ブログ運営

noteとブログの違いを比較!実際に使ってみてわかったことのまとめ

noteとブログの違いを比較!

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

恥ずかしいお話ですが、最近になって「note」がブログサービスの1種だと知りました。笑

 

今までは独自コンテンツの配信に特化したPDFか何かだと思っていて、まったく触っていなかったんです。

ですが、ここ最近になってよくTwitterなどで話題になっていたので、この流れに乗って私も早速登録してみました。

 

そこで実際にnoteで記事を書いてみたんですが、ブログとは使い勝手が違う部分は多いです。

今回はnoteとブログで何が違うのかを、それぞれで比較した結果をまとめてみました。

noteとブログの決定的な6つの違い

noteにできてブログでできないことや、逆にブログでできてnoteにできないことが大きく分けて6つあったので、それぞれについて簡単に解説していきます。

 

違い①:noteなら価格設定が自由な有料記事が書ける

noteの有料記事とブログの無料記事

 

ブログではメルマガなどを利用しない限りは、基本的に投稿する記事は無料公開になりますが、noteの場合は自分で有料か無料かを決めることができます。

記事の前半部分を無料で公開し、後半を読むには購入する必要があるような設定も自由にできるのが特徴です。

 

上限はありますが販売価格も自分で設定できるので、自分の書いた記事の価値が目に見えてわかるというわけですね。

ただし、noteの売上から15%ほどが手数料として持っていかれるようなので、注意しておかないといけません。

 

違い②:広告の掲載ができるのはブログのみ

noteは広告NGでブログは広告OK

 

ブログで収益化する際には、AdSenseなどのアフィリエイト広告を貼るのが一般的ですが、noteではそうした広告関連の掲載はできません。

ブログは記事の有料化はできない代わりに、広告を利用して収益化することができ、noteは広告からの収益は得られない代わりに、記事を販売して売上を出すことができる。

ここは収益化の方向性によって使い道が分かれるところでしょう。

 

広告の場合は読者から直接お金を貰うわけではないですが、有料記事の場合は読者が直接購入することになります。

noteは自分のコンテンツがお金に変わる喜びがある一方で、責任感もかなり大きいものと言えますね。

 

違い③:noteにはサイドバーがない

noteはサイドバーなしでブログはあり

 

ブログであればサイドバーに広告を貼ったり、人気の記事やカテゴリーなどを表示したりできますが、noteにはそんなサイドバースペースがありません。

noteはシンプルに記事を書くことや、記事を読むことに集中できる仕様になっていて、純粋に書く作業を楽しむことに特化していますね。

 

難しいことは考えずに、すぐに記事を書いてみたいという人には向いているサービスですし、文章力がついてきたら有料にして収益化も可能です。

ただ、WordPressのようにブログが自分の資産とはならないので、noteのサービスが終了すると利用できなくなる可能性はあります。

 

違い④:デザインのカスタマイズはブログのみ

noteはカスタマイズNGでブログはOK

 

noteはブログのようにCSSやHTMLによって、デザインなどを自分専用にカスタマイズする機能はありません。

なので、noteを利用することを考えている人は、デザインの差別化はできないと思っておきましょう。

 

見た目を色々変更して楽しみたい場合は、WordPressなどの一般的なブログ媒体を使うことになりますね。

こうしたデザインのカスタマイズはブログの楽しみの1つでもありますが、ハマりすぎると記事作成が停滞するので、程々にしておかないとキリがありません。

 

違い⑤:noteにはエディタ機能がない

noteはエディタなしでブログはあり

 

ブログなら拡張機能で強化すれば、簡単に高機能エディタで本文中を色々と装飾することが可能ですが、noteでは簡単な機能しかありません。

noteでできるのは、「文字の大きさ(1段階だけ)」「太字」「中央揃え」「リンク挿入」など6種類のみです。

文字カラーも赤や青などはないので基本は黒になっています。

 

必要最低限のシンプルな機能だけしかありませんが、ブログカードをキレイに表示できる機能はあるので、これはかなり使えると思います。

 

違い⑥:noteの主なアクセスはフォロワー

noteはフォロワーメインでブログは検索流入のアクセス

 

アクセスの流入先と言えばGoogleなどの検索流入、もしくはTwitterなどのSNSからの流入になると思いますが、noteのアクセス源のメインはフォロワーです。

ブログのように検索流入に頼っていないので、SEOを意識して記事を書く必要はほとんどありません。

 

SNSからの流入もありますが、note内でフォロワーを作ることがアクセスを集める上では重要になってきますね。

また、ブログと違って検索に依存しない分、気軽になんでも記事が書けるのでライティングの練習にはなるかと思います。

 

noteとブログを使い分けるには

私はこれまでにブログをメインで利用してきましたが、今後はnoteも上手く併用して使っていこうと考えています。

ブログと上手く使い分けるにはどうすればいいか私的見解からすると、

  • SNSの延長線上として宣伝などに使う
  • 有料コンテンツを作成して収益アップ
  • ブログで有料noteの紹介 or noteでブログ記事紹介

この辺が考えられる使い道になるかなと思っています。

Twitterだったら140文字以内でつぶやけますが、noteなら1,000文字以下の手軽な記事でサクサク紹介できそうです。

 

それに今までは広告主から商品を借りて宣伝するしかありませんでしたが、noteなら自分だけのオリジナルコンテンツを作成して販売できるのも魅力ですよね。

自分の経験がお金に変わる瞬間は、言葉にできないような喜びがあるでしょうし。

売れれば「自分にも価値があるんだ!」と実感できて、これからの自信にもきっと繋がるはず!

 

自分にとっては当たり前な情報でも、知らない誰かにとっては有益かもしれない。

世間は狭いようで広いので有料noteを書いて販売してみると、案外売れる可能性は十分にあると思います。

 

書かないことには売れる可能性は常にゼロですからね。

まずは何事も挑戦して経験を積むのが大事ですよ!

 

実際にnoteを使って記事を書いてみた

ということで私は早速行動に移して、今流行りの有料noteに挑戦してみることにしました!

noteを書こうと決心したのは、こちらのツイートを見たからでもあるんです。

小林亮平さんの情報は参考になることばかりで、いつも陰ながら感謝していますが、言葉だけで人を動かせるような凄い人間になりたいものです。

 

実際にここ2日間はnoteに集中して執筆していましたが、なんとか形になったのでどんな内容かをチラッとご紹介しておくと、

  • テーマ:ブログ運営に関するマニュアル
  • 内容:ブログで書けなかった運営経験を詰め込んでます
  • 文字数:18,777文字
  • 価格:1,000円を予定

こんな感じでようやく準備が整ってきました。

この有料noteは要望があれば追記していくつもりですが、そもそも需要があるかは全くわかりません。笑

価格が適正なのかも検討がつかない。

 

ブログ運営系はネットを見渡せばたくさんあるので、私のような無名ブロガーから購入してくれるんだろうか、という気持ちもあります。

ただ全く売れなかったとしても、それはそれで失敗した経験からの体験談を記事にできると思っています!

(できれば売れたときの体験談の方を書きたいな・・・)

 

※4月13日よりnoteの販売を開始しました!

 

人生初のnoteを販売

 

詳しくは以下のリンクから確認できますので、どんなnoteなのか興味がある方は、ぜひ一度読んでみて下さいね!

 

まとめ

今回の記事で「note」が一般的なブログと違って、どういうサービスなのかを知ってもらえれば幸いです。

ほとんどの人は知っている当たり前のことかもしれませんが、中には私のように知らなかった人もきっといるはず!

 

今現在はブログしか使っていないという方は、noteを使ってみる価値はあると思うので、ブログと並行して活用してみて下さい。

あなたのnoteを求めている人が、どこかにきっといるんじゃないかと思います!

 

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれの兵庫県在住。気になることをただひたすらに書き続けて、なんとか8ヶ月目で月間6万PV達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。