ハリーポッター映画全シリーズをお得に視聴したい方は
ポケットWi‐Fi

BroadWiMAXとGMOとくとくBBはどっちがいい?違いやお得度を徹底比較

BroadWiMAXとGMOとくとくBBの違いやお得度を徹底比較

フリーマン
フリーマン
どうも、独学ブロガーのフリーマンです。

WiMAXで人気の「BroadWiMAX(ブロードワイマックス)」と「GMOとくとくBB」で悩んでいませんか?

どちらも格安プロバイダですし、基本的に3年契約をすることになるので、迷ってしまうのも無理はありません。

Wi‐FiはWiMAXに決めたけど本家のUQ WiMAXは割高だし、プロバイダは種類が多いからなかなか決めきれない方も多いですよね。

ぱんけろん
ぱんけろん
どこも安いし、迷っちゃうよ…

そこで先に結論を言ってしまうと、

それぞれ最安級の利用料金なので大差ありませんが、選ぶプロバイダによって安くなる仕組みが違います。

ここでは上記理由を含めて、BroadWiMAXとGMOとくとくBBの違いやお得度をわかりやすく徹底比較していきます。

WiMAXのプロバイダ選びで知っておくべき事前知識

WiMAXのプロバイダ契約でまず理解しておくべきことは、

  • どのプロバイダを選んでも通信速度に違いはない
  • 選べるWi‐Fi端末も基本的に同じ
  • 契約期間のベースは3年間になる
  • 選べる料金プランは2種類のみ

それぞれ解説しておきますね。

どのプロバイダを選んでも通信速度に違いはない

フリーマン
フリーマン
通信速度はどこを選んでも同じだよ。

光回線のような固定回線の場合は、通信速度がプロバイダごとに変化することもありますが、WiMAXはどこで契約しても速度に違いはありません。

利用する環境や地域によっては速度に違いが出てきますが、「このプロバイダだと遅い!」ということはないので安心して下さい。

なので、WiMAXの場合はプロバイダ選びのポイントとして、通信速度を気にする必要はありませんね。

選べるWi‐Fi端末も基本的に同じ

フリーマン
フリーマン
提供されている端末も基本的に共通してるよ。

ポケットWi‐Fiの最新端末一覧

持ち運び便利なモバイルタイプで人気の「W05」や最近登場した新端末「WX05」、ホームタイプの「L01s」などの端末はどこも扱っています。

プロバイダによっては、割引キャンペーンの対象端末があったりしますが、BroadWiMAXとGMOとくとくBBでは違いありません。

なので「人気のWi‐Fi端末が選べない…」ということもないですね。

契約期間のベースは3年間になる

フリーマン
フリーマン
2年契約はなくなりつつあるよ。

WiMAXでは以前まで「2年契約」と「3年契約」が選べましたが、今では3年契約に移行しているプロバイダがほとんど。

GMOとくとくBBは2年契約もありましたが、すでに3年契約がベースですね。

BroadWiMAXでも3年契約の料金プランのみになっています。

 

とはいえ、3年契約だと「WiMAX 2+」の主要回線に加えて、ハイスピードプラスエリアモードの「au 4G LTE(月1,005円)」も無料で利用できます。

見方によっては、お得な料金プランが残ったということにもなりますね。

選べる料金プランは2種類のみ

ギガ放題とライトプラン

フリーマン
フリーマン
用意されている料金プランは2つだけだよ。
  • ギガ放題プラン:月間容量なしの無制限
  • ライトプラン:月間7GBまでの定量制

ここで「7GBってどれくらい?」と気になる方もいますよね。

目安としては、サイト閲覧だけなら約24,500回、Youtubeの高画質動画を見るなら約10.5時間くらいのデータ容量です。

ちなみにライトプランの7GBをオーバーすると、Youtubeの動画再生やサイト閲覧も困難な超低速の128kbpsに制限されます。

 

なので、WiMAXに契約している方の多くは、ギガ放題プランを選んでいるのが現状ですね。

契約後でもプラン変更ができるので、まずはギガ放題プランにしておく方がおすすめです。

BroadWiMAXとGMOとくとくBBでは何が違うのか

WiMAXに契約するときは先にご紹介したように、通信速度や端末などをプロバイダごとに気にすることはありません。

それでは、BroadWiMAXとGMOとくとくBBでは何が違ってくるのか、ということが問題になってきます。

ここで比較対象となる大きな違いは以下の3つ。

  • 利用料金
  • 違約金
  • サポート面

契約機関や料金プランにも違いがないので、比較するならここがポイントになってきますね。

特に利用料金に関しては、3年間のトータルコストで考える必要があります。

BroadWiMAXとGMOとくとくBBでは、1~3ヶ月間は料金が安いんですがそこは重要ではありません。

 

また、WiMAXは「更新月」以外で契約解除をすると、高額な違約金が発生することになるので、しっかり確認しておく必要がありますね。

無料で解約できるのは契約満期後の1ヶ月間しかないので、泣く泣く違約金を支払って解約することが多いかと思います。

BroadWiMAXとGMOとくとくBBは、違約金の仕組みが異なるので注意が必要です。

 

WiMAXの契約が初めての方はわからないことも多いので、充実したサポートが受けられるかも重要なポイント。

この3つの違いから考慮しつつ、BroadWiMAXなのかGMOとくとくBBなのかを決めるのがいいかと思います。

BroadWiMAXの利用料金・違約金・サポート面

BroadWiMAXのトップページ

ここからはまず、BroadWiMAX(ブロードワイマックス)の「利用料金」「違約金」「サポート面」を解説していきますね。

利用料金に関しては「ギガ放題(無制限)プラン」をもとに、割引を含めた3年間の合計額で計算しています。

BroadWiMAXで3年契約したときの料金

ギガ放題(3年)
初期費用3,000円
1~3ヶ月の料金8,178円
4~36ヶ月の料金112,563円
合計金額123,741円

※表示金額は税抜き価格になります。
※初期費用は「契約事務手数料」になります。

Broad WiMAX」では、終了日未定のお得なキャンペーンが開催されています。

BroadWiMAXのキャンペーン

「WEBからの契約+クレジットカード払い」で申し込みした上で、以下の2つのオプションに加入で初期費用の割引や端末代が無料にできます。

  • 安心サポートプラス:月額550円(税抜)
  • MyBroadサポート:月額907円(税抜)

※契約後に「お客様サポート」から無料で解約できます。

これで初期費用は「契約事務手数料」だけになるので、お得に契約することができます。

BroadWiMAXは「月割り型」のプロバイダなので、キャッシュバックなどはありませんが毎月の料金を確実に安くできるのが魅力ですね。

月割り型の「DTI WiMAX」や「カシモ WiMAX」などで料金を比較しましたが、BroadWiMAXが一番安かったです。

BroadWiMAXを契約解除するときに必要な違約金

3年契約に関わる違約金
12ヶ月以内19,000円
13~24ヶ月以内14,000円
25ヶ月目~9,500円
更新月0円

※更新月は契約開始月の翌月から起算して、37ヶ月目になります。

初期費用の割引キャンペーンを受けた方は、24ヶ月以内にBroadWiMAXを解約すると、別途9,500円のキャンペーン違約金が発生します。

ぱんけろん
ぱんけろん
これってつまり?

例えば、キャンペーン適用者が3年契約後に12ヶ月以内で解約すると28,500円、13~24ヶ月以内に解約すると23,500円がかかるということです。

なので、BroadWiMAXに契約するなら、最低でも2年以上は利用することを考えておく必要がありますね。

 

WiMAXのプロバイダは、どこも最大19,000円の違約金がかかります。

ただ、BroadWiMAXは24ヶ月以内の解約だと「キャンペーン違約金」があるので、他よりも高額になることが注意点です。

BroadWiMAXで受けられるサポート

BroadWiMAXはプロバイダの中でも特にサポート面が充実していて、主に注目しているのが以下の3点。

  • 解約違約金が0円になるご満足保証
  • 8以内の初期契約キャンセル制度
  • 申込当日に使える店舗受取サービス

メール・電話サポートはどこでもありますが、BroadWiMAXはチャットサポートに加えてその他のサポートも充実しています。

もし契約後にWiMAXが使えなくなり、固定回線などに乗り換えようとしたときは「ご満足保証」がほんとに助かります。

BroadWiMAXのご満足保証の詳細

3年間の契約期間中に何らかの理由で引越しすることになり、BroadWiMAXが使えなくなることもありますよね。

そんなときは「So-net光」「ビッグローブ光」「Yahoo!BB」など、提携しているネット回線に違約金なしで乗り換えることができます。

また、BroadWiMAXに契約してから8以内に解約申請すれば、違約金なしでキャンセルすることも可能です。

BroadWiMAX契約後8日以内ならキャンセル可能

事務手数料3,000円(税抜)は、キャンセル時でも自己負担になります。

初期契約解除の申請から7日以内に「端末」「SIMカード」など5点を返却することが条件となっています。

このキャンセル制度はBroadWiMAXに限ったことではないんですが、公式でわかりやすく掲載してくれているのが良心的です。

それからWiMAX業界初となる「店頭受取サービス」も展開しています。

BroadWiMAXの店頭受取サービス

受け取れる店舗
  • 東京2店舗:渋谷・秋葉原センター
  • 埼玉1店舗:大宮センター
  • 大阪1店舗:梅田センター

店舗数は少ないので全国どこでもとはいきませんが、申込当日に利用した場合にはありがたいサービスですね。

ちなみに、BroadWiMAXでは配送の場合でも、最短翌日に届けてくれるので他社よりも早いです。

▼業界最安級のWiMAX▼

Broad WiMAX詳細ページ

GMOとくとくBBの利用料金・違約金・サポート面

GMOとくとくBBの42,000円キャッシュバック

続いてGMOとくとくBBの「利用料金」「違約金」「サポート面」を解説していきますね。

利用料金に関しては「ギガ放題(無制限)プラン」をもとに、割引を含めた3年間の合計額で計算しています。

GMOとくとくBBで3年契約したときの料金

ギガ放題(3年)
初期費用3,000円
1~2ヶ月の料金7,218円
3~36ヶ月の料金144,942円
キャッシュバック‐42,200円
合計金額112,960円

※表示金額は税抜き価格になります。
※初期費用は「契約事務手数料」になります。

GMOとくとくBB」では、最大42,200円のキャッシュバックキャンペーンが開催されています。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額

フリーマン
フリーマン
キャッシュバック額は時期によって変わるから、最新情報はGMOとくとくBB公式をチェックしよう。

キャッシュバックは今後変動する可能性はありますが、同じキャッシュバック型の「@nifty WiMAX」と比べても高額になっています。

GMOとくとくBBは「端末代」や「専用クレードル代」も無料になるので、BroadWiMAXと同様に初期費用は「契約事務手数料」のみ。

専用クレードルとは、ポケットWi‐Fiのスタンド型充電台のことです。

充電機能の他に、クレードル本体に有線LANケーブルを繋ぐことで、無線LANが内蔵されていないPCでもネット接続できるようになります。

専用クレードルはなくても付属のUSBケーブルで充電可能ですし、キャッシュバック額が下がるので別に必要ありません。

また、GMOとくとくBBのキャッシュバックを受け取れるのは、11ヶ月先のことです。

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。基本メールアドレスはGMOとくとくBBへのご入会時にお作りいただくメールアドレスとなります。キャッシュバックのお受け取りに関してはキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールをご確認ください。

引用元:GMOとくとくBB キャッシュバック特典について

このように11ヶ月目のメールに返信して、ようやく翌月末に振り込まれる仕組みなので、契約してから実質1年後が受取日になりますね。

キャッシュバック型はお得度が高いんですが、手続きをする必要があるので注意が必要です。

GMOとくとくBBを契約解除するときに必要な違約金

3年契約に関わる違約金
12ヶ月以内24,800円
13~24ヶ月以内24,800円
25ヶ月目~9,500円
更新月0円

※更新月は契約開始月の翌月から起算して、37ヶ月目になります。

契約更新月の20日までの間に解約申請した場合は、違約金が発生することはありません。

GMOとくとくBBでは、BroadWiMAXのようにキャンペーン違約金はありませんが、2年目までは24,800円と高額になっています。

なのでこちらも2年以上は利用しておくのが望ましいですね。

 

せっかく初期費用を安くできたり、キャッシュバックで利用料金もお得になったのに、違約金を取られてしまっては元も子もない…

更新月に上手く解約できる方は、ほんのごく一部のしっかりした人だけです。

基本的には更新月がいつなのかも忘れてしまうでしょうから、最低でも9,500円はかかると思っていた方が楽ですね。

GMOとくとくBBで受けられるサポート

一般的なメール・電話サポートの他に、GMOとくとくBBでは「20日以内の解約違約金無料」サービスも用意されています。

これは他のプロバイダにはない、GMOとくとくBBだからそこのメリットとも言えます。

20日以内のキャンセルサービスは、「ピンポイントエリア判定」の結果で「◯」のみ対象となっています。

「○~△」「△」「×」の場合は、違約金が発生してしまうので注意しましょう。

キャンセル時の連絡先
GMOとくとくBB お客さまセンター
0570-045-109 平日10:00~19:00

エリア判定には問題なかったけど、実際に使ってみたら通信速度や使い勝手に不満があったという場合に、とてもありがたいサービスですね。

もし「◯」以外の判定でGMOとくとくBBに契約し、満足できる通信環境でなかったときは、「8日以内の初期契約解除制度」が利用できます。

これはBroadWiMAXでご紹介した内容と同じ制度ですね。

 

仮に「△」「×」の判定であっても、8日以内に解約手続きをして端末を返却すれば、違約金なしで契約をキャンセルできます。

ただ、こういったキャンセルを行っても、事務手数料3,000円(税抜)はかかるので、利用する際は注意して下さい。

 

また、GMOとくとくBBでは通常4営業日以内にWiMAX端末が順次発送されます。

BroadWiMAXのような店舗受取サービスはありませんが、平日15時30分または土日祝日14時まで申し込みすれば「即日発送」することは可能です。

利用できる場合は「通常発送」「即日発送」が選べるので、申し込む時間帯によっては早く使えますね。

▼割引額No.1のWiMAX▼

GMOとくとくBB詳細ページ

BroadWiMAXとGMOとくとくBBは結局どっちがお得なのか

BroadWiMAXは月割り型で最安級、GMOとくとくBBはキャッシュバック型で割引率No.1のプロバイダです。

ここでどちらの方がお得度が高いのかを、3年間のトータルコストで比較してみました。

Broad WiMAXGMOとくとくBB
初期費用3,000円3,000円
1~36ヶ月の料金120,741円152,160円
キャッシュバックなし‐42,200円
合計金額123,741円112,960円
実質月額3,354円3,054円

※表示金額は税抜き価格になります。
※初期費用は「契約事務手数料」になります。

こうして比較してみると、キャッシュバック額を含めたコストではBroadWiMAXよりも、GMOとくとくBBの方が安くなっていますね。

キャッシュバックを確実に受け取れるならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの42,000円キャッシュバック

GMOとくとくBBの魅力は、なんと言っても最高峰のキャッシュバック額。

WiMAXのプロバイダの中でキャッシュバック額が大きい「@nifty WiMAX」でも、受け取れるのは30,100円になります。

それに比べてGMOとくとくBBは、2018年12月時点で42,200円ですからね。

 

このキャッシュバックを確実に受け取れるなら、間違いなく「GMOとくとくBB」を選んだ方がお得になります。

ただ、もし受け取れなかったときのことを考えると、3年間で初期費用込み155,160円という金額…

これは本家の「UQ WiMAX」並みに高額なコストになりますね。

 

実質的な料金はWiMAXのプロバイダの中で最も安いんですが、それは1年後のキャッシュバックが受け取れたらの話。

契約してから11ヶ月後に届くGMOとくとくBBからのメールを管理できるか、という点が選ぶポイントになりますね。

ぱんけろん
ぱんけろん
ぼくは大丈夫!絶対受け取る自信があるよ!
フリーマン
フリーマン
それなら間違いなくGMOとくとくBBがいいね!

▼割引額No.1のWiMAX▼

GMOとくとくBB詳細ページ

選ぶ端末に関しては最新の「WX05」もいいですが、最大758Mbpsのハイスペック「W05」が個人的におすすめです。

何も気にせず確実に割引を受けたいならBroadWiMAX

BroadWiMAXのトップページ

BroadWiMAXは月割り型のプロバイダの中では、トップを走る最安級のサービスです。

3年契約ができる月割り型の主なプロバイダで、ギガ放題プランのトータルコストを比較した結果が以下になります。

プロバイダ3年間の合計額
Broad WiMAX120,741円
So-net WiMAX121,680円
DTI WiMAX126,670円
UQ WiMAX155,628円

※表示金額は税抜き価格になります。
※初期費用なしで1~36ヶ月の合計になります。

UQ WiMAXを除いてそこまで金額差はありませんが、結果的に見ればBroadWiMAXが最安と言えますね。

GMOとくとくBBと比較すると10,000円ほど割高ではありますが、キャッシュバックを受け取り忘れるということはありません。

 

なので、BroadWiMAXなら契約後は何も気にすることなく、誰でも確実に割引特典を受けることができるということです。

それと契約期間中に引越しなどでWiMAXが使えなくなっても、「ご満足保証」があるので他の固定回線などに違約金なしで乗り換えできる安心感もあります。

この辺が「Broad WiMAX」を選ぶかどうかのポイントになりますね。

ぱんけろん
ぱんけろん
契約したら何も考えずに使いたい!
フリーマン
フリーマン
それだったらBroadWiMAXが最適だね!

▼業界最安級のWiMAX▼

Broad WiMAX詳細ページ

選ぶ端末に関しては、GMOとくとくBBと同様に最新の「WX05」もいいですが、最大758Mbpsのハイスペック「W05」が個人的におすすめです。

他のWiMAXから乗り換えるならBroadWiMAXがお得

他社WiMAXからBroadWiMAX乗り換えで違約金負担

今現在、WiMAXのプロバイダに契約中の場合、契約期間中に解約すると高額な違約金が発生することになりますよね。

ですがBroadWiMAXに乗り換えるなら、違約金を最大19,000円まで負担してくれるお得なキャンペーンを開催しています。

 

「お得だと思ってWiMAXに契約したけど、実は結構料金が高かった…」という場合に、1年以内に解約したくても19,000円がかかることがほとんど。

ですが、BroadWiMAXならその違約金を負担してくれますし、実質的な月額料金も安いので損をすることはないと言えますね。

違約金が気になるけど、これから安いプロバイダに乗り換えたいと考えているなら、「Broad WiMAX」はまさに持ってこいのプロバイダです。

BroadWiMAXへ契約するときに絶対注意しておきたいこと

BroadWiMAX(ブロードワイマックス)はここまででご紹介したように、GMOとくとくBBと並んでおすすめできるWiMAXのプロバイダです。

ですが、契約時に絶対注意しておきたいのが、「初期費用割引キャンペーン」の適用条件です。

BroadWiMAXの公式ページには、以下のように記載されています。

Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込み、指定オプションサービスに初回加入いただい たお客様に、もれなく初期費用を18,857円割引いたします。

引用元:Broad WiMAX公式

つまり、割引適用の条件としては

  • WEBフォームからの申し込み
  • クレジットカード払いを選択
  • 指定オプションの加入(安心サポートプラス/MyBroadサポート)

※オプションは契約後に「お客様サポート」から無料で解約できます。

これらの条件を満たしていないと、高額な初期費用を請求されることになります。

一応ここは重要なので、わかりやすく画像も載せておきますね。

BroadWiMAXの初期費用割引の条件

Wi‐Fi端末に関しては、WX05・W05・L01sの選べるすべてが対象になっています。

また、料金プランに関しても、ギガ放題・ライトプランともに対象です。

料金の支払い方法は必ずクレジットカードを選択

支払い方法はクレジットカードを選択

BroadWiMAXは、プロバイダの中でも希少な「口座振替」を選択することができます。

ただ、口座振替を選んでしまうと、初期費用の割引キャンペーン対象外になるので、必ず「クレジットカード払い」を選ぶようにして下さい。

安心サポートプラスとMyBroadサポートのオプションに加入

安心サポートプラスとMyBroadサポートのオプションを選択

BroadWiMAXの申し込み時に、この2つのオプション加入が絶対条件になっています。

ただ、継続利用しないといけないわけじゃなく、一度加入した後にすぐ解約することができます。

MyBroadサポートは最大2ヶ月無料なので、すぐ解約すれば料金はかかりませんが、安心サポートプラスは初月から料金(月550円)が発生します。

安心サポートプラスに加入していない場合、修理対応で実費5,000円~、交換対応で約19,000円(税抜)が発生します。

ただ、月額料金が高くなるので、特に必要なければすぐオプションを解約しておきましょう。

▼業界最安級のWiMAX▼

Broad WiMAX詳細ページ

auスマホ×WiMAXのセットならスマホの月額最大1,000円引き

auスマホとWiMAXのセットならスマホの月額最大1,000円引き

これはauユーザー限定の特典ですが、WiMAXをセットで利用することで、今お使いのauスマホの月額料金から最大1,000円割引してくれるというサービス。

すべてのWiMAXプロバイダで利用できるわけではないんですが、「BroadWiMAX」と「GMOとくとくBB」ではしっかり適用されます。

auスマホを利用しているなら、間違いなく活用しておいた方がお得なサービスですね。

 

この割引を受けるには、「ギガ放題またはライトプラン」と「auスマートバリューmine」に加入する必要があります。

WiMAXのWi‐Fi端末が届いたら、「KDDIお客さまセンター」に連絡してauスマートバリューmineに加入する流れになります。

KDDIお客さまセンター(年中無休9:00~20:00)

  • au携帯電話から:局番なし157
  • au以外の携帯or一般電話から:フリーコール0077-7-111(無料)

BroadWiMAXとGMOとくとくBBの徹底比較まとめ

ぱんけろん
ぱんけろん
どちらも魅力的なプロバイダだね!
フリーマン
フリーマン
自分に合った割引タイプを選ぼう。

BroadWiMAXにしても、GMOとくとくBBにしても、お得度に関してはどちらも高いプロバイダです。

完全に料金の安さ重視で選ぶなら、キャッシュバックで最も割引率が優遇されているGMOとくとくBB。

料金の安さではやや劣るが、サポート面が充実していて利便性を求めるならBroadWiMAXという感じですね。

 

選べる最新の端末から人気の端末、通信速度や対応エリア、料金プランの種類などはどこのWiMAXプロバイダでも同じです。

気にするべきポイントは、

  • 利用料金
  • 違約金
  • サポート面

ここに選ぶ基準を置いて考えたときに、BroadWiMAXとGMOとくとくBBは、最安級の料金かつサポート面も充実しています。

キャッシュバックや月割りの割引率は、契約する時期によって変化する可能性があるので、まずは気になるプロバイダをチェックされてみて下さいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール