[超簡単]AdSenseの収益が倍増するページRPMを高めるたった1つの方法|きにぶろぐ.com
当ブログと運営者について
アドセンス

[超簡単]AdSenseの収益が倍増するページRPMを高めるたった1つの方法

超簡単!AdSenseのページRPM改善で収益を倍増させる方法

フリーマン
フリーマン
どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。

Google AdSenseの収益改善に励んでいるブロガーさんは結構多いんじゃないでしょうか。

私も導入してからあれこれ調べては改善の繰り返しで、ようやく今の状況に落ち着いている感じです。

ぱんけろん
ぱんけろん
それよりタイトルにあるページRPMってなに?

そんな疑問を持っている人もいるかもしれませんが、このAdSenseのページRPMを改善するだけでもかなりの効果が見込めると思います。

フリーマン
フリーマン
少なくても当ブログでは目覚ましい変化でした。

そこでページRPMの簡単な特徴と、高めるための方法をご紹介しますので、ぜひ実践されてみて下さい。

AdSenseのページRPMって?

ページRPMっていうのはAdSenseの「新しいレポート」で確認できる項目の1つで、1,000PV(ページビュー)あたりの収益額のことです。

実はインプレッション収益(RPM)というよく似た項目があるんですが、こちらの方は表示回数1,000回あたりの収益額になります。

ぱんけろん
ぱんけろん
ちょっと紛らわしいなぁ。
フリーマン
フリーマン
じゃあ簡単にPV数と表示回数の違いを図で表してみたよ。

アドセンスの表示回数とPV数の関係

それからページRPMとインプレッション収益の計算式も載せておきますね。

  • 見積もり収益額 ÷ PV数 × 1000 = ページRPM
  • 見積もり収益額 ÷ 表示回数 × 1000 = インプレッション収益(RPM)

こんな感じなので、PVあたりの1日のAdSense収益額を知りたい場合はページRPMということがわかりますね。

つまり、PV数が少ないにも関わらず収益額が高いということは、それだけページRPMも高いというわけです。

ただし、ブログのPV数が少ないうちはデータが少なすぎるので、正確なページRPMは確認出来ないかもしれません。

ぱんけろん
ぱんけろん
よし!ページRPMは覚えたぞ!

ページRPMの平均ってどんなもん?

Google AdSenseを導入しているブログの内容によっても影響するとは思いますが、一般的な基準値としては400円もいかないようです。

仮にページRPMが400円だったとすると「1,000PV=400円」ですから、2万PVあればAdSenseの最低支払い額の8,000円に到達できますね。

 

例えば同じ2万PVのブログがあったとしてページRPMが違っていると、

2万PVのブログ
ページRPMAdSenseの収益額
500円10,000円
600円12,000円
700円14,000円
800円16,000円
900円18,000円
1,000円20,000円

価格が上がることに比例してAdSenseの収益も上昇するので、同じPV数のブログであっても収益額が全然違うということもあります。

他のブロガーさんの月間報告を見たときに、

フリーマン
フリーマン
あれ?自分のブログとPV数がほとんど変わらないのに、AdSenseの収益たかっ!

ってなることもあるかと思いますが、それはこのページRPMが大きく関係していたりします。

もちろん広告の配置やクリック率なども影響する要素ではあるんですが、ここの価格が低いとせっかくアクセスを集めても収益が思うように伸びなかったりします。

AdSenseのページRPMを高めるには

ページRPMを高めるためには、適切な場所に適切な広告ユニットをそれぞれ配置するのが基本となります。

それでもなかなかページRPMが高くならないという方におすすめしたいのが、モバイル時のみサイドバー・フッターを非表示にすることです。

フリーマン
フリーマン
やることはたったこれだけ!

そもそもページRPMが低下する原因として、「AdSense ヘルプ」でも書かれていますが以下のことが挙げられます。

  1. サイトのデザインが最適化されていない
  2. 表示されている広告に関連性がない
  3. 広告が読者の目にまったく触れていない

これらの原因を上手く改善することでAdSenseの収益も向上する可能性があります。

ぱんけろん
ぱんけろん
これとサイドバー・フッター非表示にどんな関係があるの?

そう感じられた方もいるかもしれません。

でも実は私の経験上ですが以下のような効果に期待できます。

  • 情報量を減らすことで広告の関連性が上げる
  • スクロールエリアを限定することで広告視認率が上げる

AdSenseはページ内の情報を収集して最も最適な広告を掲載するので、収集する情報が少ない方が関連性が高くなるはずです。

それにモバイルではサイドバー・フッターエリアはページ下に回り込むので、スクロールエリアが長くなって、記事下の広告をスルーする可能性が高くなります。

なので広告を目に留まりやすくするためには、エリアを限定した方が効果的と言えますね。

 

これを実践してからはページRPMが400円~600円程から、800円~1,000円程までに改善されました。

モバイルからのアクセスが過半数を占めるので、それなりの影響があったのかもしれません。

ぱんけろん
ぱんけろん
非表示にしてアクセス数が低下したりしないの?
フリーマン
フリーマン
このブログでは目立った影響はないよ!逆に増えたかな。

サイドバー・フッター非表示の方法(モバイル時)

方法は至って簡単で、「single.php」ファイル内の下部にあるコードを以下のように変更するだけ。

色分けしている1列目・3列目のコードで挟むことで、サイドバーまたはフッターをモバイル時のみ非表示にできます。

「STINGER」系のテーマをお使いの場合は、「!is_mobile」を「!st_is_mobile」に置き換えるだけです。

詳しい方法に関しては以下の記事で解説しています。

あわせて読みたい
サイドバーやフッターをスマホの時だけ非表示
サイドバーやフッターをスマホの時だけ削除して表示を高速化させるよ どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 ブログの運営を続けてきて、最近...

WordPressテーマが「JIN」の場合は

当ブログでは現在「JIN」のテーマを使っていますが、フッターエリアを上記コードで非表示にするとモバイルフッターメニューも同時に非表示になります。

そこでメニューだけは画面下部に固定表示させるために、「footer.php」内にある以下のコードをすべてコピーして「single.php」の最下部に貼り付けます。

これでフッターは非表示にした上でモバイルメニューは表示されるようになります。

ついでにモバイルの表示速度が爆速になる

サイドバー・フッターエリアの非表示には、モバイルの表示速度を加速させる効果もあるんです。

まぁこれは単純な話なんですが、表示するコンテンツエリアが少なくなれば、Googleがページを読み込むための時間も必然的に速くなります。

ページの読み込み時間の違い

特にモバイルではスクロールが長くなりがちですし、本来ユーザーが興味を持っているのは記事ページの内容ですよね。

余計なエリアを表示して読み込み速度を低下させるくらいなら、無駄を取り除いてユーザビリティを高めた方がアクセスアップにも繋がるはずです。

ぱんけろん
ぱんけろん
読み込みは速いに越したことはないよね。
フリーマン
フリーマン
特にモバイルからのアクセスが多いブログは、影響力も大きいと思います。

まとめ

ブログのアクセス数が多くなってくると、Google AdSenseの収益が気になってくるものなので、どうにかして収益性を向上できないかと考えるようになります。

利用する広告の種類や表示させる配置場所、ページ内にどのくらいの割合で貼り付けるかなど、改善するべき点は色々あると思います。

 

今回の方法はページRPMを改善できる可能性があると同時に、モバイル表示の最適化にも効果がある内容です。

もちろんどんなブログでも同様の効果が見込めるというわけではないですが、1つの改善策としては使えるんじゃないかと思います。

 

もし実践前よりも改悪されるようならすぐに戻せる方法ですし、まだ試されていないブロガーさんはぜひ活用してみて下さい。

あわせて読みたい
AdSenseのリンク広告でクリック数が2倍に!
AdSenseのリンク広告でクリック数が2倍に!収益アップに効果大だった どうも、「きにぶろぐ.com」の自由に憧れるフリーマン(@free_manJJ)です。 AdSenseでブログやサイト...
あわせて読みたい
AdSenseで収益3万円を稼ぐ!雑記ブログで達成した期間と行った戦略
AdSenseで収益3万円を稼ぐ!雑記ブログで達成した期間と行った戦略 ブログ運営を続けている方の中には、Google AdSense(グーグルアドセンス)の広告を貼って収益化させている人も多いで...

こちらも読まれています

ABOUT ME
フリーマン
フリーマン
1988年生まれで兵庫県に在住してます。気になることをただひたすらに書き続けて、ブログ運営10ヶ月目で月間10万PV超えを達成。 将来的な資産を作る為に資産運用も実践中。>>詳細プロフィール