンの種類によって大きく変わってきます。

ローンの種類支払う利息(金利)
カードローン約2%~18%
フリーローン約3%~14%
目的別ローン約0.5%~9%

 

目的別ローンは、日々の生活費やちょっとしたお買い物などで使うローンではないので、低金利なことは魅力的ですが、便利性に関してはそこまで高くはありません。

毎月の支払いなどで使用する場合は、カードローンかフリーローンになりますが、借り入れしたい金額がある程度決まっているかで選択が分かれるでしょう。

 

例えば、とりあえず30万円が必要と明確に借りる金額がわかっている場合は、フリーローンで金利を抑えることができます。

対して今すぐには5万円程度あれば十分だけど、今後も数万円程度が必要になる可能性がある場合は、カードローンが便利ですが支払う利息がその分高くなります。

 

各ローンによって金利差はありますが、どのローンを利用したとしても必ず利息を支払うことになるので、融資を受ける際は十分注意して下さいね。

 

返済が困難になってしまった時の対処法

お金を借りた時点で当然のことながら、毎月の返済が開始されて「元金+利息」を含めた金額を支払っていきます。

ですが融資を受けた金額が大きいほど返済期間は長くなるので、始めの間は順調に返済できていたとしても、環境の変化で徐々に返済が遅れる場合もあるでしょう。

 

計画的に行動しなければ返済資金を消費してしまい、いずれは返済が困難となって滞ってしまう可能性があるので、そうなると生活も苦しくなってしまいます。

借金生活の流れが一度構築されてしまうと、悪循環が続いて抱える借金の額も肥大化していく一方です。

 

もしこうした生活リズムで数百万円の借金ができてしまった場合は、そのまま放置してしまうと借金地獄から抜け出せなくなります。

また、すでに借金で身動きが取れない状況の方は早急に対処する必要がありますが、そこで活躍するのが「借金減額診断シミュレーター」です。

 

街角法律相談所のシミュレータ

 

このシミュレーターは簡単な質問に答えるだけで、1分もあれば借金の減額方法や減額可能金額がわかるツールになっています。

診断結果をもとに借金の減額を希望する場合は、そのまま弁護士や司法書士に依頼できるので、わざわざ自分で探す手間も必要ありません。

 

また、シミュレーターの利用は「匿名無料」でできるので、まずは気軽に診断を行って今の借金が減額できるかを確認することから始めましょう。

 

まとめ

クレジットカードのキャッシング枠を利用して借り入れをする人は多いですが、使い慣れた銀行などの金融機関から直接借りる方が安心できるという方もいます。

銀行のローンであれば使い道によってそれぞれの種類を選べたり、低金利な高額融資を受けたりすることも可能です。

 

ただ、できることならお金は借りずに自己資金だけでなんとかできれば、それに越したことはないでしょうし、毎月の返済リスクもありませんよね。

これから金融機関などでお金を借りることを検討されている方は、十分な返済計画を立てることと、万が一のことを考えて対処法などもしっかり把握しておきましょう。

 

合わせて読んでほしい

自転車操業を脱出!?増えた借金の減額方法がここまで簡単だとは!

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール