引越し

退去手続きで大失敗!?初めての引越しで損をしない為のコツを知ろう

初めての引越し

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

私はここ最近引越しをする予定があったのでその手続きを行っていたのですが、いざ引越しをするとなると、色々わからないことも多くて大変です。

 

賃貸に住んでいるので管理会社に退去の主旨を伝えたところ、契約上2ヶ月先まで家賃を支払わなければいけないという返答が返ってきたのです。

 

賃貸契約には退去時の条件が決められているので、このように今すぐ引越したいと思っても、契約に関しては一定期間は解約できずに継続されることになります。

退去する時期やタイミングが悪ければ、必要以上に無駄な出費がかかってしまうので、注意しておかないといけません。

 

そこで、初めて引越しをする方には特に知っておいてほしい、損をしない為のコツなどをご紹介します。

引越し時の退去手続きの流れ

 

賃貸物件に住んでいる場合は、基本的に以下のような流れで手続きを進めていきます。

  1. 賃貸の管理会社に退去予告を通知する
  2. 引越しの日時を不動産会社に連絡する(不要な場合あり)
  3. 電気・ガス・水道・ネットの手続きを行う
  4. 郵便局や市役所で移転届や転居届の手続きを行う
  5. 退去の立会い時に鍵の返却や敷金の清算をする

退去を決意したら、まずは賃貸の管理会社にその主旨を伝えることが必要ですが、電話での連絡だけでいいのか、書面で提出する必要があるのか、契約している業者によって変わってきます。

書面の場合は賃貸の契約時に「解約通知書」という、ハガキタイプのものが渡されていると思うので、これに記入してから郵送することになります。

 

公共施設や市役所などの手続きはかなり面倒な部分になるので、どうしても後回しにしてしまいがちですよね。

ですが、ここをしっかりしておかないと無駄な出費が発生したり、個人情報にも不備が出てしまうことになるので、確実に手続きを済ませておきましょう。

 

賃貸契約には解約条件が決められている

 

賃貸物件を借りる際に直接家主と交渉する場合を除いては、基本的に不動産会社を仲介して契約を行っていくものです。

契約は「賃貸借契約書」を元に進められていきますが、この中の契約条件の1つに「退去に関する注意事項」の項目が記載されています。

 

賃貸物件を扱っている会社によって内容も違ってきますが、大抵の場合は以下のように記載されています。

「解約通知を退去の1ヶ月前より前に管理会社まで提出しなければならない」

 

通知は1ヶ月前または2ヶ月前ということがほとんどで、解約時の条件が必ず定められています。

つまり、今日管理会社に退去を通知しても、通知した日から換算して1ヶ月~2ヶ月間は解約ができない為、家賃を支払い続ける必要があるということです。

 

退去予告の時期やタイミングに要注意

 

以上のことを踏まえると現在住んでいる賃貸を退去する際に、最も注意しておかなければならないのが、退去予告を管理会社に通知する時期やタイミングです。

 

先程も説明しましたが、契約書の退去に関する内容を確認していないと、新居に引越しをした後も前の物件の家賃を無駄に支払うことにもなりかねません。

 

実際に私の場合は引越しが1ヶ月後で解約条件が「2ヶ月前まで」だった為、管理会社に通知したタイミングが悪く、転居後も1ヶ月分の家賃を無駄に支払うことになります。

本来ならこのお金で美味しい松坂牛や、近江牛をたくさん食べられたというのに。

 

諭吉さんを平気でドブに捨てることとなんら変わらないことをしているので、こんな大失敗は二度と経験したくありませんね。

賃貸を退去することを考え始めたら、真っ先に今契約中の物件に関する解約条件を確認するようにして下さい。

 

退去時の費用を最低限に抑えるには

 

退去時にはその物件を次の入居者に提供する為、「原状回復」の度合いを確認することを含めた立会い検査が行われます。

原状回復とは、入居する前の状態に戻す作業のことで、フローリングのへこみやキズ、壁紙の汚れや穴など、損傷しているところがないかを担当業者の方がチェックしていきます。

 

その結果次第で退去時に必要な費用が決まり、契約時に敷金を預けていた場合はそこから差し引かれていきます。

私は以前に家族5人(10歳未満の子供3人)で、2階建ての一軒家タイプの貸家に住んでいたことがありましたが、そこを退去するときは30万円程度もかかりましたね。

 

そのほとんどは壁紙の修復費で、落書きやら穴やら破れやらで、とにかくほぼ全ての部屋の壁紙の張り替えが必要で悲惨でした。

壁紙の修復が必要なければ敷金以内で費用が収まったり、余ったお金が返還されることもあるので、異常がないか今のうちに確認しておくといいでしょう。

 

また、入居当初に元々あったキズや壊れたものがある場合は、立会いの時に伝えておくと費用が安くなることがあるので、そこは遠慮せずに報告した方がいいです。

ただし、安くしたいあまり虚偽を伝えることはしないで下さいね。

 

まとめ

引越しには色々と費用がかかってしまうものですが、あまり考えずに手続きを行ってしまうと、本来必要のないお金まで失ってしまうことになります。

今よりも良い物件を探したり、新しい環境になることを考えたりと、新生活をスタートさせることのワクワクで頭がいっぱいになることでしょう。

 

ですが、転居先のことばかり考えていては、退去の時期やタイミングを見誤って、損をしてしまうこともあるんです。

引越しをする際は思わぬ出費が出てしまわないように、できるだけ計画的に手続きなどを進めていきましょう。

 

合わせて読んでほしい

引越し時の契約解除の手続きから退去立会い日までに準備しておくこと

引越し後の手続きリスト!14日以内に済ませないと罰則の危険性がある

マンションの部屋探しのコツと14のポイントで優良賃貸を見分ける方法

男の一人暮らしに必要なお金は?引越し費用や生活費から学ぶ節約術!

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール