アドセンス

アドセンスで稼ぐ?ブログで広告収益?その意味や仕組みを理解しよう

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

ネットビジネスや副業、本職以外の収入源として活用されているのが「Googleアドセンス」になります。

 

ネット上のブログやサイトでよく見かける広告のほとんどは、このアドセンス広告かアフィリエイト広告であり、その広告がクリックまたは利用されることによって収益が発生します。

ブログがあれば誰でも手軽に始めることができることから、アドセンスは非常に人気のあるビジネスです。

 

ここではネットビジネスに興味がある方で、「アドセンスで稼ぐって?」「ブログで広告収益?」といった、いまいち何なのかがわからないという方向けに、その意味や仕組みについて理解できるよう基本的な内容をまとめています。

Googleアドセンスを始める前に、まずはしっかり知識を身につけておきましょう。

Googleアドセンスの意味や特徴

GoogleアドセンスとはGoogleが提供しているもので、個人が運営するブログやWebサイトなどに「アドセンス広告」を設置して、訪問ユーザーがその広告をクリックすることによって、運営者は収益を得ることができるサービスです。

 

これとよく似たもので「アフィリエイト広告」がありますが、こちらの広告はクリックされただけでは収益にならず、広告先の商品購入またはサービス利用が必要条件になっています。

こういったアフィリエイトには「成果報酬型」「クリック報酬型」に分類され、アドセンスは後者の方に該当するサービスで、「アドセンスアフィリエイト」とも言われています。

 

アドセンス広告の方が収益発生までのハードルが低く、商品販売などの専門的知識やノウハウが必要ないので、ネットビジネス初心者でも比較的簡単に収益を作り出すことができます。

 

インプレッション収益

アドセンスには「クリック収益」の他に「インプレッション収益」というものがあります。

このインプレッションとは「表示回数」のことで、アドセンス広告が1,000回表示されるごとに収益が発生するようになっています。

 

クリック収益のように訪問ユーザーにクリックされなくても、1,000回に表示回数が到達した時点で収益を必ず稼ぐことができます。

ただし、数円程度のものなのであまり過度の期待はしない方がいいでしょう。

 

ユーザーに最適な広告を自動配信

アドセンス広告は一度ブログやサイトに設置するだけで、あとは自分が運営するブログの記事やコンテンツ内容に合った広告を、アドセンスが自動的に選択して表示してくれます。

 

なので、コンテンツごとに広告を入れ替えたり、設置し直したりする必要がないので手間もほとんどかからず、基本的に放置しているだけで収益を稼ぐことができます。

 

訪問ユーザーが興味のある最適なアドセンス広告が表示できるので、必然的にクリック率が高まり収益率も向上することに繋がります。

 

アドセンスの広告単価

アドセンスの広告単価は表示される広告ジャンルによって変化しますが、平均すると「20円~40円」程度と言われています。

アドセンス以外にクリック報酬型のサービスとして、「nend(ネンド)」や「忍者admax」などがありますが、スマホ専用であったり単価が10円以下であったり広告表示の精度は低かったりするので、現状アドセンスに勝るものはありません。

 

同じクリック数でも導入している広告がアドセンスか、それ以外かの違いによって稼げる収益が大きく変わってきます。

これはGoogleアドセンスが他を寄せ付けない不動の人気を誇る最大の理由でもあります。

 

アドセンスの広告収益の仕組み

 

アドセンスが提供している広告は、広告主(企業)側がGoogleアドセンスに掲載依頼を行っているものになります。

広告主がアドセンス側に報酬を支払って自社の広告掲載を依頼し、アドセンスは依頼を受けている数ある広告の中から最適な広告をブログなどに表示しています。

 

そして私たちユーザー側はその広告を表示する代わりに、クリックされた場合は報酬の一部を収益として得ることができます。

つまり、広告主の自社広告がアドセンスを経由してブログなどに表示されることで宣伝効果を高めるメリットがあり、アドセンス側は掲載依頼による報酬、ユーザーはクリックによる報酬を獲得できる「WinWin」の関係になります。

 

また、同じブログコンテンツであっても、訪問者によって表示される広告も違ってくるので、収益性の向上にも期待できます。

 

アドセンス利用には審査がある

以上のようにアドセンスはメリット尽くしの魅力的なサービスではありますが、ブログに広告を設置する為には「審査」に合格しなければなりません。

 

ですが審査といっても難しい課題や特殊な試験などを行う訳ではなく、Googleアドセンスが定める「AdSense プログラム ポリシー」に遵守しているかをチェックするだけです。

 

ネット上では審査が厳しくなったとよく言われていますが、実際に目に見えてわかることは無料ブログでの申請ができなくなったくらいなので、しっかりポリシーさえ守っていれば誰でも審査に合格できます。

私の場合は約1週間の審査で、無事アドセンスに合格することができました。

参考:アドセンスに約1週間で合格!申請時の状況と行った対策を全て公開

 

無料ブログが使えない以上、ブログをゼロから立ち上げる必要がありますが、収益目的のブログの場合はどの道避けては通れないことです。

アドセンスを利用する際は、それなりの覚悟をもって挑戦するようにしましょう。

 

広告設置までの道のり

 

それでは実際にGoogleアドセンスに挑戦すると決めた場合、どうすればいいか広告設置までの道のりについてもご紹介しておきます。

因みに一度アドセンスに合格してしまえば、申請に使用したブログ以外のブログでもアドセンス広告を表示させることが可能なので、何度も審査を受ける必要はありません。

 

ブログを開設したことがなく、全くのゼロからスタートされる方は、以下の手順で進めていくことになります。

  1. レンタルサーバーの契約
  2. 独自ドメインの取得
  3. ワードプレスなどのテーマをインストール
  4. ブログの立ち上げ完了
  5. アドセンス審査用のコンテンツ作成
  6. アドセンスの登録・申請(一次審査)
  7. ブログの<head>タグに広告コードを貼り付け
  8. アドセンスの二次審査を開始(約3日~2週間程度)
  9. 審査合格メールが届いて広告設置
  10. アドセンス広告の収益スタート

ブログを立ち上げるには「レンタルサーバー(土地)」と「独自ドメイン(住所)」、そして「ワードプレス(家)」の3つの要素が必ず必要になります。

 

特にサーバーは重要で土地が安定していなければ家が崩れてしまう可能性があり、ブログの運営にも支障が出てしまいます。

オススメできるレンタルサーバーはいくつかありますが、多機能で高速、優れた安定性で安心できるサーバーであれば「エックスサーバー」がいいでしょう。

参考:コスパ最高!エックスサーバーがワードプレスにオススメな6つの理由

 

ドメインは比較的価格の安い「お名前.com」や「エックスドメイン」などで取得されるといいかと思います。

 

審査前に一定のコンテンツが必要

ブログが開設できたからといってすぐにアドセンス申請を行っても、まず審査に合格することはありません。

 

20記事程度のコンテンツや、プライバシーポリシーなどを作成していく必要があります。

また、記事の内容も1,000文字にも満たない日記のようなものを、ただツラツラ書いただけでは駄目です。

 

アドセンスはユーザーにとって役立つコンテンツかどうかも判断しているので、何も考えていないような内容の薄い記事では、審査合格が難しくなってしまいます。

一発でアドセンス審査に合格する為には、1記事1記事丁寧に書くことを意識したコンテンツ作りが大切です。

 

Googleアドセンスの登録・申請方法も今のうちに確認しておきたいという方は、以下の記事を参考にされてみて下さい。

参考:【2017年最新版】初めてGoogleアドセンスに登録して申請する方法

 

Googleアドセンスまとめ

この記事を読んで頂いた方は、Googleアドセンスの意味や仕組みについて理解できたかと思います。

しっかり利用するサービスのことを理解していなければ、実際に広告収益を稼げるようになった時に、どういった収益が発生したのか意味もわからず、今後の対策などを行うことができないかもしれません。

 

また、ゲームや家電製品などは説明書に書かれた正しい使い方があるように、アドセンスにも正しい使い方があります。

そういった基本的な情報を把握しておくことで、問題なくサービスを利用することができるので、アドセンスによる収益ブログを始める為にも、まずは基礎をしっかり固めておきましょう。

 

合わせて読んでほしい

Googleアドセンスをブログに貼って収益化させるまでの完全マニュアル

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール