Googleサービス

キーワード選定に欠かせないGoogleキーワードプランナーの使い方

 

どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

Googleのキーワードプランナーは気になるキーワードの月間平均検索ボリュームや、そのワードに競合性があるのかどうかをチェックすることができる機能です。

 

有料の広告出稿を行わなければ、詳細な検索ボリューム数を確認することはできませんが、それでもある程度の数値はわかるので十分利用する価値があります。

キーワード選定をしていく上では欠かせない機能なので、Google検索で上位を狙っていく為にもキーワードプランナーの活用は必須ではないでしょうか。

 

キーワードプランナーの使い方や、キーワードの選定方法などがよくわからないという方も多いと思いますので、ここで詳しく解説していきます。

キーワードプランナーを利用するにあたって

キーワードプランナーをこれから初めて利用される方は、「Google AdWords」に登録してアカウントを作成しておく必要があります。

 

Google(gmail)アカウントを持っているだけでは利用することができませんので、以下の記事を参考に登録作業を進めて頂ければと思います。

参考:初めての方は要チェック!Adwordsキーワードプランナーの利用方法

 

キーワードプランナーが使えるようになった方は、キーワードの検索を開始していきましょう。

 

キーワードプランナーの使い方

まずは「Google AdWords キーワード プランナー」のリンクからサイトにアクセスしたら、画面右上の『ログイン』もしくは左側の『AdWords にログイン』をクリックします。

 

 

そうしますと、キーワードの検索画面が表示されますので、『フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索』をクリックします。

 

 

キーワードの検索条件を設定

「宣伝する商品やサービス」の欄に検索したいキーワードを入力して、「検索のカスタマイズ」内の『キーワード オプション』をクリックします。

 

 

検索したいキーワードが複数ある場合は、「映画、動画」のように「、」を含めて入力していきます。

明確なワードがまだ決まっていなければ、1つだけ入力して検索結果から関連キーワードを絞っていく方が効率的です。

 

オプションを開いたら、「入力した語句を含む候補のみを表示」をオンにして『保存』をクリックしましょう。

 

 

これを行うことによって余計な検索候補を除外して、検索条件に合ったものだけを表示させることができます。

 

「ターゲット設定」では検索の対象となる地域や言語を指定でき、任意のものに変更したら『候補を取得』をクリックして検索を開始します。

 

 

検索結果の確認

検索結果が表示されたら「キーワード候補」が選択されていることを確認して、上手く結果が表示されていない場合は再度「候補を取得」ボタンをクリックしてみて下さい。

 

それでは以下の検索内容をそれぞれ項目別に確認していきましょう。

 

 

①検索語句・キーワード先程検索条件に入力した語句が表示されます
下には関連性のある複合キーワードが表示されます
②月間平均検索ボリューム1ヶ月間の平均検索回数が表示されます
(有料の広告出稿を行うと詳細な数値が確認できます)
③競合性そのキーワードを扱うライバルの多さを意味します
(広告主やブログ運営者が対象)
④推奨入札単価キーワードの推定クリック単価を意味します
「高単価=ライバル多」に比例します

 

月間平均検索ボリュームの検索レベルとしては、一般的に以下のように判断できます。

  • 「10~100」
  • 「100~1000」がスモール
  • 「1000~1万」
  • 「1万~10万」がミドル
  • 「10万~100万」
  • 「100万~1000万」がビッグ

ただし、この数値は正確な数値ではないので、あくまでも目安程度に考えておく方がいいでしょう。

 

キーワードの選定方法

キーワードの選定は、基本的に複合キーワードの中から選定していくことになります。

 

例えば「ダイエット」に関する記事を書こうとした場合は、以下のような複合キーワードが表示されます。

 

 

月間平均検索ボリュームをクリックすると、ボリュームの多い順・少ない順に表示させることも可能です。

 

この中の「ダイエット サプリ」を扱ったワードは競合性が高く、ライバルが多いことがわかります。

 

 

だからといって「ダイエット サプリ」では勝負できない訳ではありません。

今度は「ダイエット サプリ」で検索してみましょう。

 

 

「ダイエット 中 サプリ」なら検索ボリュームは減っていますが、競合性は低いので比較的簡単に検索上位を狙っていくことができます。

このようにタイトルが「ダイエットに効くサプリ」では検索上位が難しくても、「ダイエット中に効くサプリ」というように少しワードを加えるだけで、上位表示されることも十分考えられます。

 

また検索ボリュームは先程もお伝えしたように、正確な数値ではないので1万あるワードで上位に表示されても、アクセスがなかなか増えなかったのに100のワードでアクセスが急に増えたりする場合もあります。

 

検索してライバルを確認する

キーワードの選定ができたら、実際にそのワードでGoogle検索をしてどのようなライバルがいるのかを確認することも重要です。

 

ここでは先程の「ダイエット 中 サプリ」で検索してみます。

 

 

この時に検索結果にブログ記事がほとんどなく、会社や企業の情報ばかりが表示されている場合は、ブログ記事として勝負ができませんのでキーワードを変更することをオススメします。

 

検索結果の1ページ目がブログ型の記事であるかをまず確認するようにしましょう。

 

また、上位の記事はサイトを訪問して1つ1つ確認しながら、自分が勝てる内容の記事を書けるかも重要です。

そもそもライバルに勝てる記事が書けなければ、検索上位に入ることはできません。

 

以上の内容を意識したキーワード選定を行えば、上位表示かつ集客アップとなる日も近いのではないでしょうか。

 

キーワードプランナーの使い方まとめ

Googleのキーワードプランナーは、使いこなすことができれば無料で使用できる機能だけでも、ブログ記事を検索上位に表示させることやアクセスを集めることが可能になります。

 

ブログの世界はライバルも多く、メジャーなジャンルはほとんど上位を狙えない状況ですが、ビッグワードであってもキーワードを複合させることで、ライバルの少ないポイントを見つけ出すことができます。

 

その為にもキーワードプランナーを活用して、効果的にキーワード選定を行っていきましょう。

 

合わせて読んでほしい

アドセンスブログを狙ったキーワードでアクセスUP!選定方法の基本

\SHARE/

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール