ライフスタイル

健康で元気すぎる!骨密度が高く血管年齢が若い日本の2大長寿町

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

健康ブーム真っ只中である現在ではダイエットやサプリメント、運動に食生活に気を配っている方はたくさんいらっしゃるかと思います。

 

そんな日本全国の中でも平均的な寿命が長く、最も健康的な生活をされている日本有数の「2大長寿町」があることをご存じでしょうか?

一概に健康と言っても色々な種類がありますが、この2つの町の方は骨密度がズバ抜けて高く、血管年齢が非常に若い人が多い町として知られています。

 

100歳の方はもちろんのこと、驚くことに120歳まで長生きされた方もいたというまさに長寿の町であることに納得です。

なぜここまで長寿の方が多いのか、今回はその真相についてご紹介していきたいと思います。

「骨密度が高い町」

 

まずは骨が若い(骨密度が高い)方が非常に多い長寿町とされているのは、「鹿児島県伊仙町」です。

伊仙町では100歳以上の方が21名もいらっしゃるだけでなく、116歳の方や120歳の方を輩出した長寿の町でもあります。

 

骨密度がズバ抜けて高い

伊仙町の住民の方(特にご高齢の方)は、「骨密度がズバ抜けて高い」ということが調査結果から判明しています。

例えば86歳の方で骨年齢50歳、78歳の方で40歳、91歳で方ではなんと25歳という驚愕の数値をたたき出しています。

 

なぜこれほど骨密度が高く若々しいのか?その秘密は6つの習慣が大きな要因となっていることが判明しています。

その要因について1つずつ確認していきましょう。

 

骨密度を高める6つの習慣

骨付きの豚肉をよく食べる

伊仙町では食生活の中で豚肉をよく食べる習慣があり、骨付きのまま調理することが一般的とされています。

例えば味噌汁に骨付きの豚肉を入れて豚骨汁などにして食すことで、カルシウムを豊富に摂取することができる為、骨と筋肉の老化を防止させることができます。

 

また、豚肉を皮付きのまま調理することで、骨を丈夫にさせる「アルギニン」も同時に摂取できるので、骨密度を高める為には効果的な調理法になります。

もし豚肉がない場合は鶏肉でも代用することが可能です。

 

野草を何かと活用している

野草とは雑草などとは違って食べられるものですが、野草の中でも特にメジャーな「ヨモギ」をてんぷらなどにして食されています。

 

ヨモギには血液中のコレステロールを低下させて血流をサラサラにしてくれる効果があり、アレルギーや肌のトラブルなどにも効果的とされています。

また、抗酸化作用の高い成分が含まれている為、体内の毒素を排出してくれるありがたい薬草でもあります。

 

ミネラルを豊富に摂取している

鹿児島県は周りが海で囲まれている他、サンゴが多く生息しています。

サンゴは海の野菜とも言われていて、貴重なミネラルをたくさん含んでいます。

その為、雨水がそのサンゴ礁を通って水道水にミネラル成分を運んでくれるので、伊仙町の方は自然と毎日ミネラルを摂取していることになります。

 

一般的な水道水は「軟水(硬度120mg未満)」ですが、伊仙町の場合は「硬水(120mg以上)」とミネラルを多く含んでいます。

わかりやすく表すと東京23区が「45mg~90mg」に対して、伊仙町は「250mg」とおよそ3倍にあたる数値になります。

 

ただし、一般の方が硬水を摂取しすぎるとお腹がゆるくなってしまう場合がありますので、胃腸が弱い方は飲むのを控えた方がいいかもしれません。

ミネラルは水だけでなく「黒砂糖」などにも含まれています。

 

牛の散歩で毎日2キロは歩く

伊仙町の方は牛の散歩で毎日2キロ程度は歩くことが多いそうです。

さすがに都会の町中で牛を連れて歩いていると脚光を浴びることになりそうですが、注目すべきは「牛」の方ではなく「毎日2キロ歩く」ということです。

 

よく歩数にして一日約8,000歩~10,000歩が健康的とされていますが、1キロ歩くのに必要なおおよその歩数は2,000歩程度です。

単純に考えれば4,000歩を毎日歩いていることになりますが、これを80歳以上の方々が毎日行っていると考えると凄いことですよね。

 

健康のことを考えれば歩くことは大事ですが、歩きすぎは逆効果となってしまう場合もありますので、犬と一緒に生活をされている方は散歩がてらに歩くのがいいかもしれません。

 

毎朝海で海中ウォーキング

周りが海である鹿児島県ならではですが毎朝海の中で歩いたり、海中スクワットをされたりトレーニングをされています。

陸の上では足腰に負担がかかってしまい、そう何度も続けることが難しいですが、海中であればそれほど負担をかけずに年齢性別問わず、適度に運動することができます。

 

海でなくてもプールやご自宅のお風呂であっても、水中という意味では同じ環境なので簡単なトレーニングくらいはできるのではないでしょうか。

先程の「歩く」もそうですが、「健康=運動」というのは切っても切れない縁であることがわかりますね。

 

農業が仕事なので生涯現役

伊仙町では農業で生計を立てている方も多いので60歳で定年ということはなく、それ以降も70歳・80歳と現役でバリバリ働いている方がたくさんいます。

 

休日も会社員の方と同様に土日休みの平日は仕事をするという生活スタイルなので、普通に考えれば年齢的に疲れるのではないかと思いますが、骨年齢が若いだけあって元気な方ばかりです。

理由はそれだけではないでしょうが、何より仕事を楽しんでされていることが健康の秘訣と言えるかもしれません。

 

「血管が老けない町」

 

次に血管が老けない、衰えない町として君臨しているのは「静岡県川根本町」になります。

森林で囲まれたこの街の人口の50%以上がご長寿の方で、鹿児島県伊仙町に負けず劣らずのご長寿町です。

 

血管年齢が非常に若い

川根本町のご長寿の方は「血管年齢が若々しい」ので、年齢に対する衰えを全く感じさせません。

調査結果によると、84歳の方の血管年齢は74歳、94歳の方で84歳と平均で10歳近くも若いことがわかっています。

 

実は川根本町のご長寿の皆さんは、誰でもできる4つ食習慣を行うことで血管年齢の若さを保つことに成功されています。

そんな血管を老けさせない4つの食習慣の秘密に迫っていきましょう。

 

血管年齢を若くする4つ食習慣

お茶を飲む

川根本町は「天空の茶産地」として知られていて、有名ブランドである「川根茶」を生産しています。

お茶には動脈硬化を予防する作用があり、お茶に含まれる「カテキン」は70度~80度で沸かして作ることで多く分泌されるようになります。

 

カテキンはお茶の中でも「緑茶」に多く含まれている成分で、老化防止や生活習慣病の予防に効果的とされています。

また、茶葉をそのまま食べることも効果的である他、お茶の葉を天ぷらや粉末状にして食べることで、「ビタミンE」を摂取することができます。

 

このビタミンEは毛細血管の血行をよくする働きや、動脈硬化を予防するのに最適な成分になります。

 

日本ミツバチのハチミツを食べる

養蜂が全国2位でもある静岡県では、「カロリー、ミネラル、ビタミン」が含まれるハチミツを食べることも多く、ヨーグルトなどと合わせると便秘解消効果もあります。

 

ハチミツは殺菌効果や疲労回復、動脈硬化の予防にもなるので体内環境を整えたい方は、ハチミツを取り入れるのも悪くないでしょう。

 

らっきょうを食べる

川根本町ではらっきょう漬けにして食べることが多く、らっきょうには血液の流れをよくする効果があり、漬けにすることで夏バテにも有効です。

 

ただし、食べ過ぎると「胸やけ」や「胃もたれ」になってしまうこともあるので、1日の目安としては5粒程度にしておく方がいいしょう。

 

黒はんぺんを食べる

白身魚のすり身を使って作られる「白はんぺん」は有名ですが、静岡県ではサバのすり身を使った「黒はんぺん」がメジャーで旨みが濃厚なのが特徴です。

はんぺんは「タンパク質」が豊富なので、栄養があるだけでなく健康的な体つくりにも欠かせないものです。

 

白はんぺんよりも黒はんぺんの方が「DHA」が豊富に含まれているので、動脈硬化や認知症の予防にも効果的があります。

また、血液をサラサラにしてくれる「EPA」成分も黒はんぺんには豊富に含まれているので、健康食材として重宝するでしょう。

 

2大長寿町のまとめ

ご長寿になる秘訣は結論からすると、「骨密度・血管年齢」をどう改善していくかによって決まると言っても過言ではありません。

2大長寿町の習慣や食生活を取り入れることで、今よりもさらに健康で元気な体つくりを目指せるかもしれません。

 

土地柄や環境次第では全く同じように行うことはできないこともありますが、首都の中心にお住まいの方は都会には都会なりの方法で行うことが大切です。

無理に合わせる必要はないので、そこは臨機応変に自分流にやりやすいようアレンジして取り組むと、長続きしやすいかと思います。

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール