ワードプレス

ワードプレスのデータを復元!BackWPupを使って復元させる方法を図解

BackWPupプラグインでデータを復元させる方法

フリーマン
フリーマン
どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

ワードプレス(WordPress)でブログやサイトの大事なデータを、定期的に自動でバックアップしておくことができるプラグインが「BackWPup」です。

 

実際にデータを復元させる機会はそう何度もある訳ではありませんが、いついかなる時に不慮の事態が起こるもかわからないので、常に対応できる準備はしておくことに越したことはないと思います。

「BackWPup」はよく使用されているバックアップ系のプラグインですが、バックアップを取ってそこで作業を終了している方も多いのではないでしょうか。

 

それではいざ、ワードプレスのデータを復元するという時に方法がわからず、上手く作業を進めることができないので時間を取られてしまいます。

その為にもバックアップファイルをワードプレスに復元させる方法を、あらかじめ確認して把握しておくことも重要です。

今回は「BackWPup」で保存したバックアップファイルの復元方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

バックアップからデータ復元までの一連の流れ

まずはバックアップファイルの保存から、ワードプレスのデータ復元までの作業工程を把握しておきましょう。

  1. バックアップファイルの作成・保存
  2. FTPソフトでファイルをサーバーにアップロード
  3. 「phpMyAdmin」でデータベースを復元
  4. ワードプレスの動作チェック

以上の流れでワードプレスの復元を行いますが、FTPソフトを使ったりデータベースの復元をしたりすることはあまり経験のない方も多いでしょう。

初めは利用するのに戸惑ってしまう部分もあるかと思いますが、一度覚えてしまえば操作自体は簡単なものなので、手順通りに進めてもらえれば問題はありません。

 

※ここでご紹介する内容はあくまで同一のサーバー間での復元方法になりますので、別のサーバーに引っ越しを行う場合は作業工程が少し異なるので注意して下さい。

それでは復元方法の各工程について順番にご説明していきます。

バックアップファイルの作成・保存

バックアップファイルは、ワードプレスの「BackWPup」プラグインで作成することができます。

作成したファイルの保存方法は、主にプラグインから直接パソコンにダウンロードするか、FTPソフトを使ってパソコンにアップロードする方法などがあります。

詳しい方法に関しては以下の記事でご紹介していますので参考にして下さい。

BackWPupプラグインの設定と使い方
まるっと自動バックアップ!BackWPupプラグインの設定と使い方 ワードプレス(WordPress)で不慮の事態が起こってしまい、ブログやサイトのデータが全て消えてしまった!なんて最悪なこと...

FTPソフトを使用する場合は、私も愛用している「FFFTP」が使いやすくておすすめです。

バックアップファイルが保存できたら、ファイルを開いて内容を確認しておきましょう。

FTPソフトでファイルをサーバーにアップロード

次にバックアップファイルをFTPソフトで、ワードプレスサーバー内にアップロードしていきます。

FTPソフトを起動して接続したら、右側のサーバー側ファイルから復元させたいブログファイルを選んで、「public_html」を選択するとワードプレスのサーバーファイルが表示されます。

パソコン側のバックアップファイルを、フォルダまるごとサーバー側にアップロードして下さい。

ただし、「backwpup~pluginlist」「backwpup~wp.sql」「backwpup~readme」のように「backwpup」で始まるファイル、「manifest.json」のファイルはアップロードする必要はありませんので除外します。

 

「wp.sql」のファイルに関しては、データベースの復元時に必要となるので削除しないようにしましょう。

「phpMyAdmin」でデータベースを復元

ファイルのアップロードが完了したら、次にデータベースの復元作業を行います。

「phpMyAdmin」とは、レンタルサーバーでデータベースを管理し、ワードプレスなどのサーバー専用の「SQL」を操作できるツールになります。

 

レンタルサーバーは色々ありますが、ここでは私が使用しているエックスサーバーで作業を進めていきます。

他のレンタルサーバーでもphpMyAdminは使用できますので、同様の流れで復元作業を進めることができるかと思います。

エックスサーバーで「phpMyAdmin」にログイン

「phpMyAdmin」にアクセスしてログインするには、「サーバーパネル」にログイン⇒『phpmyadmin(MySQL)』をクリックします。

「phpMyAdmin」のログイン認証画面が表示されますので、「ユーザー名」「パスワード」を入力して『ログイン』をクリックします。

ここで入力するユーザー名はサーバーパネル「MySQL設定」内に記載がありますが、エックスサーバーは複数データベースが存在するので、復元するワードプレスの対象データベースのユーザー名を選択します。

 

パスワードがわからない方は、ワードプレスの「wp-config.php」ファイル内の「DB_PASSWORD」に記載されています。

phpMyAdminにアクセスできない!?エックスサーバーのログイン方法 どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 レンタルサーバーのデータベース...

以下のように表示されていれば「phpMyAdmin」のログインは完了です。

左上に選択中の「対象のデータベース」が表示されています。

SQLファイルのインポート

上部のタブから「インポート」を選択して、「アップロードファイル」にチェックが入っていることを確認したら、「ファイルを選択」からSQLファイルをアップロードします。

ここでアップロードするファイルは、バックアップで保存した「wp.sql」のファイルになります。

ファイルの容量上限は「最長: 2,000MiB」となっているので、容量をオーバーしている場合はアップロードできません。

 

その場合は圧縮することでサイズを縮小することが可能なので、SQLファイルを「右クリック」⇒「送る」⇒「圧縮(zip 形式)フォルダー」で圧縮してからファイルをアップロードしましょう。

その他にも設定を変更できる項目がありますが、ここは特に変更する必要はありませんので一番下にある『実行』をクリックします。

これで「phpMyAdmin」でのデータベースの復元は完了となります。

ワードプレスの動作チェック

最後にワードプレスが正常に復元されているか、動作のチェックを行っておきましょう。

問題なく動作していればデータの復元は完了ですが、もし正常に表示されていない場合は以前のキャッシュ(閲覧履歴)がまだ残っている可能性があります。

 

その時はブラウザのキャッシュを全て削除してから、再度ワードプレスの確認を行ってみて下さい。

また、プラグインの動作が不都合を起こしている場合は、再インストールで症状が改善される可能性が高いので一度試してみることをオススメします。

BackWPupのデータ復元方法まとめ

今回ご紹介したワードプレスのデータ復元方法は、初心者の方にとっては少しわかりづらい操作もありますが、FTPソフトやデータベースについての理解を深めることができます。

FTPソフトは特にワードプレス内の不都合や、データの修正を簡単に行うこともできる便利なソフトなので、使い方を覚えておくと何かと役に立つ機会も多くなります。

 

ワードプレスではプラグインの導入やCSSコードのカスタマイズで、自分流のブログやサイトにアレンジすることができる半面、トラブルやエラーが発生することもしばしばあるのでデータの復元はできるようにしておきましょう。

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール